Google Cloudパートナーとは?種類、役割、メリットまで徹底解説!

Google Cloudパートナーとは?種類、役割、メリットまで徹底解説!

GCP

投稿日:2021/02/04 | 最終更新日:2021/10/20

全世界で多くの企業に利用されている Google Cloud 。ハイスベックかつ便利な機能を多数備えているサービスであり、自社導入を検討されている方もいらっしゃると思います。

Google Cloud の導入には、 Google との直接契約とパートナー経由の2パターンが存在します。多くの企業がパートナー経由で契約していますが、Google Cloud のパートナーがどのようなものか、ご存知でしょうか?

本記事では、 Google Cloud のパートナー企業について、役割、パートナー経由で契約するメリットなど、詳しくご紹介します。 Google Cloud の導入を検討している方は、ぜひ参考になさってください。

Google Cloudとは

Google Cloud は、 Googleが提供するパブリッククラウドサービスです。同じ種別のサービスとしては、 Microsoft 提供の「 Azure 」や Amazon 提供の「 AWS 」などが挙げられます。

Google Cloud は、セキュアで高い安定性を持つ Google の IT プラットフォーム環境を自社で利用することができます。ビッグデータや機械学習における活用のほか、 Google Workspace との連携など、『クラウド利用を越えた先の IT 戦略』をシームレスに実現することが可能です。

また、月間60億時間分の動画を再生する YouTube や、10億人のユーザーが利用している Gmail と同じインフラをベースとしているため、高速で安定したパフォーマンスとスケールを実現します。さらに、第三者認証取得のハイレベルなセキュリティを備えているため、安心して実業務に利用することができます。

加えて、優れたデータ解析ツール、「 BigQuery 」が用意されているため、一部のエキスパートだけでなく、組織全体でデータを活用し、経営戦略の策定や業務改善に繋げていくことが可能です。

Google Cloud パートナーとは

概要

Google は「パートナー制度」というものを採用しています。各企業は、 Google からパートナーとして認められることで、商品の提供が可能になります。パートナー制度の認定には、豊富な経験や高度なスキルが求められます。

Google Cloud だけではなく、 Azure や AWS など、他のパブリッククラウドサービスでも同様に、クラウド事業者がパートナー制度を採用しています。

役割

Google Cloud パートナーの役割は多岐にわたり、顧客の Google Cloud 導入までの流れをすべてサポートします。

例えば、サービス導入前に顧客要件をヒアリングして、事前に全体設計を行ったり、最適な運用を提案します。また、 Google Cloud の契約もパートナー経由で行うことができ、導入後のアフターフォローもパートナーが責任を持って担当します。

ランク

Google Cloud をはじめとした多くのパートナー制度には『ランク』という概念があり、各パートナーは事前に決められた定義に沿ってランク付けがされています。

Google Cloud のパートナー制度では以下3つのランクが存在します。各ランクの詳細は機密情報なのでお伝えできませんが、公開可能な範囲で記載しています。

メンバー ほぼ全ての企業が無条件で認定される
パートナー 技術認定試験、セールス認定試験を保持した社員が在籍
Serviceエンゲージメントでは、マネージドサービスプロバイダ(以下 MSP )件のプロフェッショナルレベル資格が必要
プレミア 技術認定試験、セールス認定試験を保持した多数の社員が在籍
3件以上の外部に公開できる実績がある
年間の取引額が一定以上

Google Cloud 公式ページにパートナーに関するページが用意されています。

エンゲージメントモデル

エンゲージメントモデルとは、 Google Cloud のパートナーとして「どのような取り組みを行うか?」というカテゴリのことです。 Google Cloud のエンゲージメントモデルは、以下の3種類に分けられます。

Sell エンゲージメントモデル

Sell エンゲージメントモデルは、Google Cloud をはじめとした Google 製品をお客様に代理販売するモデルです。 Google Cloud 以外のサービスとしては、Google Workspace や Chromebook などが挙げられます。

Service エンゲージメントモデル

Service エンゲージメントモデルは、 Google Cloud に付随するサービスを提供するモデルです。お客様に Google Cloud の運用コンサルや認定トレーニングを提供し、 Google サービスの利用を活性化したり、お客様社内のナレッジ向上を実現します。

Build エンゲージメントモデル

Build エンゲージメントモデルは、Google Cloud 上で動作する独自ソリューションを開発・提供するモデルです。 Google Cloud のプロダクトを利用して開発したシステムやアプリケーションをお客様に提供します。

活動分野

前章でご紹介した各エンゲージメントについて、さらに活動分野が4つに分かれています。

  • 技術
  • ビジネス
  • マーケティング
  • セールス

活動分野ごとに Google から特典が用意されており、パートナーは特典を活用しながら次のパートナーレベルを目指します。特典内容は、金銭的なインセンティブや限定トレーニングなど、様々なものが用意されています。

Google Partners プログラムとの違い

Google Cloud パートナー制度と似たものに「 Google Partners プログラム」があります。名前が似ているため混同されがちですが、この2つはまったく異なるプログラムです。

Google Partners プログラムは、「 Google 広告」のアカウントを管理する広告代理店などを対象としたものであり、プログラムに参加すると、限定イベントやトレーニング、業界情報など、多くの特典を受けることができます。

つまり、「 Google Cloud パートナー制度」は、Google Cloud のプロダクト(製品)を対象としたプログラムであるのに対して、「 Google Partners プログラム」は、Google 広告を対象としたブログラムです。

名前は似ていますが、まったく異なる内容になりますので、間違えないように理解しておきましょう。

Google Cloudのスペシャライゼーション

スペシャライゼーションとは、Google Cloud のパートナーに与えられる「専門分野の認定」です。特定分野における専門知識および Google Cloud のプロダクトに精通していることを証明するものであり、以下の15カテゴリに分類されています。

  • 1.IoT
  • 2.アプリケーション開発
  • 3.インフラストラクチャ
  • 4.クラウドへの移行
  • 5.セキュリティ
  • 6.データ分析
  • 7.マーケティング分析
  • 8.ワークスタイルの変革
  • 9.ワークスタイルの変革 – 企業
  • 10.位置情報を利用したサービス
  • 11.機械学習
  • 12.教育
  • 13.インフラストラクチャ – トレーニング
  • 14.セキュリティ – トレーニング
  • 15.データ分析 – トレーニング

また、スペシャライゼーションを取得するためには、以下のような条件が存在します。

  • 特定分野において、関連する Google Cloud 認定資格を所有している作業員を一定数雇用していること
  • 特定分野において、顧客の成功事例が提示できること
  • 特定分野におけるビジネスプランが提示できること
  • Google からの技術評価や提供したソリューションの審査に合格していること

このように Google Cloud のスペシャライゼーションには多くの種類が存在し、取得するためには様々な条件を求められます。パートナーを選ぶ上では、とても有効な判断指標になると言えるでしょう。

パートナー経由で Google Cloud を契約するメリット

料金面での優遇を受けることができる

Google 公式サイトで申し込んだ場合は、「300ドル相当の無料クレジット」が付帯されています。もちろん、このクレジットもお得なのですが、実際はパートナー経由で契約した方が料金面で優遇されるケースが多いです。

スマホやネット回線の契約では、代理店独自のお得なキャンペーンが用意されていることが多いですよね?

これと同じイメージで、 Google Cloud もパートナー独自の割引や特典を適用することができ、好条件で Google Cloud を契約することができます。

プロに相談しながら導入を検討できる

Google からの直接申し込みの場合は、 Web 上で必要情報を入力し、機械的に契約が進んでいきます。一方、パートナー経由の場合は、担当営業と何度か打ち合わせをする機会が発生します。

そのため、導入後の活用イメージ、不安なこと、疑問点など、 Google Cloud のプロに相談しながら導入を検討することができます。

担当営業の知見や自社の状況に合わせた使い方を教えてもらえるため、安心して検討を進めることができます。

導入後のサポートを受けることができる

Google Cloud は多くの機能を備えており、使い方次第であらゆることを実現できるサービスです。逆に言うと、初めて使う人にとっては「高機能すぎて何をどうしたら良いのかわからない」という状況になるリスクもあります。

パートナー経由で Google Cloud を契約することで、担当営業から導入後のアドバイスを受けることができます。効率的に Google Cloud を運用していく上で重要なポイントを、プロの目線から丁寧に教えてくれます。

また、 Google Cloud は従量課金のサービスのため、計画性なく使ってしまうと予算超過する可能性もあります。そのような観点からも、担当営業と事前に打ち合わせした上で、計画的に Google Cloud を運用していくことをオススメします。

このように、パートナー経由で Google Cloud を契約することで、様々なメリットを享受することができます。

導入後に後悔しないためにも、料金がお得で、かつ、プロにも相談できるパートナー経由での契約がオススメです。

Google Cloud 契約はトップゲートがオススメ

利用料金が3%OFF

トップゲートで契約した場合、「 Google Cloud の利用料金が3%OFF」になります。Google Cloud でプラットフォームを構築したい会社にとっては、これは大きなメリットになります。

Google Cloud の社内利用が活性化すればするほど、利用料金は従量で上がっていくため、この「3%OFF」が会社の財務に大きく響いてきます。

請求書払いが可能

Google との直接契約ではクレジットカードが必要になりますが、トップゲートであれば「請求書払い」が可能です。そのため、煩雑な経理処理を行なうことなく、自社の支払いサイクルに組み込んで、手間なく運用することができます。

また、請求書払いにした場合でも「手数料は0円」という点もメリットの一つです。

導入実績が豊富

トップゲートは2017年、 Google Cloud の「プレミアサービスパートナー認定」を取得しました。「プレミアサービスパートナー」とは、 Google Cloud 導入をサポートする「サービスパートナー」の中で上位となる位置付けです。

加えて、トップゲートは Google 公式のパートナー Award を3年連続で受賞しており、豊富な導入実績を誇ります。そのため、これまで培ってきたノウハウや経験から、 Google Cloud 導入に向けたサポートを安心して任せることができます。

導入後サポートが充実

トップゲートで Google Cloud を契約した場合、無料サポート窓口が付帯しています。支払いトラブルや障害発生など、万が一の場合にサポートを受けることができます。

これから Google Cloud の運用を開始する企業にとって、サポート窓口の存在は大きなメリットになります。

Google Cloud 関連のワンストップ対応が可能

トップゲートでは、システム開発の企画、実装、コンサルティングまで、幅広く導入企業をサポートしています。

他にも、技術サポートや web アプリ開発などの支援も提供しており、プロの目線から最適な Google Cloud の運用方法をご提案します。

また、トップゲートは「日本で最初の Google Cloud トレーニングパートナー」であり、これまでのトレーニング参加者は累計4,100名以上にのぼります。過去のノウハウや経験から、 Google Cloud を「これから使い始める方」または「もっと活用していきたい方」に対して、丁寧でわかりやすいトレーニングを提供しています。

このようにトップゲートでは、 Google Cloud 関連のあらゆるニーズにお応えすることが可能であり、すべてをワンストップで提供しています。

パートナー制度でプレミア認定を取得

トップゲートは、 Google Cloud パートナー制度で最高位の『プレミア認定』を取得しています。プレミア認定を受けるためには、豊富な実績と専門的な知識に加えて、 Google との年間取引額も大切な要素になります。

トップゲートは、自社でも積極的に Google Cloud を使っており、様々なシーンで Google のテクノロジーを活用しています。そのため、机上の空論ではなく、利用者だからこそわかる、現場目線での実践的なアドバイスが可能になります。

Google Cloud の MSP 認定を取得

マネージドサービスプロバイダ(以下 MSP )とは、パートナー認定企業の中でも、クラウドソリューションの開発・提供に深い専門知識を持つことが認められているパートナーだけに与えられる称号です。

Google Cloud に関するスキルと知識を証明するため、詳細な項目にわたる認定を受けている他、第三者による正式検証を経て、トップゲートは Google Cloud の MSP 認定を取得しています。

そのため、トップゲートの開発は、単に指示を受けて開発をするだけには留まりません。自社が培ってきたノウハウを活かして積極的に提案し、コスト削減やシステム実装までの時間短縮を実現します。

まとめ

本記事では、 Google Cloud パートナーについて、基礎的な内容から、役割、パートナー経由で契約するメリットなどをご紹介しました。

Google Cloud を契約する場合は、パートナーとの契約がオススメです。料金面でのメリットに加えて、導入前および導入後のサポートが決定的なメリットになります。

そして、パートナーの中でもトップゲートは「プレミアサービスパートナー認定」を取得しています。導入実績も豊富であり、 Google Cloud 関連のあらゆるニーズに対して、ワンストップでサービスを提供しています。せっかく導入するのであれば、会社で効率的に Google Cloud を運用していきたいですよね?

トップゲートなら、これまで培ってきたノウハウや経験から、プロ目線でのアドバイスを受けることができます。

本記事を参考にして、ぜひトップゲートでの Google Cloud 契約をご検討いただければ幸いです。



弊社トップゲートでは、 Google Cloud 、または20ID以上の Google Workspace(旧G Suite) 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。導入前に懸念点を解決したい方、そもそも導入した方がいいのかをお聞きしたい方はお気軽にお申し込みください!

トップゲート経由でGoogle Cloud (GCP) をご契約いただけるとGoogle Cloud (GCP) の利用料金はずっと3%オフとお得になります!

お申込みはこちら

また、弊社トップゲートでは、Google 技術を利用したアプリケーション開発に関するコンサルティングサービスを行っております。まだ形になっていないアイディアも実現できるような形へ具現化するお手伝いもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。ぜひ詳細はリンク先にて!
コンサルティングの詳細はこちら

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

Google Cloud・Google Workspace のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
お問合せフォーム