メニュー

gcp-training

【プレスリリース】『Google Cloud Platform認定トレーニング』及び認定試験を9月29日に開始

GCPトレーニング

記事投稿 | 2014.09.29

gcp-training

株式会社トップゲート(本社:東京都文京区、代表取締役:加藤 昌樹)は、9月29日、日本国内にてGoogleの認定トレーニングパートナーとなり『Google Cloud Platform認定トレーニング』を開始する事になりました。トレーニングと同時にCP300と呼ばれるGoogle公式の認定試験も始まり合格者はGoogleの資格認定証(Qualified Developer)を受領する事が出来ます。

Google Cloud PlatformはGoogleが提供するクラウド基盤のプラットフォームの製品群で、近年様々な企業に導入されており、技術者の育成が求められて来ました。今回の公式トレーニング及び認定試験の誕生により更なる日本でのGoogle Cloud Platformの普及が期待出来ます。
また、トレーニングはGoogle+ ハングアウトにも対応予定で、遠方からも自宅や事務所等から受講する事が可能です。

Google Cloud Platform 認定トレーニングのコース概要

  • 名称  :Google Cloud Platform 認定トレーニング
  • 英語表記:Google Cloud Platform Qualification Training

コース種別

  • CP301:Google App Engine (2日コース、税別12万円)
  • CP302:Google Cloud Storage (1日コース、税別6万円)
  • CP303:Google Cloud SQL/CP304:Google BigQuery (1日コース、税別6万円)
  • CP305:Google Compute Engine (1日コース、税別6万円)

受講特典

受講者には500$分のGoogle Cloud Platform利用料が無料になるクーポンコードが配布されます。
(既に他のクーポンを利用しているアカウントでは利用不可)

Google Cloud Platform認定試験の概要

名称 Google Cloud Platform認定試験
英語表記 Google Cloud Platform Qualification Exams
受験資格 Google Cloud Platform認定トレーニングを受講している事
受験費用 各100$、但しトレーニング受講により初回受験無料

試験種別

  • CP301:Google App Engine (90分)
  • CP302:Google Cloud Storage (90分)
  • CP303:Google Cloud SQL (60分)
  • CP304:Google BigQuery (90分)
  • CP305:Google Compute Engine (90分)

Google Cloud Platform認定トレーニングの詳細な情報

http://google-training.jp/cloud-platform/

PAGE TOP