クラウドネイティブ・アプリケーションとは?メリット、活用例、開発方法まで徹底解説!

クラウドネイティブ・アプリケーションとは?メリット、活用例、開発方法まで徹底解説!

エンジニアブログ

投稿日:2020/12/18 | 最終更新日:2020/12/23

近年、クラウドサービスの急速な普及に伴い、「クラウドネイティブ・アプリケーション」という言葉を耳にするようになりました。あなたは言葉の意味を正しく理解できていますでしょうか?

本記事では、クラウドネイティブ・アプリケーションの基礎的な内容から、メリット、オンプレミスやクラウドファーストとの違い、活用例や開発方法など、一緒にご紹介します。

クラウドネイティブ・アプリケーションとは?

クラウドネイティブ・アプリケーションとは、クラウド環境での利用を前提に構築されたサービスやシステムのことを指す言葉です。

世の中にクラウドが普及する以前は、自社でサーバーを管理・運用するオンプレミスがトレンドになっていましたが、次第にクラウドのメリットが広く認知されるようになり、多くの企業がクラウドへの移行を始めました。

クラウドが浸透する前は、オンプレミス運用していたシステムをクラウドへ移行するケースが一般的でしたが、クラウドの普及によって、はじめからクラウドで利用することを前提としたシステムが生まれました。

このようなシステムをクラウドネイティブ・アプリケーションと呼んでおり、代表的なサービスとしては、クラウドファイルサーバーの「Box」やクラウド型CRMである「Salesforce」などが挙げられます。

オンプレミスとの違い

オンプレミスとは、システム構築に必要なサーバーや回線、ソフトウェアなどを自社内またはデータセンター内に設置し、システムの構築から運用までを自社で行う形態を指します。すべてを自社で完結するため、カスタマイズの自由度は高いですが、多額の初期投資が必要になります。

また、オンプレミスはシステム運用、管理、保守、メンテナンスなど、あらゆる作業を自社で対応する必要があります。万が一、障害やトラブルが発生した場合も自社で対処しなければいけません。

一方で、クラウドネイティブ・アプリケーションは、クラウド環境でシステムを構築するため、初期投資は必要なく月額のサービス利用料のみが発生します。また、すでに構築されているサービスを利用するため、オンプレミスと比較するとカスタマイズ性は低くなります。

クラウドサービスの提供会社が一連の作業を実施するため、有事の際でもユーザー側の作業は必要ありませんが、復旧のタイミングを読むことができず、メンテナンス時期を選べないなどのデメリットが存在します。

オンプレミスとクラウドの違いについて詳しく知りたい方は以下の記事をご確認ください。

オンプレミスとクラウドの違いとは?メリット&デメリット、移行の注意点も解説

クラウドで自社にあったカスタマイズは可能か?オンプレ利用者の悩みを解決!

クラウド(Google Cloud)の料金体系に関する記事も詳しく知りたい方は以下の記事をご確認ください。

GCPの料金体系を徹底解説!GCP活用に必要な準備とは?

クラウドファーストとの違い

クラウドネイティブと似た言葉に「クラウドファースト」というものがあります。クラウドファーストは、「システム構築時にクラウド環境で動かすことを優先する」という考え方であり、クラウドネイティブという単語が生まれる前から存在していました。

オンプレミスによるシステム構築の場合、サーバー性能やストレージ量を柔軟に変更することが困難なため、ある程度バッファをみて構築する必要があります。その結果、ハードウェアの調達や環境整備など、多額のコストと大きな手間が発生します。

一方クラウドであれば、システム稼働後のスケールが柔軟にできるため、常に必要な分だけのリソースを活用することで、コストの最適化を図ることが可能です。また、災害やサイバー攻撃のリスクを低減することができる点もクラウドのメリットです。

このようなクラウドファーストの考え方が主流になっていましたが、近年では新しい概念として「クラウドネイティブ」という言葉が生まれました。上述した通り、クラウドネイティブはクラウド利用を前提としたサービス・システムの構築を意味する言葉です。

クラウドネイティブでは、開発基盤としてクラウドサービスを使うだけではなく、実行されるアプリケーションの領域までクラウドに最適化します。クラウドファーストよりもさらに深くクラウドの活用へ踏み切った考え方が、クラウドネイティブであると言えるでしょう。

クラウドネイティブ・アプリケーションのメリット

コスト削減を実現できる

クラウドは、オンプレミスのようなサーバー環境に必要なシステムを購入する必要がないため、初期費用を安く抑えることができます。またクラウドの料金体系は、利用した分だけ課金される「従量制」となっていますので、使用量が少ない場合は、コスト削減に繋がります。サーバーの管理費もかからないため、管理費や維持費におけるコストを削減することができます。

クラウドとオンプレミスの会計処理などを深く知りたい方は以下の記事がオススメです!
クラウドとオンプレミスの減価償却と会計処理・税務処理について

開発がスムーズにできる

オンプレミスの場合は、物理サーバーも含めて自社で用意する必要があるため、アプリケーションの開発環境を整えるまでに長い期間を要します。準備に半年以上かかるケースも珍しくなく、準備している間に市場ニーズが変化してしまうリスクもあります。

一方、クラウドの場合はすでに完成されているサービスを利用するため、契約後すぐにアプリケーション開発に着手することができます。変化の激しい現代において、スピード感をもってビジネスを進められる点はクラウドの大きなメリットです。

アプリケーションの動作が保証される

オンプレミスでアプリケーションを自社開発しても、利用するクラウドの種類によっては正しく動作しないリスクがあります。その場合、開発に要した時間とコストが無駄になってしまいます。

しかし、クラウドネイティブでアプリケーションを開発することで、どのようなクラウド環境でも正しく動作するアプリケーションを構築することが可能になります。

Google Cloudでのアプリケーション開発に関して理解を深めたい方は以下の記事をご確認ください。
初めてでも簡単!本番環境でも安心!GCPでアプリケーションを開発してみよう!

状況に応じて柔軟にスケールできる

アプリケーションのリリース後、正確な獲得ユーザー数は予測できません。そのため、準備しておくべきサーバーなどのリソースが読めない点は、大きな課題になります。

しかし、クラウドならハードウェア的な制約はないため、クラウド環境でアプリケーションを開発することで、想定外のリソース増減にも柔軟に対応することができます。消費者ニーズの変化が激しい現代において、柔軟なスケールが可能な点は、クラウド利用の大きなメリットのひとつであると言えます。

クラウドネイティブ・アプリケーションが浸透した理由

クラウドが世の中に普及する以前は、企業の基幹システム(ERP)はオンプレミスでの運用が主流となっていました。データを社外に置くクラウドはセキュリティ面で不安視されており、「大切なデータは社内に保管すべき」という風潮が根強く残っていました。

しかし、2011年に発生した東日本大震災によって、多くの企業で自社構築のシステムが機能しなくなった一方で、クラウドサービスは問題なく利用することができました。このような経緯から、クラウドの安全性が広く知られることになり、クラウドネイティブ・アプリケーションが社会全体に浸透しました。

クラウドネイティブ・アプリケーションの活用例

クラウドネイティブ・アプリケーションの代表的な例として、クラウドファイルサーバーである「Box」が挙げられます。Boxは、クラウド・コンテンツ・マネジメントプラットフォームの最先端を走っており、日本国内で6,000社以上の企業がサービスを利用しています。

Boxはクラウドネイティブならではのサービス特性により、Microsoft365、Google Workspace、slack、Adobeをはじめとした1,400以上のアプリケーションと連携・統合することが可能です。また、誰でも直感的に操作できるインターフェイスに加えて、各種APIも豊富に用意されており、さまざまな機能を手間なく利用することができます。

もうひとつのサービス例がクラウド型のCRMである「Salesforce」です。言わずと知れた世界シェアNo.1のCRMであり、導入企業は全世界で15万社を超えています。Salesforceもまた、クラウドネイティブ・アプリケーションの代表例であり、クラウド環境での利用を前提として作られたサービスです。

会社の基幹システムとしてのCRM機能はもちろん、CRMとインタラクティブに連携するコミュニケーションツール「Chatter」や、マーケティングオートメーションを実現する「pardot」など、あらゆるサービスが100%クラウドで提供されています。

Salesforceは利用するクラウド環境を選ばずに動作させることができ、さまざまな他サービスと連携することが可能です。Salesforceが数多くの企業を足元で支える基幹システムで在り続けられるのは、クラウドネイティブ・アプリケーション特有の拡張性や柔軟性が前提にあると言えるでしょう。

クラウドネイティブ・アプリケーションの開発方法

クラウドネイティブアプリケーションを開発するためには、システムをクラウドに移行する必要があります。

クラウドシフトには複数のパターンが存在しますが、中でもリスクが少ないものに「リフト・アンド・シフト」という手法があります。リフト・アンド・シフトは、既存のシステムをクラウド環境に移行した後、必要に応じてクラウドに最適化できるように改修していく方法です。

Google Cloudからの「リフト・アンド・シフト」に関して理解を深めたい方は以下の記事がオススメです。

クラウド移行の王道はLift & Shift!概念からGCP における3つのやり方をご紹介

Google CloudなどのIaaS型クラウドサービスを活用することで、既存インフラと同じ環境をクラウド上に構築することができるため、アプリケーションの大幅なアプリケーションの改修は必要ありません。ただし、インフラ環境をクラウド移行しただけでは、クラウドの強みを最大限に活かすことはできず、次のステップを視野に入れた上で考えなければなりません。

また、先にアプリケーションを改修した上で、システムをクラウド移行する方法もあります。

この場合、まずはコンテナ化、データベース・システムの移行、アーキテクチャの再構成などのアプリケーション改修を実施する必要があります。親しみのあるインフラ環境でアプリケーションのクラウド化を進めることができ、ノウハウを蓄積しながら、計画的に移行できる点がメリットであると言えます。

さらに、既存システムをクラウドに最適化できる形に再設計し、クラウド環境ではじめから再構築する方法もあります。

既存のアプリケーションが要件を満たしていないと、システムのクラウド移行を実現してもメンテナンスが困難になるケースが多いです。その場合、クラウド環境でシステムをゼロベースから構築するという選択肢も出てきます。既存システムを作り直すだけではなく、要件整理や運用プロセスの最適化も並行して検討する必要があります。

どの手法を選ぶ場合でも、最終的なゴールはクラウドの強みを最大限に発揮できるアプリケーションを構築することです。そのためには、クラウドサービスの特徴を理解し、アプリケーションとの統合方法を綿密かつ計画的に検討していくことが大切です。

Google Cloudについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
クラウド市場が急成長中?数あるサービスの中でGCPが人気の理由5選!

まとめ

本記事では、クラウドネイティブ・アプリケーションの基本的な内容から、実際の活用例や開発方法まで一挙にご紹介しました。

顧客ニーズが多様化する現代において、スピーディーかつ低コストでアプリケーションを開発できるクラウドの利用は必要不可欠です。クラウド環境を選ばずに動画するアプリケーションを構築することができ、状況に応じた柔軟なスケールを実現することが可能です。

現在、クラウドネイティブ・アプリケーションは多くの企業で開発されており、さまざまな分野において利用されています。そして、開発プラットフォームを構築するためには、Google CloudのようなIaaS型クラウドサービスの導入が必要不可欠です。

本記事を参考にクラウドネイティブ・アプリケーションの開発を検討してみてはいかがでしょうか?

また、弊社トップゲートでも、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発のご依頼、コンサルティングなどのご相談を承ることができます。

ぜひお気軽にご相談ください!
ご相談はこちら



弊社トップゲートでは、 Google Cloud 、または Google Workspace(旧G Suite) 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。導入前に懸念点を解決したい方、そもそも導入した方がいいのかをお聞きしたい方はお気軽にお申し込みください!

トップゲート経由でご契約いただけるとGoogle Cloud の利用料金はずっと3%オフとお得になります!

お申込みはこちら



メール登録者数3万件!TOPGATE MAGAZINE大好評配信中!
Google Cloud、Google Workspace(旧G Suite) 、TOPGATEの最新情報満載!

メルマガ登録はこちら

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

GCP・Google Workspace のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
TEL.03-5840-8815
お問合せフォーム TEL.03-5840-8815