【プレスリリース】iPhone, AndroidでO2Oや屋内位置測定などが可能となる
BLE技術基盤サービスを提供

2014年07月30日

BLEDriver

株式会社トップゲート(本社:東京都文京区本郷3-40-11、代表取締役:加藤 昌樹)は、7月30日、Beacon端末を用いたBluetooth Low Energy(BLE)技術をより普及させる事が可能となるスマートフォンアプリケーション開発会社のためのシステム基盤サービス「BLEDriver(仮称)」を提供する予定を発表しました。
BLEDriverを活用するとスマートフォンアプリケーション開発会社はBeaconとBLE技術を活用したアプリケーションが容易に構築する事が出来ます。

また、本日から2日間、ザ・プリンスパークタワー東京で開催される「Google Atmosphere Tokyo 2014」ではBLEDriverを使ったデモンストレーションアプリを展示しています。

【BLEDriverの構成】

  • Beacon端末を登録するためのサーバーサービス
  • BLE通信を行うための基盤アプリケーション(Androidのみ)
  • BLE通信を行い、位置情報取得やBeacon情報を取得するためのiPhone(iOS7以降)、Android(4.3以降)用のSDK
  • Beaconの情報を取得するサーバー用REST APIの提供
  • Google Maps Engineに対応したAPIの提供

【BLEDriverで出来る事】

  • Beacon端末の設置場所の登録
  • 固有のBeacon端末に対する付加情報の登録
  • スマートフォンでのBeacon端末との通信
  • Beacon端末との通信をした結果でのスマートフォンの位置情報の提供

【BLEDriverを利用したサービス、システム例】

スーパーマーケット向けの場合

  • 顧客が店舗の前を歩く際や売り場の近くに来た場合に商品のレコメンドを行う
  • 従業員がどの場所で働いているかを把握する
  • 顧客の行動をヒートマップ化し分析を行う

警備会社

  • 警備員の巡回しているルートのヒートマップ表示

大型ショッピングセンター、駅、空港など

  • 顧客の現在位置表示やスタッフの配置表示などのサービス
  • 顧客が予約しているフライトや電車などの出発ゲートやホームの表示

など

【BLEDriverの詳細な情報】

http://ble.topgate.co.jp

BLEDriverデモンストレーションご依頼受付中!


TOPGATEへのご相談・お問い合わせ