Architecting with Google Cloud Platform: Design and Process

あらゆる事象を想定した設計手法を確立する2日間

本コースは Google のサイト信頼性エンジニアリング(SRE)の実績ある設計パターンと原則を利用し、信頼性と効率に優れたソリューションを Google Cloud Platform 上で構築する方法を学びます。

コースの直近開催日

開催日

日程は個別で調整致します。
平日2営業日以降のご希望日をお伝えください。

全コース日程はこちら

開催時間

10:00 - 18:00 ※ 途中休憩を挟みます。コースの概要はこちら

受講日数

2日間

受講料金

200,000円 (税抜)

現在、個別トレーニング開催により当面の講師スケジュールが埋まっているため、トレーニング受講の新規受付を一時停止しています。新規受付再開時はホームページにてアナウンス致しますので、何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。

対象者

このクラスは、次のような方を対象としています。

  • クラウド ソリューション アーキテクト、サイト信頼性エンジニア、システム運用プロフェッショナル、DevOps エンジニア、IT マネージャー
  • Google Cloud Platform を使用して新しいソリューションを作成する、または既存のシステム、アプリケーション、環境、インフラストラクチャを Google Cloud Platform と統合するデベロッパー

前提条件

このコースを最大限に活用するには、次の条件を満たしている必要があります。

  • Architecting with Google Compute Engine」を修了しているか、同等の経験がある
  • コマンドライン ツールと Linux オペレーティング システム環境についての基本的なスキルがある
  • システム運用の経験がある(これには、オンプレミスまたはパブリック クラウド環境でのアプリケーションのデプロイと管理も含まれます)

目標

このコースでは、次のスキルについて学習します。

  • 可用性、スケーラビリティ、保守性が高くなるように設計する。
  • トレードオフを評価して Google Cloud Platform のプロダクトの中から適切なものを選ぶ。
  • オンプレミスとクラウドのリソースを統合する。
  • リソースを最適化してコストを最小限に抑える方法を特定する。
  • ダウンタイムを最小限に抑えるプロセスを実装する(モニタリングとアラーム、単体 / 統合テスト、本番復元力テスト、インシデント事後分析など)。
  • セキュリティ リスクを最小限に抑えるポリシーを実装する(監査、職掌分散、最小特権など)。
  • 災害発生時の事業継続性を確保するテクノロジーとプロセスを実装する。

当日必要なもの

最新版の Chrome がインストールされた PC
※Chrome以外のブラウザの場合、動作しない場合があります。

コースの概要

このコースには、講義とハンズオンラボが含まれています

【1日目】

10:00 ~
モジュール 00: あいさつ
10:30 ~
モジュール 01: サービスの定義
14:15 ~
モジュール 02: ビジネスロジックレイヤの設計
16:45 ~
モジュール 03: データレイヤの設計
17:40 ~
モジュール 04: プレゼンテーションレイヤの設計

【2日目】

10:50 ~
モジュール 05: 復元性、スケーラビリティ、および災害時復旧のための設計
13:40 ~
モジュール 06: セキュリティの設計
15:40 ~
モジュール 07: キャパシティ計画とコスト最適化
16:40 ~
モジュール 08: デプロイ、モニタリング、アラート、およびインシデント対応
18:15 ~
モジュール 09: コース全体のまとめ

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

GCP 運用・監視・導入支援のご質問・ご相談等お気軽にお問い合わせください

Google Cloud・Google Workspace のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
お問合せフォーム