クラウドで自社にあったカスタマイズは可能か?オンプレ利用者の悩みを解決!

エンジニアブログ

投稿日:2020/10/23 | 最終更新日:2020/11/05

デジタル庁の新設で注目されているIT化やDX(デジタルトランスフォーメーション)ですが、自社もその波に乗らなければいけないと圧を感じているIT担当者もいるのではないでしょうか?

多くの企業でまず取り掛かり始めるのがオンプレミスなシステムのクラウド化です。

今回は代表的なクラウドの形式やサービスについて取り上げ、自社のDXに必要なクラウドの形を探ってるIT担当者にクラウドの利活用方法をご紹介します。

オンプレミスとクラウドの違いを理解してから、ご覧いただいた方がスムーズかと思います。以下の記事を参考にしてみてください。
オンプレミスとクラウドの違いとは?メリット&デメリット、移行の注意点も解説

クラウドの種類(SaaS, PaaS, IaaS)

クラウドには様々な利用形態があります。

SaaS(ソフトウェア)

今一番クラウドの利用形態でイメージされるものです。利用者はシステムの管理、メンテナンスを一切することなく、提供されているアプリケーションのみを活用することができます。

PaaS(プラットフォーム)

データベースなどシステムの根幹となる部分を利用する形態です。クラウドに適合した製品やサービスがあり、ライセンスも専用のものが用意されています。

IaaS(インフラストラクチャ)

従来のデータセンターを利用するようなイメージに一番近いです。DBやOSなどミドルも含めクラウド利用者がメンテナンスします。

さらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
図解でわかる!SaaS、PaaS、IaaSの違いとクラウドサービスとの関係性について

クラウド導入のハードル

どこに行ってもクラウドと持て囃されているように見えますが、クラウド導入に慎重な所も少なくありません。どういったハードルがあるのでしょうか?大きく分けて3つあります。以下で詳しく説明をします。

セキュリティ

基本的なパブリッククラウド(AWS,Azure,GCPなど)はインターネット上に公開されています。そこに自社のシステムを持ち込むということは、重要な個人情報などの情報資産をインターネットに公開するのと同じことになるため、各社セキュリティ対策には大きな労力を投じています。

例えばGoogle Cloudは毎年1兆円近いネットワークへの設備投資を行い、セキュアなプライベートネットワークを ISP(インターネット接続事業者)と相互接続しています。

クラウドを扱える人材

広く浸透してきているとはいえ、クラウドエンジニアの人員はまだまだ足りません。昨今の開発スピードの速さからドキュメントが残りづらくなり、担当者が居なくなっただけでメンテナンスできないという事も少なくないでしょう。

人材獲得競争も激化し採用が困難になっていますので、自社でエンジニアを育成する方針の企業も増えてきています。エンジニア教育には無料で各クラウドが提供しているチュートリアルが受けられる他、有料の書籍、ベンダーのハンズオン、動画トレーニングサービスなど充実しています。

クラウドエンジニアについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

クラウドエンジニアとは何か?仕事内容・必要スキル・資格・将来性を徹底解説!

学習方法に関しておすすめの記事は以下にてご確認ください。

Google Cloudの効率的な学習方法とは?4つのおすすめ方法をご紹介!

Google Cloud認定資格とは?本気で目指すならGCPトレーニングがオススメ

クラウドのカスタマイズ

各パブリッククラウドには最初から提供されているサービスが多く存在しますが、自社の業務に合わせたシステムを持ち込むとなると、ライセンスなど含め様々な課題があり、カスタマイズは必須となります。

クラウドを自社に最適にカスタマイズできるのか?

これらのハードルを乗り越えてオンプレミスからクラウドへの移行ができるのかについて、利用形態毎に確認してみましょう。ここでは以下のような要望があることを想定しています。

  1. 業務システムのクラウド利用
    今までオンプレミスで社内からしか接続できなかったものを、テレワークなどでも利用できるようにしたい。重要な個人情報等は社外に出せないようにする。

  2. BCP(事業継続計画)対策
    東京と大阪で一箇所以上ずつ拠点を用意し、今まで遠隔地にテープなどでバックアップを保管していた運用をなくしたい。

SaaSで、自社に最適なカスタマイズができるのか?

パブリッククラウド単体では不可能です。データはクラウド上にありますし、自社にあったカスタマイズも機能以上の範囲ではできないです。

今すぐ簡単に安価でサービスを利用したいときはSaaSがおすすめです。

PaaSで、自社に最適なカスタマイズができるのか?

ミドルウェア以上の領域でカスタマイズができます。

データベースなど何らかの要件がありメンテナンスはクラウド事業者に任せたいときはPaaSです。

IaaSで、自社に最適なカスタマイズができるのか?

ほぼ自由にカスタマイズ可能です。各クラウド毎のネットワーク部分について、管理範囲以上には触れませんが、その中で作成するサーバーやセキュリティはオンプレミス時の設計を流用できるでしょう。

今までと同じような形でシステムをクラウドに持ち込みたいときはIaaSです。

見ていくとオンプレからの移行ではIaaSが一番向いているように見えますが、データベースを自分たちで構築した場合、個人情報が社外に保持されている状況になります。

システムの利便性と情報資産の保護、それらの両立を可能とする形態にハイブリッドクラウドがあります。

クラウド移行に関するおすすめ記事は以下になります。
クラウド移行の王道はLift & Shift!概念からGCP における3つのやり方をご紹介

Google Cloudへの移行方法と手順をご紹介!移行を考える際に知っておくべきこと

ハイブリッドクラウドとは

ハイブリッドクラウドはインターネットで公開されてるパブリッククラウドと、自社のみの閉じた領域で使っているプライベートクラウドやオンプレミスを組み合わせた仕組み・方法の事を言います。

ハイブリッドクラウドで自社のシステムをカスタマイズする方法

先程の要望についてハイブリッドクラウドで解決していきます。

  1. 業務システムのクラウド利用
    クラウドのWebシステムとオンプレミスのデータベースを連携させて、利用はクラウドで、データはオンプレミスでという方法があります。

  2. BCP(事業継続計画)対策
    大手クラウドサービスの場合、各国や各地域毎にリージョン(データセンター)を所有しており、クラウド上で作成する際に設定できます。東京と大阪でそれぞれリージョンを作成しておき、バックアップもそれぞれ取得し合うことで、不測の自体が発生したときの役に立ちます。

ハイブリッドクラウドにはどんなサービスがあるのか?

残念ながら、ハイブリッドクラウドは要望にあった鉄板の設計や事例というものはありません。自社の環境にあった方法を模索していく形になります。

各クラウドベンダーが提供しているハイブリッドクラウド向けサービスをチェックし、自社のIT化やDXを推進してみてはいかがでしょうか?

Google Cloudの場合における具体的なサービス構成は?

今回は、3大クラウドの一つであるGoogle Cloudでの具体的なサービスをご紹介します。

Cloud Interconnect

GCPへの閉域網接続(専用線)を提供するネットワークサービスです。Googleへ直接接続ができる Dedicated Interconnect、ISP経由で接続するPartner Interconnectがあります。

Dedicated Interconnectではクラウド-オンプレミス間で10 Gbps以上の通信回線が求められる業務システムでもニーズに答えられる品質があります。そこまで必要な要件がない場合はPartner Interconnectか通常のインターネットVPN(Cloud VPN)サービスを利用します。

スナップショット

ディスクを丸ごとバックアップする標準サービスです。最初にフルバックアップを取得したあとは増分バックアップとなるので保存コストも所要時間も少ないのが特徴です。

VPC作成時にルーティングモードを「グローバル」に設定しておくことで、別リージョンへのリストアも一瞬で可能となります。ファイル単位でバックアップしたい場合は Cloud Storageを使います。

ぜひ、Google Cloudを活用しハイブリッドクラウド構成であなたのお悩みを解決してみてはいかがでしょうか?



弊社トップゲートでは、 Google Cloud 、または Google Workspace(旧G Suite) 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。導入前に懸念点を解決したい方、そもそも導入した方がいいのかをお聞きしたい方はお気軽にお申し込みください!

お申込みはこちら

ハイブリッドクラウドに関連するおすすめ記事

最後までご覧いただきありがとうございます。トップゲート編集部がこの記事を読んだ方におすすめしたいハイブリッドクラウド関連の記事を厳選します。

ご興味ある記事をぜひご覧ください!

ハイブリッドクラウドに関してさらに理解を深めたい方は以下の記事がおすすめです。
【トップゲート 主催】Google Cloud ハイブリッドクラウドセミナー体験レポート

Google Cloud のネットワークセキュリティに関して理解を深めたい方におすすめの記事は以下です。
ゼロからわかる!GCPのネットワークセキュリティの全体像

また、弊社トップゲートでもご相談を承れますので、お気軽にお問い合わせください。



メール登録者数3万件!TOPGATE MAGAZINE大好評配信中!
Google Cloud、Google Workspace(旧G Suite) 、TOPGATEの最新情報満載!

メルマガ登録はこちら

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

GCP・G Suite のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
TEL.03-5840-8815
お問合せフォーム TEL.03-5840-8815