DX と IT 化の違いとは? DX を成功させるためのポイントや事例まで徹底解説!

ビジネス

投稿日:2021/10/20 | 最終更新日:2021/10/25

近年、 IT の急速な進歩に伴い、あらゆる産業における IT 化が進んでいます。また、変化の激しい社会に対応するため、 DX (デジタルトランスフォーメーション)の必要性も強く叫ばれるようになりました。

IT 化と DX は混同されがちな言葉ですが、両者は明確に異なるものです。しかし、違いを正しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事では、 IT 化と DX の違いについてわかりやすく解説します。 DX の成功事例もご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

DX とは?

デジタルトランスフォーメーション(以下 DX )という言葉が最初に提唱されたのは、2004年のことでした。スウェーデンのウメオ大学教授、エリック・ストルターマン氏が「 IT の浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念を主張し、この考え方が DX の始まりとされています。

近年、 DX という言葉の定義は「最新のデジタル技術を駆使した、デジタル化時代に対応するための企業変革」という意味合いで、ビジネス用語として使われています。さらに、経済産業省が「デジタルトランスフォーメーション( DX )を推進するためのガイドライン」を策定するなど、今や DX は一般的なものとして、日本中に広まっています。

また、前述したガイドラインの中では、 DX を「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と、さらに詳細に定義しています。

さらにDXについて詳しく知りたい方は以下の記事がオススメです。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?概要と5つの事例をご紹介!

DX の事例

タクシー配車アプリ

「タクシー配車アプリ」は DX の代表的な事例のひとつです。従来、タクシーを呼ぶには、道端での手挙げや電話による配車が大きな割合を占めており、タクシー会社の社内では、無線で運転手と連絡を取り、口頭による位置確認を元に、配車車両が決定されていました。

しかし、タクシーとスマホの位置情報を活用し、調整作業を DX 化した「タクシー配車アプリ」が登場したことで、利用者とタクシー会社の双方にとって手間の掛からない、効率的なタクシー配車が実現しました。

民間宿泊施設紹介サービス

従来、民間の宿泊施設は宣伝に課題を抱えていました。大規模な旅行予約サービスが続々と登場したことで、 web サイトを開設しても、なかなか消費者にアピールできない状況が続いていました。

しかし、「金額を抑えて宿泊したい人」と「民泊利用を希望する宿泊施設」を結びつけるために、民泊に特化した「民間宿泊施設紹介サービス」が登場し、今までにはなかった新しい宿泊市場層の開拓に成功しました。

CtoC フリーマーケットアプリ

従来、個人で不用品を売りたい人と買いたい人を結びつける場は、地域のフリーマーケットや雑誌の特設ページが使われることが殆どでした。しかし、インターネットが普及し、「ユーザー同士が直接商品を売買できる場を提供する」という DX を実現したのが、フリマサービスです。

元々は、ブログなどで個人間売買という風習がありましたが、アプリの台頭によって、販売したくても方法がなかった人や、今までニーズがなかった人にもニーズを生み出すことに成功し、今や大きな規模にまでスケールしました。

顧客対応サービスの均一化

運輸系サービスでは、システムが適切に機能しておらず、顧客からの問い合わせデータが分散していました。そのため、同じ問い合わせへの対応が、対応する支社や担当者によりバラバラでした。

しかし、問い合わせデータを一元化する部分で、知識の DX 化を実施したことで、対応するオペレーターのスキルや経験に関係なく、均一な対応品質を提供できるようになりました。

ストリーミング配信サービス

従来、音楽や映画は CD・DVD などのメディア媒体を購入したり、レンタルしたりするケースが一般的でした。しかし、近年では音楽や映画がデータ化されたことに伴い、「モノ」としてのメディア媒体は必要なくなり、インターネット上で「音楽や映画のデータそのもの」がやり取りされるようになりました。

インターネット社会の到来により、 CD や DVD の販売数は激減しており、一方でインターネットの仕組みを利用したストリーミング配信サービスが大きな盛り上がりを見せています。このようなサービスの在り方の変化も、 DX がもたらす大きな変革のひとつであると言えます。

IT 化とは?

IT 化とは、 IT (Information Technology :インターネット通信とコンピュータを駆使した情報技術)により、データ活用や業務効率化を進めることを意味します。

昨今、少子高齢化やビジネスのグローバル化、新型コロナウイルスの感染拡大など、社会情勢が大きく移り変わっています。このような変化に柔軟に対応するためには、 IT を活用して効率的な経営を実現する必要があります。

経済産業省が実施した調査によると、 IT 投資をしている企業は社員一人あたりの賃金が高い傾向にあり、労働生産性も高い水準を保っていることがわかりました。これは、手作業で行っていた業務を IT で効率化することで、無駄な仕事を削減し、社員が生産性の高い仕事に集中できるためだと考えられます。

つまり、 IT 化は自社の売上向上や利益拡大に直結する要素であるため、企業にとっては決して無視のできない重要な取り組みだということです。逆に言えば、効率の悪いアナログ業務を放置している企業は社会変化に対応できず、これからの時代を生き抜くことは難しいと言えるでしょう。

IT 化の事例

コミュニケーションの変化

IT 化の代表的な例として、ビジネスにおけるコミュニケーションの変化が挙げられます。従来、電話や手紙でやり取りを行なっていた業務が、現在では電子メールやチャットに置き換わっています。

電話の場合は通じなければ再度かけ直す必要がありますが、メールであれば受信者が好きなタイミングで用件を確認できます。また、手紙の場合は郵送期間を考慮する必要がありますが、チャットであればリアルタイムにコミュニケーションを図ることが可能です。

このように「情報を伝える」という点は変わっていませんが、 IT 化によって大幅な業務効率化が実現された事例だと言えるでしょう。

書類のペーパレス化

紙の書類を電子化する「ペーパレス化」も IT 化の一種であると言えます。紙の書類は紛失リスクが高まることに加えて、書類自体を保管するための場所が必要でした。

しかし、ペーパレス化を導入することで、あらゆる書類をデータとして管理できるようになり、セキュリティの強化とともに物理スペースの節約を実現することができます。例えば、病院におけるカルテの電子化や学生向け教材の電子化など、様々な業界でペーパレス化が進んでいます。

飲食店のオーダーシステム

従来、飲食店では店員が各席をまわってオーダーを確認し、その内容を紙にメモして管理していました。しかし、最近ではこのスタイルは減少しており、タブレットなどを活用した自動オーダーシステムが一般化しています。

このオーダーシステムの変化も IT 化の一つであり、顧客からの注文をデータとして管理することで、店舗側は迅速かつ一元的に情報を確認可能になります。また、店員が席をまわる必要がなくなるため、人員の省人化に繋がりますし、顧客目線ではタブレットですぐに注文できるため、 CS (顧客満足度)の向上も期待することができます。

DX と IT 化の違い

DX と IT 化は混同されがちな言葉ですが、両者は明確に異なるものです。

以下、 DX と IT 化の違いを表にまとめました。

DX IT 化
目的 抜本的な企業変革 既存業務の効率化
位置付け 新しい価値を生み出すための取り組み DX を実現するためのプロセスの一つ
企業に与える変化 質的変化(仕事の内容・本質が変わる) 量的変化(仕事の負荷・工数が変わる)

このように、 DX と IT 化には様々な違いが存在します。 DX は IT を利用して抜本的な企業変革や新しいビジネスモデルを生み出すことが目的ですが、 IT 化は IT の力によって既存業務の効率化を図ることを目的としています。

つまり、 DX は IT 化の延長線上に存在するものであり、 IT 化を実現することで初めて DX を進めることが可能になると言えます。 DX が目的だとしたら、 IT 化は手段であるとイメージすればわかりやすいでしょう。

また、 DX が企業に与える変化は「質的変化」です。業務プロセスやビジネスモデルの変革によって、物事の本質そのものが抜本的に変わります。一方、 IT 化が企業に与える変化は「量的変化」です。 IT を活用した既存業務の効率化によって、社内の人間にもわかりやすい形で業務負荷が変化(工数削減)します。

このように、 DX と IT 化は似て非なるものであり、決して同義だと捉えてはいけません。ただし、両者が密接に関係していることは事実であり、企業が DX を実現するためには、その第一歩として IT 化を推進する必要があるというわけです。

DX を成功させるためのポイント

具体的なゴール・戦略を策定する

経営戦略が抽象的なままでは DX を実現することはできません。自社が目指すべきゴールを明確にして、逆算思考で具体的な戦略を策定していく必要があります。

ゴールと戦略が明確になれば、あとはスケジュールを立ててプロセスを具体化していくだけです。はじめの構想が成否を分けますので、妥協せずにじっくりと検討してください。

組織のキーマンを味方につける

DX は個人で進めるものではなく、組織全体で推進するものです。そのため、経営者や役職者など、然るべき立場の人から賛同を受け、効率的に推進できる環境づくりを行うことが大切です。

キーマンが味方になってくれれば、その配下にいる社員からも賛同を得られやすくなります。結果として、組織全体が一丸となって DX をスムーズに進めることができます。

現場に近い業務から着手する

はじめは現場に近い業務を優先して DX を推進していきましょう。細かい業務に対する変化であれば、大きな反対意見が出ることは少ないので、スムーズに DX を進めることができます。例えば、ペーパレスや会議ルールの設定などが挙げられます。

現場業務の変革が終わったら、次第に組織全体のワークフローやビジネスモデルまで DX の範囲を拡大していきます。このように、段階的に DX を実行することで、無理なく効率的にプロジェクトを推進できます。

既存のITシステムを見える化する

効率的な DX を実現するためには、既存の IT システムを正しく理解することが大切です。DX の基本はデジタル化であり、効率的なデジタルシフトを実現するためには既存システムの把握が必須要件です。

そのため、 DX に取り掛かる前に自社で利用している既存システムを見える化してください。自社における IT 資産の現状分析を行ない、目的や機能に合わせてシステムを変革する必要があります。

変化に対応できるシステム環境を整備する

DX を実現するためには、急速に変化する時代についていくための柔軟なシステム環境を整備する必要があります。構築スピードやスケール、柔軟性などを考えると、システム構築はオンプレミスよりもクラウドがオススメです。

自社の現状や目指すべきゴールを踏まえて、多様化する消費者ニーズや働き方に対応できるようなシステムを検討してください。システムだけではなく、各種 IT ツールの利用により、業務プロセスの変革や効率化を行うことも忘れてはいけません。

DX 推進には Google Cloud (GCP)がオススメ

DX を推進するためには、変化に対応できるシステムや IT ツールの整備が必要であると前述しました。本章では、 DX の推進にオススメなサービスとして Google Cloud (GCP)をご紹介します。

Google Cloud (GCP)とは、 Google が提供しているパブリッククラウドサービスです。同じ種別のサービスとしては Microsoft 提供の Azure や Amazon 提供の AWS などが挙げられます。主に IaaS ・ PaaS の領域をカバーしており、用途に応じて利用できる様々な構成要素がサービスとして提供されています。

Google Cloud (GCP)は、月間60億時間分の動画を再生するYouTubeや、10億人のユーザーが利用しているGmailと同じインフラをベースとしています。そのため、高速で安定したパフォーマンスとスケールを実現しており、高品質な IT プラットフォーム環境を『必要な時に、必要なだけ、自由に利用』することができます。

そのため、初期導入コストを抑え、開発期間の短縮が図れるだけでなく、ビッグデータ・機械学習の活用のほか、 Google Workspace との連携など『クラウド利用を越えた先の IT 戦略』をシームレスに実現することが可能です。

さらに BigQuery という優れたデータ解析ツールが搭載されているため、一部のエキスパートだけでなく、組織全体でデータを活用し、経営戦略の策定や業務改善に繋げていくことが可能です。

DX を実現するためには、自社が保有する膨大なデータを分析し、その結果をもとに意思決定を行いアクションを検討する必要があります。つまり、いかに効率的なデータ活用ができるかが DX 成功の鍵を握るといっても過言ではありません。

その観点では、 Google Cloud (GCP)はとてもオススメのサービスです。 DX におけるデータ活用を実践する際は Google Cloud (GCP)が高い効果を発揮するでしょう。

Google Cloud (GCP)の詳細は以下の記事で詳しくご紹介しています。
Google Cloud Platform™ (GCP) とは

BigQuery の魅力は以下の記事で詳しくご紹介しています。
超高速でデータ分析できる!専門知識なしで扱えるGoogle BigQueryがとにかくスゴイ!

まとめ

本記事では、 IT 化と DX の違いや DX を成功させるためのポイント、成功事例まで一挙にご紹介しました。

変化の激しい社会についていくために、もはや DX はすべての企業に課せられた経営課題と言えるのではないでしょうか。 DX を実現することで業務プロセスやビジネスモデルを本質的に変革し、より強固な経営基盤を構築できます。

実際、多くの業界で DX が推進されており、最新のシステムや IT ツールを駆使して、様々な企業が DX を実現しています。時代に取り残されないためには、一刻も早く DX に向けて舵を切ることが求められています。

DX ではデータ活用が成功の鍵を握っていますが、効率的なデータ活用を実現するためには Google Cloud (GCP)がオススメです。 Google Cloud (GCP)に搭載されている BigQuery を使えば、膨大なデータを高速に分析できますし、他にも多彩なソリューションが用意されており、あらゆるシーンで自社の業務効率化に寄与します。

そして、 Google Cloud (GCP)を契約するのであれば、トップゲートがオススメです。トップゲート経由で契約することで

  • Google Cloud (GCP)の利用料金が3% OFF
  • クレジットカード不要で請求書払いが可能
  • 導入後サポートが充実

など、様々なメリットを享受することができます。

本記事を参考にして、ぜひ Google Cloud (GCP)の導入を検討してみてはいかがでしょうか。



弊社トップゲートでは、 Google Cloud (GCP) 、または 20ID以上のGoogle Workspace(旧G Suite) 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。導入前に懸念点を解決したい方、そもそも導入した方がいいのかをお聞きしたい方はお気軽にお申し込みください!

トップゲート経由でGoogle Cloud (GCP) をご契約いただけるとGoogle Cloud (GCP) の利用料金はずっと3%オフとお得になります!

お申込みはこちら

Tags:

記事を探す

GCP・G Suite のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
お問合せフォーム TEL.03-5840-8815

GCP のご利用をご検討の方、
事例紹介資料

無料ダウンロード

GCP、G Suite、TOPGATE の
最新情報満載!

メルマガ登録

最近の記事

人気の記事一覧

サイト内検索

カテゴリー一覧

タグ一覧

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

Google Cloud・Google Workspace のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
お問合せフォーム