どの業界で活用されている?Google Cloudの導入事例をご紹介!

どの業界で活用されている?Google Cloudの導入事例をご紹介!

GCP

投稿日:2020/12/18 | 最終更新日:2021/01/05

全世界で多くの企業が利用しているGoogle Cloud。圧倒的な存在感を誇るクラウドサービスですが、具体的な導入事例や活用事例をご存知でしょうか。

本記事では、Google Cloudの基礎的な内容から、Google Cloudの導入が進む社会背景、Google Cloudの強み、Google Cloudの導入事例まで、一挙にご紹介します。

Google Cloudとは?

Google Cloudは、Googleが提供するパブリッククラウドサービスです。同じ種別のサービスとしては、Microsoft提供の「Azure」やAmazon提供の「AWS」などが挙げられます。

Google Cloudは、セキュアで高い安定性を持つGoogleのITプラットフォーム環境を自社で利用することができます。ビッグデータや機械学習における活用のほか、Google Workspace(旧G Suite)との連携など、『クラウド利用を越えた先のIT戦略』をシームレスに実現することが可能です。

また、月間60億時間分の動画を再生するYouTubeや、10億人のユーザーが利用しているGmailと同じインフラをベースとしているため、高速で安定したパフォーマンスとスケールを実現します。さらに、第三者認証取得のハイレベルなセキュリティを備えているため、安心して実業務に利用することができます。

加えて、データ解析ツールである「BigQuery」やストレージサービスである「Google Cloud Storage」などがGoogle Cloudに内包されているため、一部のエキスパートだけでなく、組織全体でデータを活用し、経営戦略の策定や業務改善に繋げていくことが可能です。

Google Cloudの導入が進む背景

セキュリティに対する考え方の変化

Google CloudのようなIaaS型のクラウドサービスは、2000年代後半ごろから世に広まりました。それまでは、「自社データの社外保管はリスク」という考え方が一般的であり、多くの企業が自社のデータセンターを利用して、オンプレミスで運用していました。

しかし、最近ではセキュリティに対する捉え方が変化しており、むしろデータを社外に置いておく方が安全だと考えられています。オンプレミス運用の場合、災害やサイバー攻撃などに備えて、自社ですべてを対策する必要があります。一方、クラウドであれば、堅牢なセキュリティ環境下で自社のデータを安全に扱うことができます。

このようなセキュリティ意識の変化によって、クラウドサービスは急速に普及しました。IaaS型のクラウドサービスの中でも、Google Cloudはセキュリティレベルが高く、世界中で多くの企業に採用されている大きな理由となっています。

オンプレミスとクラウドの違いについて詳しく知りたい方は以下の記事がオススメです。

オンプレミスとクラウドの違いとは?メリット&デメリット、移行の注意点も解説

IaaSについて詳しく知りたい方におすすめの記事は以下になります。

図解でわかる!SaaS、PaaS、IaaSの違いとクラウドサービスとの関係性について

コストに対するクラウドの優位性

セキュリティ意識の変化に加えて、クラウドのコストメリットに対する理解が進んだ点もGoogle Cloud普及の追い風となりました。オンプレミス運用のためにサーバーを自社導入する場合、多くの初期投資が必要になります。一方で、Google Cloudを利用する場合は初期費用は発生せず、費用を抑えながら運用をスタートすることができます。

また、オンプレミス運用は自社ですべてを管理する必要があるため、社内の管理者がバックアップ対策やセキュリティ対策などを講じなければいけません。さらに、数年後にはサーバーへの再投資が必要になります。

Google Cloudはこのような費用がすべてサービスに含まれており、「TCO観点ではクラウドに優位性がある」という認識が広がった点も、Google Cloudが普及した大きな背景になっています。

Google Cloudの強み

IaaS型のクラウドサービスが数多く存在する中で、たくさんの企業がGoogle Cloudを選ぶのには理由があります。以下に記載した5つのポイントがGoogle Cloudならではの強みです。

  • Googleの成長性
  • コスト管理がしやすい
  • セキュリティレベルが高い
  • データ処理速度が早い
  • トレーニングが充実している

Googleという会社自体の成長に比例して、Google Cloudもつねに進化を続けるサービスです。また、利用料金をコントロールしやすい親切なサービス設計により、コスト管理も容易になっています。さらにGoogleの独自技術による堅牢なセキュリティや、強固なインフラによる高速データ処理もGoogle Cloudの魅力のひとつです。

加えて、Google Cloudはトレーニングメニューが充実しており、サービス導入後も安心して運用することができます。Google Cloudのパートナー企業が各社でトレーニングを展開しており、自社のニーズに合わせて、多種多様なメニューから最適なトレーニングを選択することができます。

弊社トップゲートもGoogle Cloudのトレーニングを提供しています。詳細はGoogle Cloud Platform 認定トレーニングをご参照ください。

Google Cloudの強みは他記事でも紹介していますので、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

クラウド市場が急成長中?数あるサービスの中でGCPが人気の理由5選!

Google Cloudの導入事例

株式会社テレビ朝日様(webメディアサイトプラットフォームのクラウド移行)

テレビ朝日様が運営していたWebメディアサイトのプラットフォームをGoogle Cloudに移行して、大幅なコスト削減を実現した事例です。

Google Cloud導入前は手動でスケールを実行しており、イベントを開催するときには深夜でも早朝でも必ずエンジニアが立ち会って状況をモニタリングし、ボトルネックを解決しなくてはいけませんでした。

また、アクセス数に応じたスケールアウト/インの判断が難しいという問題がありました。外部サイトに配信するタイプのメディアだったため、外部サイトのカテゴリトップで掲載されるとアクセス数が急増します。掲載のタイミングは自社でコントロールできないため、状況に合わせた柔軟なスケールが課題でした。

そこで、Google Cloudの「GAE(Google App Engine)/Go」と「TypeScript/AngularJS」を採用し、GAEで実現できない部分は「GCE(Google Compute Engine)」や「FE (App Engine Flexible Environment)」を使用して、大幅なコスト削減を実現しました。

手動でスケールしていた時期は対応が遅れていた部分が、GAE/GOであれば、ミリセカンド単位でオートスケールができ、スケールイン/アウトが自動かつ迅速にできるようになったことで、短期間での急激なアクセス数の増減にも対応できるようになりました。

結果、最大で20分の1程度にまでコストを削減することができ、エンジニアがイベントに立ち会ってスケールする作業も不要になりました。

日本生命保険相互会社様(Googleマップを活用したマップツール開発)

日本生命保険相互会社様は、2017年5月にエリア別の販売戦略策定をサポートするマップツールの運用を開始しました。同社の販売戦略の鍵となるのが、「来店用の店舗」と「営業職員の職場となる営業所」の新規出店や統廃合であり、実情に即した戦略策定が課題でした。

そこで、自社・競合他社の営業所情報、人口統計情報、競合他社の採用数・契約数情報、自社で保有している情報などをGoogleマップ上に表示し、任意のエリアや営業拠点における外部環境の分析を行なうためのマップツールの導入を決めました。マップツールを活用することで、本部だけでなく現場も販売戦略を策定できるように環境を整えることが目的でした。

地図サービスとして認知度が高く、直感的に使えるGoogleマップが決め手となり、マップツール開発にGoogle Cloudを採用することが決定しました。実際のシステムは、Googleマップを制御するプラットフォームとして「Google Maps API」と「Google App Engine」を利用し、認証関連機能として「Google Workspace(旧G Suite)」を利用して構築しました。

システム運用の開始後、期待以上の効果が出ました。これまでは、現場から要望がなければデータを見ることはありませんでしたが、マップツールの導入によりデータをわかりやすく見ることができるようになったため、本部も現場も気付かなかった発見が増えました。また、競合他社に負けている理由もツールで明確に可視化することができました。

このように、Google Cloudで自社データを最大限に活用し、ビジネスの次の一手を見出すことができた事例となっています。経営層もマップツールを高く評価しており、今では経営判断を足元で支える重要な役割を担っています。

株式会社マイナビ様(メディアインフラ環境のリプレイス)

マイナビ様は大学生を対象にしたキャリア支援メディア『MY FUTURE CAMPUS(以下、MFC)』のインフラをGoogle Cloudに移行しました。MFCは、主に大学1〜2年生を対象とした「自分自身のキャリアを考える」ためのプラットフォームで、MFC編集部の独自企画や企業とのコラボイベント、コンテスト、コラムなどを提供しています。

MFCを運用するインフラは、当初は静的なHTMLでエントリーデータを収集するためのインタフェースを作成し、収集した情報をSaaSのCRMで管理する仕組みを構築していました。しかし、汎用性に問題があり、変化に迅速かつ柔軟に対応することができないという課題が顕在化したため、MFCのインフラをGoogle Cloudにリプレイスすることを決定しました。

同社はいくつかのクラウドサービスを比較検討する中で、可用性や耐障害性、拡張性、利便性の向上という観点でGoogle Cloudの採用を決定しました。将来的にデータ解析で「BigQuery」や「Googleアナリティクス360」を使いたかった点もGoogle Cloudを選定した理由のひとつとなっています。

実際の運用では、Google Cloudの「App Engine」、「Cloud Functions」、「Cloud Pub/Sub」、「Cloud Storage」などを活用しています。MFCのインフラをGoogle Cloudに移行したことで、可用性や耐障害性、拡張性を向上させるという、当初の目的は達成されました。

また利便性においては、「App Engine」が「Blue-Green」のデプロイを容易に実行できるため、新しいサービスを迅速に提供できるようになりました。さらに「Cloud Storage」の活用で大容量ファイルのアップロードが高速になったことで安定性も増加し、会員が容易にコンテストの提出物を管理できるようになりました。

このように自社だけでは困難であったリプレイス作業を、Google Cloudの製品力とパートナー企業の提案力で効率よく実現することができた事例となっています。

株式会社ファーストリテイリング様(Google Cloudによる顧客ニーズ可視化と需要予測)

株式会社ファーストリテイリング様は、Google Cloudが東京に開設する研究開発施設「Advanced Solutions Lab」(ASL)と国内初のパートナーシップを締結しており、顧客の声や行動情報、外部情報、売り上げ実績などのビッグデータをGoogle Cloudのエンジニアチームとともに分析し、商品力の強化に繋げています。

例えば、同社が展開する「ユニクロ」では、Google Cloudを活用することで商品のトレンドや需要を予測し、顧客ニーズを捉えた商品づくりに役立てています。また、Google Cloudの活用は顧客ニーズだけに留まらず、需要予測をすることで在庫管理の最適化を図り、コスト削減を実現しています。

さらに、同社はGoogleの企業向けグループウェア「Google Workspace(旧G Suite)」を活用した働き方改革も進めており、店舗や本部、生産・物流拠点を問わず、全社員で情報共有しやすい環境を整え、顧客ニーズを商品に反映するための経営戦略をGoogleのインフラをベースとして検討しています。

まとめ

本記事では、Google Cloudの概要と強み、業界別の導入事例をご紹介しました。ニーズが多様化している現代において、柔軟性に優れており、かつコスト削減に直結するクラウドの存在は必要不可欠です。

そして、クラウドを導入するのであれば、Googleのインフラを自在に扱うことができるGoogle Cloudがオススメです。サービス自体の成長性に加えて、コスト管理の容易さや強固なセキュリティなど、利用者のメリットが数多く存在します。

Google Cloudはさまざまな業種で導入されており、コスト削減、新規ビジネス創出、環境リプレイスなど、企業の経営戦略の根幹に関わる部分を強くサポートします。本記事を参考にして、ぜひGoogle Cloudの導入を検討してみてはいかがでしょうか。



弊社トップゲートでは、 Google Cloud 、または Google Workspace(旧 G Suite) 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。導入前に懸念点を解決したい方、そもそも導入した方がいいのかをお聞きしたい方はお気軽にお申し込みください!

お申込みはこちら

また、弊社トップゲートでは、Google 技術を利用したアプリケーション開発に関するコンサルティングサービスを行っております。まだ形になっていないアイディアも実現できるような形へ具現化するお手伝いもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。ぜひ詳細はリンク先にて!
コンサルティングの詳細はこちら

メール登録者数3万件!TOPGATE MAGAZINE大好評配信中!
Google Cloud、Google Workspace(旧G Suite) 、TOPGATEの最新情報満載!

メルマガ登録はこちら

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

GCP・Google Workspace のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
TEL.03-5840-8815
お問合せフォーム TEL.03-5840-8815