企業検索ポータル「日商エレクトロニクス株式会社」様 
ALL Googleソリューションで社内ポータルを4社で共同開発。 チームワークにより様々な課題を解決した成功事例。


プロジェクト統括のIT&コミュニケーション室のメンバー
左からIT&コミュニケーショングループ 西村氏、室長 岡田氏、IT&コミュニケーショングループ 鈴木氏

社内情報の整理、検索が課題

今回のシステムを導入する以前は、全社ポータルと製品ポータルがあったが検索機能などが無く情報がさまざまな場所にちらばり、検索をしようにうもどこから検索をしてよいか判らず業務効率が良くなかったと話すのは、当時の経営企画部 情報企画グループの西村氏(現IT&コミュニケーション室 IT&コミュニケーショングループ)

業務スピードのアップをお題目として新たにIT専門の企画立案を行うグループとして、経営企画部 情報企画グループが立ち上がったのは2011年4月。まずは検索という課題があるが、社内情報の更新という課題もあった。システム導入以前の社内で閲覧される製品ポータルはHTMLの知識が無いと製品情報の更新が出来ないため、数百ある製品ページのメンテナンスを2~3名のHTMLが判る社員に任せ、作業が集中しボトルネックとなっていた。その現状を打破するための企画としてポータルのリニューアルが上がり、RFPを作成し複数のベンダーに声をかけた。

ポータルパッケージか、Googleか

「課題は認識していた。社内情報共有基盤として変えなければいけない。検索であったり、誰もがメンテナンス出来たり、アンケートもしたいなど様々な要件があった。当初はポータルサイト製品を4社ほど比較検討を行なっていき最終的にポータル専門のベンダーとGoogleソリューションの提案陣営が残った。両者の印象は両極端で1つはポータルを作るためのスペシャル・パッケージ。一方ではクラウドでありチームワークのGoogle。かなりチャレンジングではあったが我々は様々な可能性に期待し最終的にGoogleを選択した。」(IT&コミュニケーション室 室長 岡田氏)

何故Googleか

通常の場合はGoogle Apps for Workを導入する場合はGoogle Appsの様々な機能に期待して導入する。「今回は特にGoogle Appsを導入したという意識は無い。当初の要件である検索の容易性を実現させるために、社内のファイルサーバーの検索を行うGoogle Search Appliance ( GSA )と、検索システムを作りこむためのサーバー基盤であるGoogle App Engine ( GAE )を組み合わせた、パッケージの機能を超えたカスタマイズ性の高いセットのソリューションとしてGoogleを選択した。」(西村氏)

GAE, Apps, GSAで社内検索ポータルを開発

今回のプロジェクトでは、社内のあらゆる情報に容易にアクセス出来る事を命題とし、社内のファイルサーバー、Google Apps for Work内の情報、Webを全て一元的に検索を出来るようシステムを構築した。
構築を担当したベンダーは3社。サイオステクノロジー社(現在はグループ会社であるグルージェント社にGoogle Appsのビジネスを集約している)がGoogle Appsの導入とSSOの導入を支援し、電算システム社がGSAの導入を、そしてGAEでポータルサイト、検索システム全体の構築としてトップゲートが担当した。

2011年10月に始まったプロジェクトはBuri-3と命名されサイオステクノロジー社がプロジェクト全体の取りまとめを行い4社共同で定期的にミーティングを行い進めて来た。
基本的な検索機能をポータルとして提供する最初のフェーズであるフェーズ1は2012年2月には完成し、試験的に導入出来るまでに至った。

Buri-3プロジェクト


Buri-3プロジェクトのロゴ (西村氏作)

プロジェクトにBuri-3という名前をつけた事について、「元々の自分の思いが多分に入っていますが、~ビジネスに再び力を~という副題でBUsiness Re-Inspiration(刺激、ひらめき)/Imagination(想像力、創意、創作力)/Impact(影響、衝撃) で3つの”I”でBuri-3 Projectとしました。あとは名前をかけた「ぶり(鰤)」が出世魚の代表格という事もあり会社の成長を願ってつけてもいます。
プロジェクトメンバー全員でぶりしゃぶを食べようという目標もあり、ようやく先日実現しました。(笑)
今回はALL Googleソリューションという事で日本でも前例の無いプロジェクトですが元々弊社では日本に無い新しいものを外国から輸入して国内市場に無いものを導入してきたというフロンティア・スピリッツがあるので、日本での初事例という事でもチャレンジングではありましたが非常にモチベーションがあがりました。」(西村氏)

導入前と導入後の変化は?

今までは社内ポータルとしてのポータルサイトと製品ポータルを2つ用意していた。営業などは社内ポータルよりも製品ポータルを見る事が多く、社内ポータルなどを見ない事もしばしば。今回それを統合し、かつポータル上部にGmailへの導線を作った事により、多くの社員が必ずポータルを訪れるようになった。これは大きい。「明らかにポータルとして機能しているので情報共有のスピードも上がっている。
 皆が検索しているキーワードが判るタグクラウドなども皆が良くみている。たまに遊ばれていますが(笑)使ってもらっているのが見て判る。
全てのデータを一元的に検索出来るというのは業務効率という点において非常に大きいと考えています。」(西村氏)

Google技術に期待する事

今回はGoogle Apps for Work、Google App Engine、Google Search Applianceという3つの製品だったが、Googleが提供するサービスや機能、APIはまだまだたくさんある。「我々がどこまで使いこなせるかという課題はあるが、Googleのサービスを使い倒すと色々な事が出来るというポテンシャルの高さには期待をしています。また、それぞれの専門分野に関する提案力や情報の深さは今回のBuri-3チームにはあるので、今後も含めて期待をしています。」(西村氏)

GAEが無ければ成立しなかった

ポータルサイトを構築するという目的において他社ポータル製品と今回のGoogleソリューションを比較した場合に、Google Apps for WorkやGSAのみでは実現出来なかった要件がたくさんあった。 今回開発したポータルサイトはGoogle Sitesでは無くGAEのアプリケーションとして構築しているが、GAEのポテンシャルに同社は期待している。
機能としては検索のキーワードをタグクラウド化したりランキング集計を行うランキング機能やブックマークを共有する機能などAppsだけでは実現出来なかった。これをGAEで実現出来た事は大きく、これが無ければパッケージを選択していたという。
 「RFPを作り上げるという作業に結構な工数をかけたので要件に対する大きなぶれはありませんでした。しかしポータルの開発の要件定義ではプロジェクト開始後に細かな部分において結構な期間をかけて詰めていたが、最終的な成果物が出てきた早さはやはりトップゲート社の技術力によるものだと認識しています。
 これからもBig Data周りなど新たな展開のCloud PlatformでGoogle技術の次の展開につながる提案を大いに期待しています。」(西村氏)
開発実績(Googleの技術のエキスパートが、さまざまな課題を解決します)
TOPGATEへのご相談・お問い合わせ