【古いシステムからの脱却を!】レガシーシステムが抱える5つの課題とは?

【古いシステムからの脱却を!】レガシーシステムが抱える5つの課題とは?

エンジニアブログ

投稿日:2021/05/17 | 最終更新日:2021/06/03

「レガシーシステム」という言葉をご存知でしょうか?老朽化して時代遅れになったシステムを意味する言葉であり、レガシーシステムを使い続けた場合、企業は様々な課題を抱えるリスクがあります。

しかし、レガシーシステムの問題点は理解している一方で、いまだにシステム移行を実現できない会社が多く存在しているのが実情です。本記事では、レガシーシステムが抱える5つの課題とレガシーシステムからの脱却方法を詳しくご紹介します。

自社のシステム移行を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください!

レガシーシステムとは?

レガシーシステムは英単語の「 legacy (時代遅れの)」と「 system (システム)」の組み合わせで構成されており、導入から長い月日が経過し、新しい IT 技術に対応できなくなった古いシステムを意味する言葉です。一般的には、企業の中枢を担う基幹システムを指すことが多くなっています。

レガシーシステムの特徴として「システムのブラックボックス化」が挙げられます。企業が抱えるレガシーシステムは、何十年も前に導入されて以降、法改正に伴う対応やバッチ(プログラムの一部修正・更新を行うための追加データ)適用など、環境の変化に対応するために様々なカスタマイズやアドオン開発が施されています。

このように、独自開発を重ねて構築されたレガシーシステムはとても複雑な構成をしており、過去の経緯をすべて理解している人でなければ、システムの全体像を把握することはできません。当時の担当者が退職している場合には、システム自体が完全にブラックボックス化してしまいます。

とはいえ、企業はビジネスを止めるわけにはいかないため、非効率と感じていながらもレガシーシステムを利用し続けます。場合によっては、自社のシステムが時代遅れなレガシーシステムであることに気付いていないケースも存在します。

そして、変化の激しい時代に古いシステムが通用するはずもなく、レガシーシステムを使っている企業は多くの課題を抱えることになります。

レガシーシステムが抱える5つの課題

コストの増大

ブラックボックス化したレガシーシステムは、無駄なコストを生み出す原因になります。

例えば、システムが故障した際、誰にも原因や解決策がわからずに人的コストやビジネスの機会損失に繋がるリスクがあります。システムを構築した当時のドキュメントが残っていたとしても、何度もカスタマイズを行っているため、もはやドキュメントが意味を成さないケースが大半です。

さらに、システムの維持管理コストも高くなります。古い機器や部品を使っているため、メンテナンス時の素材調達に苦労するほか、障害発生時の対応コストが肥大化することは言うまでもありません。

システム障害の発生

レガシーシステムを長期間使っている場合、最新のプログラムや大量の情報処理に対応できないため、システムが自社の作業要求に耐え切ることができず、システム障害が発生する可能性が高くなります。

加えて、度重なる個別カスタマイズやアドオン開発でブラックボックス化したレガシーシステムは、障害対応にも多くの時間を要するため、システム障害が長期化・重症化する傾向にあります。

その結果、企業の生産性は著しく低下し、場合によってはビジネスが一時的に止まってしまうケースにまで発展するリスクがあります。

社員のパフォーマンス低下

レガシーシステムは、社員のパフォーマンス低下を引き起こす原因にもなり得ます。

例えば、バッチ処理は業務に影響の出ない夜間帯に実施するのが一般的ですが、古いレガシーシステムは処理を行うために膨大な時間を要するため、作業が夜間で完了しないリスクがあります。

仮に翌朝の業務開始までに間に合わなければ、当然ながら業務環境に悪影響を及ぼすことになります。その結果、ユーザーがシステムを満足に動かせなくなり、社員の業務パフォーマンスは大きく低下します。

ビジネスの柔軟性の低下

近年、 IoT や 人工知能( AI )に代表される新技術の到来や、在宅勤務やテレワークの普及に伴う働き方の多様化など、社会構造が大きく変化しています。変化の激しい時代に取り残されないためには、多くのシステム要件に対応し、日々システムをアップデートしていく必要があります。

しかし、レガシーシステムでは臨機応変なシステム更新は困難であり、ビジネスの停滞を招く原因にもなりかねません。また、最新のプログラムに対応していないことで、クライアントが利用しているシステムとの互換性が失われてしまい、ビジネスの機会損失に繋がるリスクもあります。

このように、レガシーシステムがもたらすビジネスの柔軟性の低下は、会社の生産性を落とすだけではなく、致命的な経済損失にも直結する由々しき課題となっています。

業務の属人化

レガシーシステムは数十年前に構築されており、古いシステムを扱える技術者の高齢化や退職は深刻な問題になります。

レガシーシステムは複雑かつ難解に構成されており、システム自体を扱える人材が少ないケースが一般的です。決められた担当者がシステム運用を行うため、業務が属人化してしまい、会社としての柔軟性が低下します。

また、自社でカスタマイズを繰り返しているレガシーシステムは、これまでの経緯を理解していないと扱えません。そのため、業務の属人化は益々加速していく一方であり、システム運用時の大きな課題となっています。

レガシーシステムが引き起こす「2025年の崖」とは?

経済産業省が2018年に発表したレポートにはレガシーシステムに関連する内容の記載があり、「2025年の崖」という表現を使って、企業に対する注意喚起を行っています。

「2025年の崖」は、企業で利用されている既存システムが「老朽化・複雑化・肥大化・ブラックボックス化」することで多様化するビジネスモデルに対応できなくなり、企業同士の競争力が低下した結果、多額の経済損失をもたらすとされている問題を指す言葉です。

2025年は企業の IT システムに大きな変化が起こる年だと予想されており、何も対策を行わない場合は企業の競争力が著しく低下すると言われています。その結果、最大で12兆円もの経済損失が発生する可能性が叫ばれており、これが「2025年の崖」と呼ばれている問題です。

「2025年の崖」の影響をもっとも大きく受けるのは、レガシーな既存システムに対して何も対策を施さなかった企業です。昨今のIT技術の発展に伴い消費者ニーズは多様化しており、新しいビジネスモデルが次々に生まれています。システム変革に真剣に取り組まなければ、時代の流れについていくことはできず、企業として生き残ることは困難です。

しかし、「2025年の崖」の影響は一部の企業だけには留まりません。経済産業省は「2025年の崖」を日本全体における深刻な問題として捉えており、従来の古くなったITシステムを利用し続けることで大きな経済損失が見込まれると考えています。

「2025年の崖」に関しては、以下の記事が参考になります。
【知らないとマズイ】2025年の崖とは?DXの推進にはクラウド化が必要不可欠!

レガシーシステムからの脱却方法

モダナイゼーション

レガシーシステムからの脱却には、モダナイゼーションが有効な対策になります。

モダナイゼーションは「 Modernization (近代化)」を語源としており、 IT 分野では「自社が保有するデータやプログラムを活用しつつ、稼働中のシステムを刷新すること」を意味する言葉です。

モダナイゼーションを行うことで、老朽化した効率の悪いレガシーシステムを新しいものに置き換えることができ、様々な変化に対応できる強い経営基盤を整備することが可能になります。

以下、モダナイゼーションの主な手法をまとめました。

手法 概要
リプレイス 老朽化・故障したシステムを刷新し、同等の機能を備えた新しいシステムに置き替える
リホスト 既存で業務利用しているシステムをクラウドなどの新しいシステム基盤に移し替える
リライト プログラミング言語を利用し、既存システムと同じように動くソフトウェアを再構築する

まずは自社の現状を正しく把握して、最適なモダナイゼーションの方法を選択してください。

マイグレーション

レガシーシステムからの脱却には、モダナイゼーションとあわせてマイグレーションも大切な要素になります。

マイグレーションは「 Migration (移動・移転)」を語源としており、 IT 分野では「既存のシステムや保有しているデータを別の環境に移すこと」を意味する言葉です。大きく分けて、システム移行を目的とした「レガシーマイグレーション」と、データ移行を目的とした「データマイグレーション」の2つに分類されます。

以下、マイグレーションにおける基本的な進め方をご紹介します。

ステップ 概要
1.現状分析 IT 資産の棚卸や要件定義など、自社の既存環境を正しく分析する
2.開発 プログラミング言語を書き換えたり、システム全体の再構築を行う
3.テスト・移行 システム環境を移行した後に問題が発生しないかを事前にテスト検証する
4.本番運用 新環境での運用をスタートする(既存環境との並行期間や保守も視野に入れておく)

上表の手順に沿ってマイグレーションを行うことで、極力リスクを抑えながら、円滑なシステム移行を実現することができます。

クラウド活用

ここまで、モダナイゼーションとマイグレーションについてご説明しましたが、レガシーシステムからの脱却には「クラウド活用」が必要不可欠になります。

IT 資産を自社で保有するオンプレミスのレガシーシステムでは、ハードウェア故障を前提とした運用が必要であり、定期的にハードウェアのリプレイスコストも発生します。これらが会社の IT 予算を圧迫し、多くの IT 担当者はこのハードウェアライフサイクルの呪縛に頭を悩ませています。

レガシーシステムにおいては、システム構造がブラックボックス化し、自社による修正・機能拡張ができなくなる点が本質的な問題です。そして、その状況下でも運用を続けざるを得ずに保守費用が増え続けてしまい、同時にノウハウが属人化することで引き継ぎが困難になります。加えて、ビジネス環境に応じたシステム変更も困難になり、完全に負のスパイラルに陥ってしまいます。

このような課題をクラウドが解決します。ハードウェアライフサイクルに関わるコストは、外部ベンダーに支払うサービス利用料のみです。さらにハードウェアの保守にかかる工数を削減できるため、IT人材の稼働を確保できると同時に、他の生産性の高い業務にリソースを集中することが可能になります。

このように、企業がクラウドを活用することでレガシーシステムの呪縛から解き放たれることができ、古くて効率の悪いシステム運用から脱却することができます。

クラウドに関しては、以下の記事が参考になります。
オンプレミスとクラウドの違いとは?メリット&デメリット、移行の注意点も解説

クラウド活用は Google Cloud (GCP)がオススメ

クラウド活用を検討するのであれば、 Google が提供するパブリッククラウドサービス「 Google Cloud (GCP)」がオススメです。世界的企業である Google が提供しているため、利用者は様々なメリットを享受することができます。

以下、 Google Cloud (GCP)がオススメな理由をご紹介します。

Googleの成長性

世界の最先端を走る Google のテクノロジーは日々進化しています。 Google Cloud (GCP)は Google が提供しているクラウドサービスのため、 Google の進化とともにサービス自体も成長し続けます。

新機能の追加やユーザビリティの向上が短いスパンで実施されるため、企業は常に最新のテクノロジーを自社の経営に活かすことができます。このように Google のインフラを自由に使い倒せる点は、 Google Cloud (GCP)が人気を集める大きな理由のひとつと言えます。

コスト管理がしやすい

Google Cloud (GCP)はクラウド100%で提供されるサービスのため、初期費用は一切かかりません。月額料金は「従量課金制」であり、毎月一定額を支払うのではなく、利用した分だけ料金が発生します。

そのため、余計なコストが発生する心配はなく、自社の状況に合わせてサービスを利用することができます。 Google のインフラを利用できるという機能面でのメリットに加えて、発生するコストを管理しやすい点も Google Cloud (GCP)の魅力のひとつです。

セキュリティレベルが高い

Google Cloud (GCP)は第三者認証取得のハイレベルなセキュリティを備えており、「 SSAE 16 / ISAE 3402 Type II: SOC 2/ SOC 3」「 ISO 27001・ FISMA Moderate 」「 PCI DSS v3.0」など、多くの年次監査を受けているため、安心して実業務に利用することができます。

Google Cloud (GCP)は堅牢性が高いサービスのため、 Google Cloud (GCP)をメイン環境として利用するだけではなく、ハイブリッドクラウドのサブとして活用されるケースも増えています。 Google Cloud (GCP)を活用して冗長化することで、より安全なクラウド運用を実現することが可能になります。

データ処理速度が早い

Google のサービスは、データ処理速度が早いことで有名です。例えば、 Google Cloud (GCP)に搭載されている「 BigQuery 」というビッグデータ解析サービスでは、通常は長い時間かかるクエリを、数 TB (テラバイト)、数 PB(ペタバイト)のデータに対して、数秒もしくは数十秒で終わらせることができます。データ処理速度は、業務の生産性に直結する大切なポイントであり、この点が Google Cloud (GCP)が選ばれる理由のひとつになっています。

Google Cloud (GCP)に関しては、以下の記事が参考になります。
Google Cloud Platform™ (GCP) とは

まとめ

本記事では、レガシーシステムが抱える5つの課題とレガシーシステムからの脱却方法をご紹介しました。

変化の激しい現代において、レガシーシステムを使い続けることは大きなリスクです。コスト増大やシステム障害の発生だけではなく、社員のパフィーマンス低下や IT 人材の不足など、様々な課題を引き起こす原因になります。

レガシーシステムから脱却するためには、モダナイゼーションやマイグレーションを活用しつつ、自社の環境をクラウドへ移行することが必要不可欠です。クラウド移行により、従来のレガシーシステムが抱えている問題点を解決することができます。

そして、クラウド活用を検討するのであれば、 Google Cloud (GCP)がオススメです。世界的企業である Google が提供しているサービスであり、高いセキュリティレベルや早いデータ処理速度など、嬉しいメリットがたくさん存在します。

なお、弊社トップゲートでも Google Cloud (GCP)の提供が可能です。トップゲート経由で契約することで、

  • Google Cloud (GCP)の利用料金が3% OFF
  • クレジットカード不要で請求書払いが可能
  • 導入後サポートが充実

など、様々なメリットを享受することができます。

本記事を参考にして、ぜひ Google Cloud (GCP)の導入を検討してみてはいかがでしょうか。



弊社トップゲートでは、 Google Cloud (GCP) 、または 50ID以上のGoogle Workspace(旧G Suite) 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。導入前に懸念点を解決したい方、そもそも導入した方がいいのかをお聞きしたい方はお気軽にお申し込みください!

トップゲート経由で Google Cloud (GCP)をご契約いただけると Google Cloud (GCP)の利用料金はずっと3%オフとお得になります!

お申込みはこちら

DXにご興味がある方におすすめの記事をご紹介!

最後までご覧いただきありがとうございます。トップゲート編集部がこの記事を読んだ方におすすめしたいDX関係、システム開発関係の記事を厳選します。レガシーシステムからDXするに際して必要だと思われる記事をピックアップしております。

ご興味ある記事をぜひご覧ください!

失敗しないシステム/ソフトウェア開発会社の選び方!判断指標から判断基準まで一挙公開

失敗する確率を大幅に減らすために開発依頼の仕方とフェーズごとのチェックポイント

ITシステム開発における自社開発と委託開発の違いと開発の流れについて一挙公開!

優れた開発チームが成功の鍵!ITシステム開発のチーム編成方法と新規メンバーの調達方法とは?



過去の開発事例紹介資料も、公開中!
ご興味ある方は、ぜひDLしてみませんか?
開発事例紹介資料をダウンロードする

メール登録者数3万件!TOPGATE MAGAZINE大好評配信中!
Google Cloud(GCP)、Google Workspace(旧G Suite) 、TOPGATEの最新情報が満載!

メルマガ登録はこちら

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

GCP・Google Workspace のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
お問合せフォーム