教育事業 
真の技術力を身に付けるトレーニングを用意しました。

モバイルとクラウドの時代に、広く日本のエンジニアのスキルの底上げを行いたい。そして日本のIT産業の品質をあげる事により、IT事業の活性化に繋げたい。
そんな思いからトップゲートでは、独自の「MMCD(Master of Mobile Cloud Development)」トレーニングを開発しました。

教育の現場を変える。即戦力を育てる。

世の中の変化のスピード、進化のサイクルはどんどん短くなって来ています。特にモバイルとクラウドの時代の開発技術の変化は早く、5年ほど前の技術はすでに陳腐化しています。
これは、エンジニア教育に関しても同様です。一昔前のWebシステム開発のコンテンツでは、即戦力となるエンジニア教育としては不十分であり、実際の最新の開発現場に則した教育コースが必要です。

しかし、従来の教育事業者が用意するコースでは、実践に携わる講師がいないために、現在の潮流についていく事ができていません。古い開発手法を学んだエンジニアは、開発の現場に来てから、改めて最新のやり方を覚える必要があるのです。
トップゲートが独自に開発した「MMCD(Master of Mobile Cloud Development)」トレーニングでは、著名な技術者達による最新の現場の技術を素早く教育コースとして体系化する事でこの問題を解決しました。
MMCDトレーニングなら、エンジニアに”すぐに現場で使えるスキル”を身につけさせる事が可能です。

国内唯一のGoogle Cloud Platform 認定トレーニング

「Google Cloud Platform 認定トレーニング」は、2014年秋からスタートした国内唯一のGoogle Cloud Platform(GCP)認定のトレーニングです。
Google App Engine, Google Compute Engine, Google BigQuery, Google Cloud Storage, Google Cloud SQL それぞれに対応したトレーニングと、認定試験が提供されています。
各認定試験に合格することで、Google社から認定資格者としての証明を受けることができ、公式サイトへも掲載可能です。

詳細はGCPトレーニング公式サイトをご覧ください。

基礎から最新技術までをカバーする「MMCD」

「MMCD(Master of Mobile Cloud Development)」トレーニングは、最新のモバイルクラウド開発技術を学んだ、現場をリードする即戦力となるエンジニアを育成する教育メニューです。
講師はトップゲートに所属するGoogleの技術のエキスパートが担当します。

プログラムには、基礎コースから、クラウドの最前線で使われる最新技術を学ぶコースまでが用意されています。
MMCDトレーニングを受講することで、サーバーとクライアント両方の技術についての知識と、実務で活かせるスキルを身につけることができるので、ウェブ開発の現場で即戦力として活躍できるエンジニアになることができます。
現在、MMCDには以下のコースを用意しています。

詳細はMMCDトレーニングのページをご覧ください。

TOPGATEへのご相談・お問い合わせ