ビッグデータの保存先はGoogle Cloudで決まり! BigQueryでデータを管理・分析のすすめ

ビッグデータの保存先はGoogle Cloudで決まり! BigQueryでデータを管理・分析のすすめ

GCP

投稿日:2020/09/23 | 最終更新日:2020/10/11

近年、ビッグデータを活用する企業が増えています。長期的にデータを蓄積し、得られたデータを分析することで、客観的かつ多角的に今後のアクションを決定することができます。

自社でデータ活用を始めたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、ビッグデータの活用方法は多岐にわたり、色々なサービスが各社から提供されています。「数が多すぎてどれが良いのかわからない」と、悩んでいる方は多いと想像しています。

そこで本記事では、データ管理の重要なポイントから、データの保存先としてGoogle Cloudがオススメな理由まで、一挙にご紹介します。また、データの管理・分析に便利な『BigQuery』についても詳しく解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

ビッグデータの概要や活用事例を知りたい方は、以下の記事がおすすめです。
ビッグデータとは何か?7業種のクラウドによるデータ活用事例をご紹介!

データ管理の重要性

AIやIoTなどのテクノロジーの進化に伴い、企業が取り扱うデータ量は増加傾向にあります。今後もデータは増加の一途を辿り、さまざまな観点からデータ管理の重要性が大きくなっています。

例えば、コンプライアンスや法令遵守への対応が挙げられます。有事の際、提出可能なデータが何も残っていない状態では、企業として存続していくことはできません。データを適正に管理し、万が一の事態に備えておく必要があります。

また、データに基づいた経営戦略の策定も一般的になりつつあります。データを活用することで、自社の業務課題を抽出・解決し、コスト削減に繋げることができます。さらにデータを解析して、新たなマーケティング戦略を策定することで、売上アップを実現することも可能です。

最近では、クレームや訴訟への対策としてログをデータで残すことも多くなっています。人がいないような場所でも、IoTやM2Mなどの機械を利用して、あらゆる環境下でさまざまなデータを取得しています。

このように、企業におけるデータの価値は年々高まっています。自社を守り、そして、新たな経営戦略を打ち出して成長していくためにも、膨大なデータを効率的に管理できる経営システムが、すべての企業に求められています。

ビッグデータ管理のポイント

コストを最小限に抑える

ビッグデータを管理するためには、データを置いておくスペースが必要になるため、当然ながらコストが発生します。データを管理するためのサービスは多く展開されており、たくさんの選択肢があります。

自社が保有するデータ量、将来的なスケール、データ活用の目的など、あらゆる要素を明確にし、最適なデータ管理方法を選びましょう。自社の状況に合わせて、サービスの機能を取捨選択し、コストを最小限に抑えることが大切です。

データの消失・漏洩リスクを考慮する

データを管理するにあたり、消失リスクも考えなければいけません。せっかくビッグデータの活用を決めたとしても、何らかの不具合でデータがすべて消えてしまったら、元も子もありません。

また、データの消失リスクに加えて、情報漏洩リスクも注意すべき大切なポイントです。仮に、保有する顧客情報が漏洩してしまった場合には、取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

自社の情報資産を確実に守るために、リスクの少ない管理方法を選びましょう。特にクラウドサービスを活用する場合は、データ保全の信頼性やセキュリティレベルの考慮が必要になります。

長期的に大切なデータを保管する

あらゆる企業にとって、データは立派な財産です。そして、データは長い期間ためればためるほど、その価値は高まります。活用できるデータ量が増えるということは、データから得られる情報の信頼性が上がることを意味します。

つまり、ビッグデータ管理を検討する際は、短期的な目線で『単なる保存先』を探してはいけない、ということです。数十年先を見据えた中長期的な目線で、データを長期間にわたって保管可能なサービスを選定することが大切です。

ビッグデータの保存先はGoogle Cloudがオススメ

Google Cloudとは

Google Cloudとは、Googleが提供しているパブリッククラウドサービスです。同じ種別のサービスとしては、Microsoft提供のAzureやAmazon提供のAWSなどが挙げられます。Google CloudはIaaS・PaaSの領域をカバーしており、用途に応じて利用できる多くの機能がサービスとして提供されています。

Google Cloudの強み

Google Cloudは、高品質なITプラットフォーム環境を『必要な時に、必要なだけ、自由に利用』することができます。そのため、初期導入コストを抑えることができますし、ランニング費用は従量課金なので、自社の状況に合わせて柔軟に対応することが可能です。

Google Cloudは月間60億時間分の動画を再生するyouTubeや、10億人のユーザーが利用しているGmailと同じインフラをベースとしています。そのため、高速で安定したパフォーマンスとスケールを実現します。

さらに、Google Cloudは第三者認証取得のハイレベルなセキュリティを備えており、「SSAE16 / ISAE 3402 Type II:SOC 2/SOC 3」「ISO 27001・FISMA Moderate」「PCI DSS v3.0」など、さまざまな年次監査を受けています。

そのため、前章の「ビッグデータ管理のポイント」として挙げた「データの消失・漏洩リスク」や「長期的なデータ保管」という観点で見ても、Google Cloudの信頼性は高く、安心して実業務に利用することができます。

そして、Google Cloudは『BigQuery』という超優秀なビッグデータ解析サービスを提供しています。BigQueryは100%クラウドで提供されているため、サーバーレスでスケーラビリティがあり、非常にコストパフォーマンスに優れています。ビッグデータの活用において、BigQueryを利用できることは大きなメリットと言えるでしょう。BigQueryの魅力は、次章で詳しくご紹介します。

データをオンプレミスで保有している場合

自社のオンプレミス環境でデータを保有している場合、Google Cloudに変更することで多くのメリットを享受することができます。例えば、オンプレからGoogle Cloudに切り替えることでコスト削減が可能になります。

オンプレ運用はリソースサイズを柔軟に変更できないため、余計なコストが発生するリスクがあります。一方、Google Cloudは従量課金のため、利用した分の料金だけで済みますし、サーバーを保守・運用するための人件費も削減することができます。はじめのデータ移行時はコストが発生しますが、月々のランニングコストは抑えられるため、長期的には会社のコスト削減が期待できます。

また、セキュリティも大切なポイントです。オンプレ運用で堅牢なセキュリティを構築するためには、優秀なエンジニアの確保と多額のIT投資が必要になります。一方、Google Cloudであれば、扱いやすいサービスのため、エンジニアを雇用する必要はありませんし、サービス料金の中にGoogleのハイレベルなセキュリティが内包されているため、追加コストが発生することは一切ありません。

Googleのセキュリティに対する設備投資額は、3年間で294億ドル(約3兆3000億円)に達し、世界中にプライベートネットワークを張り巡らせ、独自開発のセキュリティチップでハードウエアを防御しています。セキュリティの観点から見ても、Google Cloudへ切り替えるメリットは大きいと言えるでしょう。

データを他社クラウドで保有している場合

Google Cloud以外の他社クラウドでデータを保有している場合、BigQuery omniを利用することでデータ分析が可能になります。BigQuery omniは、2020年7月にオンライン開催された「Google Cloud Next ’20」でローンチされたサービスであり、BigQueryエンジンを使って、複数のクラウド上に存在するデータを分析することができるサービスです。

BigQuery omniを活用することで、AWSなどの他社クラウド上にデータが存在していても、データセットをプラットフォーム間で移動することなく、BigQueryエンジンでデータ分析が可能になります。そのため、さらに高速で効率的なデータ分析を実現することができます。

BigQueryでビッグデータを管理・分析するメリット

データの処理速度が早い

BigQueryの特徴の一つが高速なデータ処理です。通常の分析サービスの場合、GB(ギガバイト)程度であれば問題なく分析できますが、TB(テラバイト)規模になるとデータがなかなか返ってこないことが多いです。BigQueryを使えば、さらにその上のPB(ペタバイト)規模のデータも高速で分析して、解を返すことができます。

なんと、約3GB(ギガバイト)のデータ処理に要した時間は『1.2秒』という驚異のスピードです(※)。このように、圧倒的なデータ処理速度を誇るため、自社のデータがどんなに膨大になったとしても、ストレスなく分析を回していくことができます。

※参考記事:【トップゲート主催】StudyJam Google Cloud Platform 無料ハンズオンラボの体験レポート

データベースの専門知識がなくても扱える

BigQueryのようなデータウェアハウスのデータベースは、必ずチューニング作業が必要になります。そして、チューニングをするためには、データベースの専門知識が不可欠なため、スペシャリストを自社に置く必要があります。

しかし、BigQueryの場合はデータベースの専門知識を必要としません。従来のデータベース概念とは異なり、今までデータベースでのクエリでは必須だったインデックスすら不要なため、サービスを運用するハードルが低く、扱いやすい点が大きなメリットと言えます。

コストパフォーマンスが高い

BigQueryは、コストパフォーマンスが圧倒的に優れています。利用料金の目安も1TB(テラバイト)500円程度とリーズナブルな設定になっています。また、データ量を分析前に把握することができるため、処理に要する目安料金が事前にわかる点は、安心してサービスを利用できるポイントと言えます。

プロから運用アドバイスを受けることができる

Google Cloudを販売パートナー経由で導入することで、パートナー企業から運用のアドバイスを受けることができます。Google Cloud(BigQuery)は高機能なサービスであるが故に、活用方法に迷ってしまうケースも多いです。そのようなときに、プロの目線から最適な活用方法を提案してくれる点は、とても大きなメリットになります。

ちなみに弊社トップゲートは「日本で最初のGCPトレーニングパートナー」であり、運用アドバイスとあわせて、ユーザー向けのトレーニングも実施しています。トレーニング参加者は累計4,100名以上にのぼり、過去のノウハウや経験から、Google Cloudを「これから使い始める方」または「もっと活用していきたい方」に対して、丁寧でわかりやすいトレーニングを提供しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。データ管理の重要性やデータ管理において大切なポイントをご理解いただけましたか?企業がビッグデータを保管・活用していくためには、さまざまな観点から、利用するサービスを選ぶ必要があります。

複合的に考えれば、ビッグデータの保存先はGoogle Cloudがオススメです。コスト、可用性、セキュリティなど、あらゆる面において圧倒的なパフォーマンスを誇ります。さらにGoogle Cloudに搭載されているBigQueryを活用することで、費用を抑え、かつ、効率的に企業データを管理・分析することができます。

ビッグデータの活用を検討されている方は、ぜひGoogle CloudならびにBigQueryを選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。



弊社トップゲートでは、 Google Cloud 、または G Suite 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。導入前に懸念点を解決したい方、そもそも導入した方がいいのかをお聞きしたい方はお気軽にお申し込みください!

お申込みはこちら

また弊社トップゲートでは、Google Cloudの基礎から専門分野まで、幅広いGCPトレーニングを提供しております。認定トレーナーによる講義だけでなく、ハンズオンやデモを通じて体系的に学習が可能です。コースも目的別に選択しやすくなっておりますので、最短ルートでスキルアップできます。ぜひ詳細ご覧ください!
トレーニングの詳細はこちら

【BigQuery関連記事】
超高速でデータ分析できる!専門知識なしで扱えるGoogle BigQueryがとにかくスゴイ!

BigQueryで考慮すべきセキュリティとその対策を一挙ご紹介!

【トップゲート主催】ゲーム業界様向けGCP活用のポイント 〜BigQuery編〜

【GCP入門編・第12回】 BigQuery を使って気軽にビッグデータの解析を行ってみよう!


メール登録者数3万件!TOPGATE MAGAZINE大好評配信中!
Google Cloud、Google Workspace(旧G Suite) 、TOPGATEの最新情報満載!

メルマガ登録はこちら

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

GCP・G Suite のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
TEL.03-5840-8815
お問合せフォーム TEL.03-5840-8815