スプレッドシートの定期作業を GAS で自動化する

スプレッドシートの定期作業を GAS で自動化する

エンジニアブログ

投稿日:2021/08/23 | 最終更新日:2021/09/07

はじめまして。新卒の okayun です。
今日は GAS で書いた処理を定期実行する方法についてご紹介します。

GAS とは

GAS は「Google Apps Script」の頭文字を取った略称で、Google が提供しているスクリプト言語です。
Google Workspace 上のアプリと連動させることで自動化や業務効率化を実現できます。

定期実行させる処理の作成

今回は、実行した日時をスプレッドシートに記入する関数を作成し、それを定期実行させます。

スプレッドシートの作成

スプレッドシートを新しく作成します。シート名などは編集しなくて大丈夫です。
altタグ代替えテキスト

関数の作成

メニューのツールからスクリプトエディタを開きます。
altタグ代替えテキスト

以下のようなコードを記述し、保存ボタンまたは⌘Sで保存します。
altタグ代替えテキスト

コピー用関数

function myFunction() {
// 実行日取得
var now = new Date();
// 実行対象のシートを取得
sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheetByName(“シート1”);
//データを入れる列
let writingColumn = ‘A’
// データが含まれる行+1を取得
var nextRow = sheet.getLastRow() + 1;
// A列目の最後尾にデータを追加
sheet.getRange(writingColumn + nextRow).setValue(now).setNumberFormat(‘yyyy/MM/dd HH:mm:ss’);
}

動作の確認

実行ボタンを押すと先ほど作成した関数が動作し、シートに日時が記入されます。

※初めて GAS を実行する場合は、Google アカウントへのアクセスの許可を求められるので、許可してください。

altタグ代替えテキスト

シートを確認し正常に時間が記入されていれば成功です。

altタグ代替えテキスト

定期実行させる

先ほど作成した関数を定期実行させていきます。
まずは、スクリプトエディタのサイドメニューを開きトリガーへ移動します。

altタグ代替えテキスト

右下の「トリガーを追加」ボタンをクリックしてトリガーの設定画面を開きます。

altタグ代替えテキスト

トリガー設定

今回は動作がすぐに確認できるように1分ごとに関数を実行させます。
以下のように設定を変更します。
altタグ代替えテキスト

保存を押して設定は完了です。

動作の確認

トリガーを保存してから数分待ち、シートを確認してみましょう。
1分毎に関数が実行されているのが確認できます。
altタグ代替えテキスト

トリガーの削除

このままにしておくと1分毎にトリガーが実行され続けてしまうため、トリガーを削除します。
メニューを開きトリガーを削除します。
altタグ代替えテキスト

おわりに

GAS で書いた処理を定期実行する方法をご紹介しました。
毎日行わなければいけない処理もこの機能を使用することで、簡単に自動実行することができます。
ぜひお試しください。

執筆者:okayun

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

Google Cloud・Google Workspace のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
お問合せフォーム