マネージドサービスとフルマネージドサービスの違いとは?メリット・デメリットまで徹底解説!

マネージドサービスとフルマネージドサービスの違いとは?メリット・デメリットまで徹底解説!

エンジニアブログ

投稿日:2020/12/23 | 最終更新日:2021/01/22

近年、クラウドサービスの普及に伴い、「マネージドサービス」と「フルマネージドサービス」という言葉をよく耳にするようになりました。どちらも似ている単語ですが、あなたは、正確な違いを説明できますでしょうか?

同じサービスだと思っている方も多いですが、実は「マネージドサービス」と「フルマネージドサービス」は、明確に異なるものとして使い分けられています。本記事では、「マネージドサービス」と「フルマネージドサービス」の違いについて、両者のメリット・デメリットにも触れながら、詳しくご説明します。

マネージドサービスとは?

マネージドサービスの概念

「マネージド」とは「管理する」という意味です。マネージドサービスとは、お客様に代わってサーバーを管理代行するアウトソーシングサービスの総称です。マネージドサービスは2000年代から一般的なものとして認知されていましたが、2010年代のクラウド普及に伴い、多くの企業に広く提供されるようになりました。

サーバーを管理するためには、多くの業務を対応する必要があります。例えば、ハードウェアの調達や運用中の監視、障害対応など多岐にわたります。

加えて、管理対象は物理的な機器に留まらず、データセンターやネットワークも対応範囲に含まれます。そのため、予期せぬトラブルやリソースの追加により、コスト・人員負荷が高まるケースも多くなります。

これらの一部をアウトソーシングできるのが「マネージドサービス」です。マネージドサービスの活用によって人員を最小限にし、一定のコストでサーバーを運用管理することが可能になります。2000年代に「選択と集中」が注目され、情報システム部門が業務の見直しが迫られた結果、管理業務の一部を外部プロバイダーに依頼するマネージドサービスが広く普及しました。

マネージドサービスのメリット

本来、障害復旧には専門の技術と経験が求められるため、社内での人材育成は困難なケースが多いです。しかし、マネージドサービスは管理業務を外部委託できるため、自社で人材育成を行なう必要はありません。

また、プロのサーバー監視により、障害の発生自体を抑止できる点も大きなメリットだと言えます。万が一、障害や故障が起きても突出した経費が発生することはありません。マネージドサービスは一定金額での契約となるため、コストの平準化を図ることができ、予算計画を容易に立てられるようになります。

さらに、運用管理にかかる自社リソースを別の生産的な業務に配置することができます。エンジニアは本来注力すべき業務に集中できるため、会社の生産性向上に直結します。

マネージドサービスのデメリット

マネージドサービスのデメリットは、「サービスの範囲が限られる」という点です。会社によって提供するサービス範囲が異なるため、自社が希望するサービスが実現できない可能性があります。

また、マネージドサービスは一部業務の代行であり、範囲外の部分は自社で対応しなければいけません。一定範囲は外部プロバイダーに作業を巻き取ってもらえますが、言い換えると、その部分のノウハウは自社に蓄積されない、というデメリットにもなり得ます。

フルマネージドサービスとは?

フルマネージドサービスの概念

フルマネージドサービスは、マネージドサービスではカバーできない部分を解決するために提供されているものです。

マネージドサービスが一部業務の代行であることに対して、フルマネージドサービスは、ほぼすべてのサーバー管理をお客様に代わって代行します。例えば、マネージドサービスでは一般的にオプション扱いになる「セキュリティ監視」や「24時間365日の障害対応」も、フルマネージドサービスでは標準で提供されています。

万が一、サーバー障害が発生した場合、マネージドサービスは事前に決められた範囲のサポート対応しか受けることができません。範囲外の調査・復旧を依頼するためには、ユーザー負担で追加料金が発生します。

一方で、フルマネージドサービスではプロバイダーの専任エンジニアが対応し、再発防止のための設定改善などを一気通貫で実施します。

フルマネージドサービスのメリット

フルマネージドサービスのメリットは、サーバー管理をすべてアウトソーシングできる点です。自社とプロバイダーとの間で、業務の線引きに迷うことはありませんし、煩雑な業務をすべて委託することで、自社はアプリケーション開発やWebサイト運営など、生産性の高い業務に専念することができます。

また、サーバー管理のすべてをアウトソーシングできることから、自社で知識や技術を蓄積する必要がありません。サーバー運用を安心して任せるためにも、信頼できるプロバイダーを選定し、作業内容を細かくすり合わせた上で契約することが大切です。

フルマネージドサービスのデメリット

フルマネージドサービスの場合、アウトソーシングできる作業が広範囲なため、それだけ「マネージドサービス」と比較するとコストは割高になります。社内で管理担当者をアサインした場合を想定し、コスト比較を行なった上でサービスを検討してください。

また、フルマネージドサービスはすべてを外部委託するため、マネージドサービス同様にノウハウを自社に蓄積することはできません。中長期的な人材育成を視野に入れている場合は、フルマネージドサービスは避けた方が良いでしょう。

マネージドサービスとフルマネージドサービスの違い

セキュリティ診断とアップデート対応

マネージドサービスの場合

マネージドサービスでは、ユーザーが自身でセキュリティ診断を実施して、アップデートの適用可否を判断する必要があります。適用時のメンテナンスページ切り替えもすべてユーザー側の作業であり、サービス提供会社はアップデート作業を実施するのみです。

フルマネージドサービスの場合

フルマネージドサービスはサービス提供会社が脆弱性情報を収集して、アップデートの適用可否を判断します。必要なものはユーザーと協議した上で適用を実施し、メンテナンスページ切り替え等も含めて、サービス提供会社が作業を巻き取ります。

サービス障害時の対応

マネージドサービスの場合

マネージドサービスの場合、サービス障害時の対応は検知のみであるケースがほとんどです。ユーザーが指示をすればリブート(再起動)等を実施しますが、検知内容の精査やリブート判断はユーザー側の作業になります。また、原則としてマニュアルに沿った対応に留まり、サーバー設定変更などはユーザーが具体的に指示する必要があります。

フルマネージドサービスの場合

フルマネージドサービスでは、検知だけでなく障害原因の調査までをサービス提供会社が実施し、リブート(再起動)が必要な場合はリブートまで実施します。このようにサービス障害時における必要作業は、各種判断も含めて一気通貫でアウトソーシングすることが可能です。さらに対応マニュアルがなくても、サービス提供会社のエンジニアが原因調査、設定改善などを能動的に実施します。

設定変更

マネージドサービスの場合

マネージドサービスでは、ユーザーが設定したい内容をパラメータレベルで指定する必要があります。つまり、サーバーに関する一定の知識が求められることになります。

フルマネージドサービスの場合

フルマネージドサービスでは、相談ベースでサービス提供会社に依頼することが可能です。専任のエンジニアが設定要望や目的を考慮して、最適な設定を提案してくれます。専門知識がなくても設定変更を進められる点は、フルマネージドサービスの大きな魅力であると言えます。

改善提案

マネージドサービスの場合

マネージドサービスの場合、ユーザー自身がオプションサービスなどを選択し、能動的に改善提案を行なう必要があります。また、改善に繋がるサービスを見つけることもユーザー側に求められる作業です。

フルマネージドサービスの場合

フルマネージドサービスの場合は、知識が無くても専任のエンジニアに実現したい内容を相談すれば、改善提案を受けることが可能です。プロの目線から多角的な提案を行なってくれるため、スピーディーな運用改善が可能になります。

サーバー管理者の責任範囲

マネージドサービスの場合

マネージドサービスの場合は、サーバー管理の責任はユーザー側となるケースが一般的ですが、フルマネージドサービスでは、管理業務に対してサービス提供会社が責任を持つ契約となることが多いです。

フルマネージドサービスの場合

フルマネージドサービスは、サーバー管理者の責任も含めてアウトソーシングできます。そのため、安心して日々の運用を進めていくことができます。

自社に合ったサービスの選び方

マネージドサービスがオススメのケース

できるだけ費用をかけたくない場合は、マネージドサービスの利用がオススメです。

委託できる範囲は限られますが、その分発生するコストを最小限に抑えることができます。ただし、決められた範囲以外は自社で管理・運用する必要があるため、サーバー管理者やITエンジニアなどの人材が必要になる点は注意してください。

マネージドサービスを検討する際は、自社とサービス提供会社との間で、作業や責任範囲を明確にしておくことが大切です。トラブルに発展しないように事前に細かく決めておきましょう。

フルマネージドサービスがオススメのケース

サーバー管理業務を完全にアウトソーシングしたい場合は、フルマネージドサービスの利用がオススメです。

マネージドサービスよりも費用は高くなりますが、すべての作業を外部へ委託することが可能になり、自社リソースを生産的な業務に割り当てることができるため、企業経営に関わる重要なポイントに集中することができます。

自社の目的、課題、予算などを踏まえながら、サービス提供会社と連携しつつ検討していきましょう。

まとめ

本記事では、マネージドサービスとフルマネージドサービスの違いと、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。

現在、サーバー管理のアウトソーシングは急速に普及しており、さまざまな企業がマネージドサービスやフルマネージドサービスを利用しています。これらの活用により、サーバー管理の工数を大幅に削減することが可能になり、生産性の高い業務にリソースを集中することができます。

マネージドサービスはコストを抑えられる反面、作業範囲が限定的であり、フルマネージドサービスはコストが高い反面、すべてを任せることができます。どちらも一長一短な部分がありますので、自社の目的や予算を踏まえながら、最適なサービスを選ぶことが大切です。

本記事を参考にして、サーバー管理のアウトソーシングを検討してみてはいかがでしょうか。



弊社トップゲートでは、 Google Cloud 、または Google Workspace(旧 G Suite) 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。導入前に懸念点を解決したい方、そもそも導入した方がいいのかをお聞きしたい方はお気軽にお申し込みください!

お申込みはこちら

サーバー管理のアウトソーシングにご興味がある方におすすめの記事をご紹介!

最後までご覧いただきありがとうございます。トップゲート編集部がこの記事を読んだ方におすすめしたいGCP関連の記事を厳選します。GCPは、サーバー管理のアウトソーシングできるサービスの一つです。

GCPの料金体系に関する記事、GCPとAWSの料金比較に関する記事、3大クラウドの比較記事をピックアップしました。ご興味ある記事をぜひご覧ください!

GCPの料金体系を徹底解説!GCP活用に必要な準備とは?

【2020年最新】GCPとAWSでの利用料の費用(コスト)比較をしてみた!

サービス概要からGCPの想定利用料を計算してみよう!コスト試算のやり方紹介

3大クラウドAWS、Azure、GCPの機能を比較したら見えてきたサービスごとの違いと特徴とは?

GCPはどこで契約すれば良い?メリットが多い代理店経由がオススメ



弊社トップゲートでは、TOPGATE Broadcaster と称してウェビナーを定期開催しております。

  • クラウドに関すること
  • Google Cloudの最新情報やお役立ち情報
  • テレワークに関すること

など、 仕事で差がつく情報を忙しいビジネスパーソンのために短時間でコンパクトにお届けしております。

参加者さまからの「わかりやすかった」「勉強になった」など好評いただいております。取っ付きにくい内容も講師がわかりやすく解説しておりますので、お気軽にご参加ください。

TOPGATE Broadcasterの情報はこちら



メール登録者数3万件!大人気TOPGATE MAGAZINEにご登録いただけますと、TOPGATE Broadcaster の情報があなたのメールボックスに届きます。
他にも、Google Cloud、Google Workspace(旧G Suite) 、TOPGATEの最新情報満載!

メルマガ登録はこちら

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

Google Cloud・Google Workspace のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
お問合せフォーム