アプリケーションでSNSログイン認証(ソーシャルログイン)を導入する方法を一挙公開

アプリケーションでSNSログイン認証(ソーシャルログイン)を導入する方法を一挙公開

GCP

投稿日:2020/10/21 | 最終更新日:2020/11/06

最近は、ログイン時にSNS認証機能を活用するアプリケーションが増えてきました。SNSログイン認証によって、アプリケーションを利用するための会員登録が不要となるため、ユーザーにとっても嬉しい機能です。

しかし、いざアプリケーションでSNSログイン認証を実装するときに、「どんなSNSに対応すればいいの?」「どのようにSNSログイン認証機能を組み込めるの?」と悩む方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、SNSログイン認証とアプリケーションに組み込む方法を解説していきます。

SNSログイン認証(ソーシャルログイン)できる意義

SNSログイン認証は「ソーシャルログイン」とも呼ばれ、SNSアカウントを使ってWebサイトやサービスにログインできる機能です。楽天やAmazonのECサイトを利用する場合、サイトを利用するために会員登録が必要です。様々なサイトやサービスに登録をしていると、どのIDとパスワードを設定したか忘れてしまうこともあるでしょう。

一方でSNSログイン認証を活用すれば、会員登録が不要なため新しくIDとパスワードを発行する必要がありません。アプリケーションにとっても会員登録の機能が不要となるため、ユーザーだけでなくお互いにとってメリットがあるのです。

SNSログイン認証(ソーシャルログイン)で連携できるサービスは何がある?

SNSログイン認証ができるサービスは、「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」「Yahoo!」「Github」「Google」などがあります。SNSログイン認証で選べるサービスは複数選択できるため、作成しているアプリケーションのターゲット層に向けた選定が必要だと言えるでしょう。

ログインの際にどのSNSでログインできるようにするのがいいの?

以上でも説明したように、作成しているサービスの目的によって選定するSNSは変わってきます。

例えば、実名に近い情報を公開するサービスでは「Facebook」、拡散してトレンド入りさせたいサービスであれば「Twitter」などです。また、SNSのなかでサービス利用者が最も多い「LINE」や、無料でアカウントが作れる「Google」や「Yahoo!」も需要が高いでしょう。

どうすればSNSログイン認証(ソーシャルログイン)を組み込みできるの?

SNSログイン認証を組み込むためには、大きく3種類の方法があります。

1つ目は、各SNSプロバイダに合わせて、個別にスクラッチで開発を行う方法です。プログラミング言語に合わせて結構なコード量を記載しなければならないため、プログラミングを理解している人でないと組み込むのは難しいといえます。

2つ目は、アプリケーション サービス プロバイダ(ASP)サービスを利用する方法です。ASPとは、アプリケーションソフト等のサービスをネットワーク経由で提供するプロバイダのことです。ASPサービスの一つに「ソーシャルPLUS」があり、有料でSNSログイン機能を導入することができます。

3つ目は、スクラッチで開発するのではなく、クラウド上で提供されている環境を利用して組み込む方法です。最近、人気を集めているのが「Firebase」と呼ばれるもので、APIを取得すれば簡単にSNSログイン認証を組み込めます。

SNSログイン認証(ソーシャルログイン)ならFirebaseがおすすめ

Firebaseは、Googleが提供しているモバイルアプリやWebアプリケーションのバックエンド機能を持つクラウド型のプラットフォームです。このようなサービスは、mobile Backend as a Service(mBaas)と呼ばれています。

Firebaseを活用することで、バックエンドの設計が不要となるためフロントエンドの開発に集中できるのが特徴です。

Firebaseに関して詳しく知りたい方におすすめの記事は以下です。
【第1回】 Google の mBaaS 「 Firebase 」とは?【はじめてみよう Firebase】

Firebaseの特徴

データ同期のタイミングがリアルタイム

Firebaseの特徴といえば、データ同期のタイミングがリアルタイムであることです。データベースをサーバーに構築している場合、データの取得や更新時には直接サーバーを見にいかなければなりません。サーバーにアクセスするには、ネットワークを経由しなければならないため、処理が混雑していたりネットワークが不安定なときは応答に時間がかかります。

しかし、Firebaseで作られたアプリケーションは、ローカル上にもデータベースを保持しており、常にサーバーのデータベースと同期しています。つまり、ローカルのデータベースを参照するため、ネットワークに影響されることなくデータを扱えるのです。

仮に、オフライン状態でデータ更新をした場合でも、オンラインになった瞬間にサーバーと同期されるため心配ありません。

サーバー周りの設定が不要

Firebaseは、バックエンド周りの機能をプラットフォームとして提供するため、サーバーの設計や構築が不要です。アプリケーションといえば、サーバーが不可欠です。しかし、サーバーの調達から設定、バックエンドの開発をするのには時間がかかります。

そこでFirebaseを使えば、面倒なサーバー周りの設定が不要なのはもちろん、データの取り扱いや別サービスとの連携といったバックエンドの処理も不要になるのです。また、サーバーの管理や保守が不要になるため、人件費やサービス利用料の節約効果にもつながります。

機能が豊富

Firebaseで提供されている機能は豊富で、開発に必要なものは一通り提供されています。例えば、アクセス解析機能、メッセージの送受信機能、認証機能などです。

独自のビジネスロジックは組み込めないものの、既に用意されている機能で十分だと言えるでしょう。

多くのプログラミング言語に対応

エンジニアにとって、使用するプログラミング言語は重要です。どの言語でも考え方は変わらないもの、文法や書き方が変わるため、できるなら普段から使い慣れているプログラミング言語を使いたいものです。

Firebaseでは、Swift、Objective-C、Java、JavaScript、C++、Unityといった有名な言語で開発可能です。自分に合った言語を使って進めていきましょう。

FirebaseでSNSログイン認証(ソーシャルログイン)を作る方法

Firebaseの概要と特徴を以上でご紹介しました。Firebaseを使用することで、バックエンドの設計や作り込みが不要になるため、フロントエンドの開発に集中できるのがわかったと思います。しかも、Firebaseの提供する機能は幅広いです。

ここでは、幅広い機能の一つである、SNSログイン認証の機能を適用するやり方についてご紹介します。

①Firebaseコンソールを開く

公式サイト(https://firebase.google.com/)より、コンソールへ移動しましょう。

②新規プロジェクト追加

SNSログイン認証のやり方

コンソール画面の「プロジェクトを作成」より新規プロジェクトを作成する。

SNSログイン認証のやり方

任意のプロジェクト名を入力する。

SNSログイン認証のやり方

入力が完了したら「続行」を押す。

SNSログイン認証のやり方

「続行」を押す。

SNSログイン認証のやり方

SNSログイン認証のやり方

すでに、Googleアナリティクスを設定している場合は、そちらを選択。まだ設定していない場合は、プルダウンの中から、「新しいアカウントを作成」を選択して、設定。

SNSログイン認証のやり方

プロビジョニングが開始される。

SNSログイン認証のやり方

「続行」を押す。

SNSログイン認証のやり方

作成後、上記の画面が表示されれば作成成功です。

③認証するSNSの有効化

SNSログイン認証のやり方

サイドバーより、開発>Authentication>Sign-in-methodを開き、有効にしたいSNSの設定を加える。

SNSログイン認証のやり方

例えばTwitterの場合は、ログインプロバイダのTwitterをクリックし、「有効にする」をチェックします。その後、APIキーとAPIシークレットキーを入力し、コールバックURLの設定をすれば完了です。

APIキーとAPIシークレットキーは、TwitterAPIの利用申請をしなければなりません。また、TwitterAPIにCallback URLを設定する項目があります。こちらにFirebaseのTwitter認証有効化で「設定を完了するには、このコールバック URL を Twitter アプリの設定に追加します。」で与えられたURLを設定します。

④アプリケーションの作成

SNSログイン認証のやり方

赤い四角で囲んだボタンの内、アプリケーションを作成したいものを選択します。左から、iOSアプリ、Androidアプリ、Webアプリ、Unityアプリです。

以上が、SNSログイン認証の設定からアプリケーション作成までの手順です。

まとめ

今回は、SNSログイン認証とアプリケーションに組み込む方法について解説しました。

SNSログイン認証は、WebサイトやアプリケーションのログインがSNSアカウントでできるものです。IDとパスワードの管理が減るため、ユーザーにとっても嬉しい機能です。組み込むには数種類の方法がありますが、その中でもバックエンドの開発が不要になる「Firebase」の利用がおすすめです。

スクラッチで開発するよりもコード量が少なく、利用するSNSのAPIを取得できれば簡単に組み込めます。

今回の手順を参考に、Firebaseを使ってアプリケーションのSNSログイン認証を試してみてはいかがでしょうか?

弊社トップゲートでは、Google 技術を利用したアプリケーション開発に関するコンサルティングサービスを行っております。まだ形になっていないアイディアも実現できるような形へ具現化するお手伝いもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。ぜひ詳細はリンク先にて!
コンサルティングの詳細はこちら

また、弊社トップゲートでは、 Google Cloud 、または Google Workspace(旧G Suite) 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。導入前に懸念点を解決したい方、そもそも導入した方がいいのかをお聞きしたい方はお気軽にお申し込みください!

お申込みはこちら

Firebaseに関するおすすめ記事

最後までご覧いただきありがとうございます。トップゲート編集部がこの記事を読んだ方におすすめしたいFirebase関連の記事を厳選します。Firebaseの基本操作、Firebase アナリティクス、アプリケーション関する記事をピックアップしました。

ご興味ある記事をぜひご覧ください!

Firebase アナリティクス技術調査レポート

【第2回】 Firebase の基本操作を理解しよう!【はじめてみよう Firebase】

【第3回】サンプルアプリケーションを動かそう!【はじめてみよう Firebase】

【第4回】 Firebase Hosting でスタティックな Web ページをデプロイしよう!【はじめてみよう Firebase】



弊社トップゲートでは、TOPGATE Broadcaster と称してウェビナーを定期開催しております。

  • クラウドに関すること
  • Google Cloudの最新情報やお役立ち情報
  • テレワークについて

など、 仕事で差がつく情報を忙しいビジネスパーソンのために短時間でコンパクトにお届けしております。

参加者さまからの「わかりやすかった」「勉強になった」など好評いただいております。取っ付きにくい内容も講師がわかりやすく解説しておりますので、お気軽にご参加ください。

TOPGATE Broadcasterの情報はこちら



メール登録者数3万件!大人気TOPGATE MAGAZINEにご登録いただけますと、TOPGATE Broadcaster の情報があなたのメールボックスに届きます。
他にも、Google Cloud、Google Workspace(旧G Suite) 、TOPGATEの最新情報満載!

メルマガ登録はこちら

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

GCP・G Suite のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
TEL.03-5840-8815
お問合せフォーム TEL.03-5840-8815