Getting Started with Google Kubernetes Engine

今注目のコンテナ入門コース

本コースは ワークロードの Docker コンテナへのコンテナ化、Google Kubernetes Engine が提供する Kubernetes クラスタへのデプロイ、トラフィックの増加に対応してこれらのワークロードをスケールする方法を学びます。

コースの直近開催日

開催日

日程は個別で調整致します。
平日2営業日以降のご希望日をお伝えください。

全コース日程はこちら

開催時間

11:00 - 18:00 ※ 途中休憩を挟みます。コースの概要はこちら

受講日数

1日間

受講料金

50,000円 (税抜)

現在、個別トレーニング開催により当面の講師スケジュールが埋まっているため、トレーニング受講の新規受付を一時停止しています。新規受付再開時はホームページにてアナウンス致しますので、何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。

対象者

このクラスは、次のような方を対象としています。

  • アプリケーション開発者、クラウド ソリューション アーキテクト、DevOps エンジニア、IT マネージャー。
  • Google Cloud Platform を使用して新しいソリューションを作成する、または既存のシステム、アプリケーション、環境、インフラストラクチャを Google Cloud Platform と統合するデベロッパー。

前提条件

このコースを最大限に活用するには、次の条件を満たしている必要があります。

  • コマンドライン ツールと Linux オペレーティング システム環境およびウェブサーバーについての基本的なスキルがある。
  • システム運用の経験がある(これには、オンプレミスまたはパブリック クラウド環境でのアプリケーションのデプロイと管理も含まれます)。

目標

コースを修了すると、次のことができるようになります。

  • コンテナの基礎を理解する。
  • Google Cloud Platform のサービスを操作する
  • 既存のアプリケーションをコンテナ化する。
  • Kubernetes の概念と原則を理解する。
  • CLI を使用してアプリケーションを Kubernetes にデプロイする。
  • Jenkins を使用して継続的デリバリー パイプラインを設定する。

当日必要なもの

最新版の Chrome がインストールされた PC
※Chrome以外のブラウザの場合、動作しない場合があります。

コースの概要

このコースには、講義とハンズオンラボが含まれています

11:00 ~
モジュール 00: イントロダクションとラボの利用方法
11:10 ~
モジュール 01: コンテナとDockerの概要
13:20 ~
モジュール 02: Kubernatesの基礎
14:50 ~
モジュール 03: Kubernatesへのデプロイ
16:00 ~
モジュール 04: 継続的デリバリーのパイプラインの作成

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

GCP 運用・監視・導入支援のご質問・ご相談等お気軽にお問い合わせください

GCP・Google Workspace のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
お問合せフォーム