クラウド導入を成功させるための鍵!クラウドアーキテクトを徹底解説!

クラウド導入を成功させるための鍵!クラウドアーキテクトを徹底解説!

エンジニアブログ

投稿日:2021/02/13 | 最終更新日:2021/03/10

「クラウドアーキテクト」という言葉をご存知でしょうか?クラウドアーキテクトは重要な役割を持っており、クラウド導入を成功させるための鍵になります。

本記事では、クラウドアーキテクトの基礎的な内容や、求められるスキルなどを一挙にご紹介します。また、クラウドアーキテクトを目指すための方法もご説明していますので、ぜひ最後までご覧ください。

クラウドとは?

クラウドとは「インターネット上の仮想基盤」を意味する言葉です。PCやスマホなどの端末にデータを保存するのではなく、インターネット上に存在する仮想空間(サーバー)に保存して、運用することを「クラウド化」と言います。

クラウドと対比的に使われる言葉が『オンプレミス』です。オンプレミスは、サーバーやネットワーク機器を物理的に自社に設置して、システム構築・運用する形態のことを指します。

オンプレミスでは、膨大なコストや長い開発期間がネックになっていましたが、クラウドは既に完成している環境を利用するため、コストを抑えることができ、サービス契約後すぐに使い始めることが可能です。

このように多くのメリットを得られることから、現在は多くの企業がクラウドを採用しています。

クラウドに関して一層理解を深めたい方は以下の記事がオススメです。

オンプレミスとクラウドの違いとは?メリット&デメリット、移行の注意点も解説

クラウドとオンプレミスの減価償却と会計処理・税務処理について

オンプレミス、クラウド開発における違いとそれぞれの特徴とは?

クラウドアーキテクトとは

言葉の意味

アーキテクト( Architect )は「建築家」や「設計者」をあらわす英単語であり、IT分野においては、システムやサービスの全体設計を行う人材を意味する言葉です。クラウドアーキテクトは、その名の通り「クラウドに特化したアーキテクト」であり、クラウド分野のプロフェッショナルであると言えます。

役割

クラウドアーキテクトの役割は、自社のクラウドコンピューティング戦略を策定し、社内のクラウド活用を推進することです。コスト削減や生産性向上などを目的として、幅広い視点からクラウドの有効活用に向けて活動を行うことが、クラウドアーキテクトの主なミッションになります。

仕事内容

クラウドアーキテクトの仕事内容は多岐にわたります。例えば、社内におけるクラウドの導入計画の策定、導入するクラウドサービスの選定、クラウド環境の全体設計、クラウド導入後の管理運用、などが挙げられます。

将来性

近年、テレワークの普及に伴い、自社のインフラ環境をオンプレからクラウドへ移行する企業が増加しています。そのため、クラウドの導入や設計を推進するクラウドアーキテクトの需要も伸びています。

さらに「ビッグデータ」や「IoT」など、クラウドサービスに関連する新技術も次々に生み出されています。新しいテクノロジーは、企業の成長に必要不可欠なものであるため、この観点からも、クラウドアーキテクトの将来性は明るいと言えます。

クラウドアーキテクトがクラウド導入を成功させる鍵

クラウド導入を成功させるためには、クラウドアーキテクトが重要な鍵を握っています。

現在、クラウドサービスの種類は多様化しており、それぞれのサービスに異なる特徴や強みが存在します。そのため、「何でも良いからクラウドを導入しよう」という訳にはいきません。

各クラウドサービスの特徴を正しく理解し、自社が実現したいことを明確にした上で、中長期的な目線でクラウドサービスを導入することが大切です。

そのためには、クラウドアーキテクトが自社の課題や現状を正確に把握し、適切なクラウドサービスを慎重に選ぶ必要があります。

例えば、特定部署の課題を解決するためにクラウドサービスを導入したものの、その部署以外はクラウドを有効活用できなかった、というケースはよくある話です。会社の全体効率化に繋がらなければ、クラウド導入の意味は薄れてしまいます。

クラウドアーキテクトは特定部署に属するものではなく、会社全体を広い目線で俯瞰してクラウド活用を推進する役割を担っているため、自社にとって効果的なクラウド導入を実現する上で、とても重要な存在であると言えます。

クラウドアーキテクトに求められるスキル

会社経営に直接的な影響力を持つクラウドアーキテクトは、迅速かつ正確にさまざまな判断を行うために多くのスキルが求められます。

以下、代表的なスキルをいくつか挙げておきます。

  • クラウド全般に関する知識
  • アプリケーションに関する知識
  • セキュリティに関する知識
  • アウトソーシングと外部ホスティングに関する知識
  • コーポレートガバナンス
  • I & O(インフラストラクチャとオペレーション)
  • ITSM ・ ITOM ( IT サービスマネジメント・ IT オペレーションマネジメント)
  • コミュニケーション力
  • 財務・法務的な視点
  • リーダーシップ
  • 社内啓発

クラウドやアプリケーションに関する技術的な知識はもちろんのこと、安全にサービスを運用するためのセキュリティ知識や、アウトソーシング及び外部ホスティングに関する知識も求められます。

また、クラウドを組織で適切に運用していくためのコーポレートガバナンス、I & O 、 ITSM ・ ITOM などのスキルが必要になる他、関係者と円滑にプロジェクトを進めていくためのコミュニケーション力も重要です。

さらに、クラウド導入に対する費用対効果を測るための財務的観点や、正しいコンプライアンスを実現するための法務的観点もクラウドアーキテクトにとって大切なスキルのひとつです。

加えて、サービス導入後にクラウドの社内促進を進めていくためのリーダーシップや社内啓発も重要です。

このように、クラウドアーキテクトに求められるスキルは多く、自社のクラウド活用を多角的に推進するために、幅広い知識を身に付けておく必要があります。

クラウドアーキテクトになるための方法

クラウドアーキテクトを目指すためには、さまざまな方法があります。代表的なものをいくつかご紹介します。

未経験 OK の企業で経験を積む

現在クラウドアーキテクトとして活躍している人でも、全員がはじめから豊富な知識や経験を持っているわけではありません。まずは未経験 OK の企業に就職し、実務経験を積みながらクラウドアーキテクトを目指すのも選択肢のひとつです。

クラウドアーキテクトを含めた技術系の求人は、実務経験を求められるケースが一般的ですが、中には未経験で入社できる企業も存在します。自分自身の強みやビジョンをアピールし、企業が持つ考え方とマッチすれば、採用される可能性は十分にあります。

クラウドアーキテクトには実務経験も求められるため、企業で働きながらスキルや知識を身に付けることは、とても有効な手段になります。

書籍による独学

クラウドアーキテクトの関連書籍は多く出版されているため、独学することも可能です。たくさんの種類が存在するので、自分に合ったものを選ぶようにしてください。

なお、クラウドアーキテクト関連の書籍は、サービスごとに分かれているケースが多いです。まずは「どのクラウドサービスをメインに学習するのか」を明確にしましょう。

以下、3大クラウドサービスである「 Google Cloud 」、「 Azure 」、「 AWS 」について、推奨書籍をご紹介します。どれもサービスを基礎から学べるため、独学を進めるにはオススメの内容となっています。

オンライン講座・トレーニング

クラウドベンダーの中には、自社オリジナルのオンライン講座やトレーニングメニューを提供している会社が多く存在します。これらを活用して、クラウドアーキテクトを目指すこともオススメです。

経験豊富なプロから教えてもらうことで、自分だけでは解決できない部分をクリアしながら進めていくことができます。また、学習カリキュラムも体系化されているため、クラウドアーキテクトに必要なスキルを最短ルートで身に付けることが可能です。

クラウドアーキテクトを目指すなら Google Cloud 認定資格 がオススメ

「 Google Cloud 」、「 Azure 」、「 AWS 」の3大クラウドサービスのうち、クラウドアーキテクトを目指す上でオススメなのが Google Cloud です。

Google は 「 Google Cloud 認定資格」という公式資格を発表しており、同資格の取得に向けて学習することが、クラウドアーキテクトへの近道です。本章では、Google Cloud 認定資格がオススメな理由をご説明します。

Google Cloud 認定資格については、以下の記事が参考になります。
Google Cloud認定資格とは?本気で目指すならGCPトレーニングがオススメ

クラウド全般のスキルアップが可能

Google Cloud認定資格は、クラウド分野に関連するあらゆる領域をカバーしています。そのため、資格取得に向けて勉強することで、Google Cloud のみならずクラウド全般に関する知識を高めることができます。

また、Google Cloud 認定資格は「覚えれば良い」というものではなく、実践的な内容が多く出題されるため、単なる知識のインプットだけに留まらず、実業務にも活用できる本質的な実力を身に付けることが可能になります。

「稼げる認定資格」で1位にランクイン

米Global Knowledge Training LLC.の独自調査「稼げる認定資格 Top15 2020年版」では、Google Cloud 認定資格が2年連続でトップにランクインしています。また、年収の伸び率も”昨年比26%増”と大幅増加を記録しています。

さらに、Google Cloud 認定資格は信頼の証になるため、個人の技術者としての信頼性を高められるという観点からも、クラウドアーキテクトを目指す上で重要な意味を持っています。

トップゲートの GCP トレーニングがオススメ

Google Cloud の学習には、 GCP トレーニングが効率的です。幅広いラインナップが揃っているため、自分に合ったコンテンツを選択することができますし、プロの目線から質の高いアドバイスを受けることが可能になります。

本章では、数多く存在する Google Cloud パートナーの中で、トップゲートの GCP トレーニングがオススメの理由をご説明します。

豊富なトレーニング実績

日本では、2017年から複数ベンダーが GCP トレーニングを開始しましたが、トップゲートは他社にさきがけ、2014年に国内初のトレーニングパートナーとして認定されています。

これまで、トップゲートは910社4,100名を超える方々を対象に GCP トレーニングを行ない、実績を積み重ねてきました。そのため、受講者は安心して GCP トレーニングに臨むことができ、自身のスキルアップに集中することができます。

講師全員が Google 認定オフィシャルトレーナー

トップゲートの講師は、全員が Google Cloud のプロフェッショナル資格を有し、 Google 社の厳しい認定試験をクリアしています。

IT 業界で経験豊富な講師によるトレーニングは、顧客満足度評価において国内トップクラスの評価を得ています。自社開発関連業務の知見を活かした実体験を交えたレクチャーのため、より具体的に内容をイメージすることができます。

多様なニーズに合わせたトレーニングメニュー

トップゲートでは、受講者のニーズに合わせた様々なトレーニングメニューを提供しています。そのため、目的やレベルに応じた最適なトレーニングを受講することができ、最短距離で成果を出すことが可能です。

以下、トップゲートが提供している GCP トレーニング(オフィシャルコース)の一覧です。 GCP トレーニングに関する詳細はこちらをご参照ください。

万全なアフターフォロー

トップゲートの場合は、トレーニングを受けて終わりではありません。講師に直接質問できるアフターフォローサービス制度があるため、途中で挫折することなく、納得いくまで Google Cloud についての理解を深めることができます。

まとめ

本記事では、クラウドアーキテクトの基礎的な内容、求められるスキル、目指すための方法などを一挙にご紹介しました。

企業がクラウドを導入・運用する上で、クラウドアーキテクトは必要不可欠な存在であり、クラウドが広く普及している現代において、その重要性は益々高まっています。

クラウドアーキテクトを目指すのであれば、Google Cloud 認定資格を中心に学習を進めることがオススメです。クラウド全般に関する実践的なスキルを身に付けることができ、資格取得によって技術者としての価値も大きく高まります。

そして、 Google Cloud 認定資格を目指すためには、トップゲートの GCP トレーニングがオススメです。豊富な実績と優秀な講師陣が学習を強くサポートします。また、トレーニングメニューやアフターフォローも充実しており、多くのメリットを享受することができます。

本記事を参考にして、本格的にクラウドアーキテクトを目指してみてはいかがでしょうか。



弊社トップゲートでは、 Google Cloud Platform(GCP) 、または 50ID以上のGoogle Workspace(旧G Suite) 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。導入前に懸念点を解決したい方、そもそも導入した方がいいのかをお聞きしたい方はお気軽にお申し込みください!

トップゲート経由でGCPをご契約いただけるとGCPの利用料金はずっと3%オフとお得になります!

お申込みはこちら

クラウド移行、導入にご興味がある方におすすめの記事をご紹介!

最後までご覧いただきありがとうございます。トップゲート編集部がこの記事を読んだ方におすすめしたいGCP関連の記事を厳選します。GCPの料金体系に関する記事、GCP移行に関する記事、初めてGCPに触れる方向けのアプリケーション開発に関する記事をピックアップしました。

ご興味ある記事をぜひご覧ください!

GCPの料金体系を徹底解説!GCP活用に必要な準備とは?

Google Cloudへの移行方法と手順をご紹介!移行を考える際に知っておくべきこと

簡単!便利!GCPでWordPress環境を立ち上げてみよう!

初めてでも簡単!本番環境でも安心!GCPでアプリケーションを開発してみよう!

GCPはどこで契約すれば良い?メリットが多い代理店経由がオススメ

弊社トップゲートでは、TOPGATE Broadcaster と称してウェビナーを定期開催しております。

  • クラウドに関すること
  • Google Cloud Platform(GCP) の最新情報やお役立ち情報
  • テレワークに関すること

など、 仕事で差がつく情報を忙しいビジネスパーソンのために短時間でコンパクトにお届けしております。

参加者さまからの「わかりやすかった」「勉強になった」など好評いただいております。取っ付きにくい内容も講師がわかりやすく解説しておりますので、お気軽にご参加ください。

TOPGATE Broadcasterの情報はこちら

メール登録者数3万件!大人気TOPGATE MAGAZINEにご登録いただけますと、TOPGATE Broadcaster の情報があなたのメールボックスに届きます。
他にも、Google Cloud Platform(GCP) 、Google Workspace(旧G Suite) 、TOPGATEの最新情報が満載!

メルマガ登録はこちら

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

GCP・Google Workspace のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
お問合せフォーム