「 Society 5.0」とは何か?新しい社会を支える IT 技術を一挙にご紹介!

「 Society 5.0」とは何か?新しい社会を支える IT 技術を一挙にご紹介!

エンジニアブログ

投稿日:2021/03/16 | 最終更新日:2021/04/06

「 Society 5.0」という言葉をご存知でしょうか?内閣府が発表している政策の一つであり、経済発展と社会的課題の解決を両立するための新しい世界のことです。

Society 5.0を実現するためには、国民一人ひとりの意識が重要であることは言うまでもありませんが、それだけでなく様々な IT 技術を活用することで初めて Society 5.0が成り立ちます。

本記事では、 Society 5.0 の基礎的な内容から、Society 5.0を支える IT 技術、政府の取り組み、業種別の事例など、一挙にご紹介します。

Society 5.0とは?

Society 5.0の概要

Society 5.0 は内閣府が発表している「第5期科学技術基本計画」の中で明記されている、日本が目指すべき新しい社会のあり方です。

内閣府の文書の中では、 Society 5.0は「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会( Society )」と定義されています。

つまり、現実世界と仮想世界をうまく組み合わせることで、日本が抱える様々な課題を解決し、さらなる経済発展を目指すための考え方です。

Society 4.0までの社会

Society 5.0という名前からもわかるように、これまでの社会も「 Society 1.0 〜 Society 4.0 」という名称で呼ばれており、以下のように定義されていました。

Society 1.0(狩猟社会) 狩猟を生活基盤としていた原始的な社会
Society 2.0(農耕社会) 農作物の収穫を生活基盤としていた社会
Society 3.0(工業社会) 産業革命以降の工業を中心とした社会
Society 4.0(情報社会) インターネットの普及で世界中の情報がネットワークで繋がった社会

このように、日本は過去にも大きな社会構造の変化を繰り返しており、時代に合わせて発展しながら社会を形成してきました。

そして、政府は今まさに Society 4.0から Society 5.0へと新たな社会への転換を目指して、様々な政策を実行しています。

Society 5.0の仕組み

従来の情報社会( Society 4.0)においては、人間がインターネット経由で各種データにアクセスすることで、様々な情報を取得していました。

一方で Society 5.0は「仮想世界と現実世界の融合」を基本軸としており、サイバー空間とフィジカル空間を高度に組み合わせることで、新しい社会を実現します。

代表的な例としては、現実世界に設置されているセンサーが挙げられます。センサーが取得したデータをサイバー空間(仮想環境)に蓄積し、その膨大な情報を AI (人工知能)が分析することで、現実世界の人間に様々なフィードバックを行うことが可能になります。

Society 5.0を語る上で大切なポイントは、データ分析において AI (人工知能)を活用する点です。 Society 4.0(情報社会)では、データ分析は人間の仕事であり、人が手を動かして初めて情報に価値が生まれました。

しかし、 Society 5.0では、膨大なビッグデータを AI (人工知能)が解析することで、人間以上に迅速かつ正確な分析が可能になり、人間の手を介さずに有益な情報を取得できるようになります。この仕組みにより、従来は実現不可能だったものが現実化し、社会に新しい価値を提供することになります。

Society 5.0で実現する社会

従来の Society 4.0(情報社会)においては、様々な課題がありました。

例えば、データ分析は人間が行っていたため、作業者に大きな負担が掛かっていました。また、情報の開示範囲が特定の業界・企業のみに限定されるなど、社会全体での横断的な情報連携が不足していた点も課題として挙げられます。さらに、少子高齢化や地方の過疎化などはいまだに顕在化しており、日本が抱える課題にすべて対応することは困難でした。

Society 5.0で実現する社会は AI (人工知能)技術の活用により、データ分析の自動化を実現することが可能です。そのため、人間に負担をかけることなく、膨大なデータを迅速かつ正確に分析・活用することができます。

また、 IoT 技術であらゆる人とモノが繋がるため、閉鎖的な環境ではなく、より広い範囲で有益な情報を相互共有することができます。加えて、ロボット技術を応用した自動走行車などの新技術の登場により、少子高齢化や過疎化に代表される日本特有の課題を克服することが可能になります。

つまり、新技術によってもたらされる社会変革(イノベーション)を通じて、社会全体が地域や世代の壁を超えてお互いに尊重できる世界や、あらゆる人々が快適に生活でき平等に活躍できる場が与えられる社会こそが、 Society 5.0が目指している理想像であると言えます。

Society 5.0を支える IT 技術

クラウド

クラウドとは「インターネット上の仮想基盤」を意味する言葉です。PCやスマホなどの端末にデータを保存するのではなく、インターネット上に存在する仮想空間(サーバー)に保存して、運用することを「クラウド化」と言います。

従来はローカル環境(端末内のストレージ)に保管していたデータをクラウド環境で管理することにより、「デバイス」「時間」「場所」にとらわれることなく、いつでもどこでも必要な情報を取り出せるようになりました。クラウドは Society 4.0(情報社会)でも一般的に使われていましたが、 Society 5.0においても重要な技術の一つです。

クラウドに関しては、以下の記事が参考になります。

企業のクラウド化が加速中!クラウド導入のメリットとは?

ビッグデータ

ビッグデータは「 Volume (データの量)」「 Variety (データの種類)」「 Velocity (データの発生頻度・更新頻度)」の「3つの V 」から構成されるデータ群を指す言葉です。

近年、企業が保有するデータ量は増加傾向にあり、その種類も多岐にわたります。また、消費者ニーズが激しく変化する現代においては、情報をリアルタイムで取得するなど、データの発生頻度や更新頻度も重要なポイントになります。

ビッグデータを活用することで、今まで見えていなかった新しい課題や自社の生産性向上に繋がるヒントを見つけ出すことができます。 Society 5.0 ではリアルタイムにビッグデータを解析し、新たな仕組みを生み出すことが期待されています。

ビッグデータに関しては、以下の記事が参考になります。

ビッグデータとは何か?7業種のクラウドによるデータ活用事例をご紹介!

AI (人工知能)

AI (人工知能)とは「 Artificial Intelligence 」の略であり、大辞林(第三版)には「人間の知能と同じ機能を有したコンピューターシステム」と AI (人工知能)を定義しています。

従来、コンピューターの仕事は決められたルールに沿って計算を行うような単純処理がメインでした。しかし、 AI (人工知能)の登場により、学習、推論、判断などの人間と同等、もしくはそれ以上の高度な作業をコンピューターで行うことが可能になりました。

企業が保有する様々なビッグデータを人の手を介さずに分析していくためには、 AI (人工知能)の存在が必要不可欠です。 Society 5.0では AI (人工知能)を活用してデータ解析を行い、導き出された情報をもとにして、さらに効率的な新しい仕組みを生み出していきます。

AI (人工知能)に関しては、以下の記事が参考になります。

【あなたは知っている?】AI(人工知能)の仕組み、作り方、活用事例まで徹底解説!

IoT

IoT とは「 Internet of Things 」の略です。「モノのインターネット」と訳されることが多く、物理的な「モノ」自体にインターネットの仕組みを搭載することを意味する言葉です。

IoT はインターネットを介して様々なデバイスや感知センサーをサーバーと接続し、情報をやり取りすることで、サービス提供やデバイス制御、データ収集などを行うためのシステムです。

Society 5.0では、現実世界からあらゆる情報をリアルタイムに取得する必要があります。IoT で取得したデータをもとに AI (人工知能)で解析することで、様々な判断をスピーディーに進めることができます。

IoT に関しては、以下の記事が参考になります。

【IoTとは?】ビッグデータ、クラウドとの違いや関係性まで一挙紹介

5G

5G は大容量データを高速で送受信できる次世代の通信手段であり、現在主流となっている 4G ( LTE )に続く「第5世代の移動通信システム」と呼ばれています。

膨大なデータを扱う Society 5.0 においては、通信速度の担保や通信遅延の解消は避けては通れない課題であるため、 Society 5.0を語る上では欠かすことのできない IT 技術の一つとなっています。

Society 5.0への政府の取り組み

公共サービスの IT 化

従来、役所をはじめとする行政手続きは紙を使うことが一般的でしたが、紙の手続きには様々な課題がありました。例えば、紙自体を保管するための物理的なスペースや、書類の情報を PC でシステムへ入力する手間などが挙げられます。

そこで政府は Society 5.0 を実現するための試みとして、公共サービスの IT 化に取り組んでいます。書類を電子化することで手続きにかかる作業負荷を減らしたり、官民間でのデータ連携で個人が入力した情報をそのまま行政システムに反映するような仕組みづくりを行っています。

新しい働き方の実現

政府は Society 5.0 の実現を目指すにあたり、時間や場所にとらわれない新しい働き方へのシフトを推進しており、在宅勤務やテレワークなど、会社に行かなくても仕事ができる環境整備を推奨しています。

また、厚生労働省は「人生100年時代」というスローガンを掲げており、単なる働き方の変化だけではなく、70歳までの就業機会の確保や、女性や外国人が働きやすい社会の実現など、複合的な観点で働き方改革を進めています。

キャッシュレス決済の推進

近年、急速に普及したキャッシュレス決済も Society 5.0の実現に向けた取り組みの一つです。

政府は「現金に縛られることなく、簡単に、安く、安全に支払いや送金ができる社会」を目指しており、現金を持たなくても生活ができるキャッシュレス決済の推進に向けて積極的に動いています。

例えば、中小企業に対するキャッシュレス決済端末の導入補助や、税金・公共料金のキャッシュレス化など、様々なシーンでキャッシュレス化に向けたインフラ整備を図っています。

Society 5.0の業種別事例

農業

人手不足が深刻な課題になっている農業分野は Society 5.0による課題解決が大きく期待されています。例えば、 AI (人工知能)の画像認識機能を利用したトマト収穫機が挙げられます。

AI (人工知能)がトマトの色を判別し、適切なタイミングで収穫まで自動で行ってくれるツールです。全自動で収穫ができるため、収穫作業の大幅な生産性向上を実現しています。

金融

金融業界では AI (人工知能)が資産運用の効率化に利用されています。預けた資産を AI (人工知能)が管理し、長期的な目線で適切に運用してくれるサービスです。

投資においては考慮すべき事項が数多く存在するため、機械に任せることを敬遠する人が多かったですが、近年の AI (人工知能)技術の進化により、手間のかからない効率的な資産運用を実現することが可能になりました。

自動車

自動車業界においては、自動車本体と IT 技術の融合により、「 MaaS (マース)」という概念をベースとして、人々の効率的かつ快適な移動を目指しています。

MaaS (マース)とは、「 Mobility as a Service (モビリティ・アズ・ア・サービス)」の略語であり、交通機関や自動車会社が中心となって開発を進めている注目のテクノロジーです。

MaaS は公共交通機関、タクシー、レンタカーなど、あらゆる移動を便利にするためのソリューションで、目的地までのルート検索から予約までを一気通貫で行うことができます。

MaaS を進めていくためには、公共交通機関のデータや利用者自身の決済情報(キャッシュレス決済用)など、様々なデータを一元的に管理する必要があるため、様々な IT 技術を駆使する必要があります。

エネルギー

エネルギー分野では、地球温暖化の対策として AI (人工知能)が活用されています。例えば、時間帯別の電力使用量や発電所の稼働状況などをデータ化・分析することで、効率的な電力供給を行えるように AI (人工知能)が管理しています。

他には、家庭向けのスマートメーターを各世帯に設置し、 IoT の仕組みで様々なデータを取得しています。そのデータを AI (人工知能)が解析して、住宅の電力使用量や家電ごとの電力使用量を推定し、データとして提供することで、利用者の省エネ意識向上を図っています。

まとめ

本記事では、 Society 5.0 の基礎的な内容から、Society 5.0を支える IT 技術、政府の取り組み、業種別の事例など、一挙にご紹介しました。

Society 5.0は「クラウド」「ビッグデータ」「 AI (人工知能)」「 IoT 」など、最先端の IT 技術と密接に関係しており、これらの技術を効果的に活用することで、今までとは異なる新しい社会を切り拓くことができます。

政府は Society 5.0の実現に向けて積極的に取り組んでおり、企業が変化の激しい現代を生き抜いていくためには、政府の指針に合わせて Society 5.0を見据えた経営基盤を構築する必要があります。

現在、「クラウド」「ビッグデータ」「 AI (人工知能)」「 IoT 」に無縁でも、活用していない企業にとっても大事なことです。今後は顧客のインサイトを分析して顧客ニーズに合わせたデータ・ドリブンな戦略を取っていくことが求められるからです。競合他社が取り組んでいない今から、顧客のインサイトを見つけるためのデータの蓄積や、蓄積されたデータの分析基盤の構築に取り組みませんか?

弊社トップゲートでは、GCPを活用した、強固なセキュリティと高い安定性を担保しながら、自社の状況に合わせて必要なソリューション提案しております。

ぜひ本記事を参考にして、「クラウド」「ビッグデータ」「 AI (人工知能)」「 IoT 」を活用するための準備に取りかかるきっかけとなれば幸いです。



弊社トップゲートでは、 Google Cloud Platform(GCP) 、または 50ID以上のGoogle Workspace(旧G Suite) 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。導入前に懸念点を解決したい方、そもそも導入した方がいいのかをお聞きしたい方はお気軽にお申し込みください!

トップゲート経由でGCPをご契約いただけるとGCPの利用料金はずっと3%オフとお得になります!

お申込みはこちら

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

GCP・Google Workspace のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
お問合せフォーム