「 SoE 」「 SoR 」「 SoI 」とは何か?それぞれの概要や関係性をわかりやすく解説!

「 SoE 」「 SoR 」「 SoI 」とは何か?それぞれの概要や関係性をわかりやすく解説!

ビジネス

投稿日:2022/01/26 | 最終更新日:2022/02/01

「 SoE 」「 SoR 」「 SoI 」という言葉をご存知でしょうか?どれも IT システムを意味する言葉であり、それぞれ異なる特徴を持っています。言葉自体は聞いたことがあっても、意味を正しく理解している方は少ないのではないでしょうか?

そこで本記事では、 SoE 、 SoR 、 SoI の概要とともに、それぞれの関係性をわかりやすく解説します。昨今、これらの IT システムの重要性は高まっているため、ぜひ最後までご覧ください。

SoE とは?

SoE は「 System of Engagement 」の略であり、顧客との繋がりを意識した IT システムを意味する言葉です。2011年、米国のマーケティングコンサルタントであるジェフリー・ムーア氏が SoE の考え方を提唱したことで、世間に広まったと言われています。

従来の IT システムは企業における業務要件を満たすことが主な目的であり、顧客を意識したシステム設計は存在しませんでした。しかし、近年の IT の進歩に伴い、顧客ニーズが急激に変化したため、企業は顧客視点に立った経営を求められるようになりました。

このような背景の中で、激化する市場競争を生き抜くためには、システムそのものを顧客視点で設計する必要があります。そこで登場したのが SoE という概念であり、顧客視点での全体最適を実現するためのシステムとして注目を集めています。

SoR とは?

SoE と似た言葉に SoR というものがあります。これは「 System of Records 」の略であり、記録を行うための IT システムを意味する言葉です。 SoR は SoE が生まれる以前から存在していた考え方であり、従来型の IT システムの多くは SoR に分類されます。

例えば、 ERP 等の基幹系システムのほか、電子メールやファイル共有においても SoR が使用されています。 SoR は正確性や安定性を重視した IT システムであるため、データ構造が設計段階から大きく変化することはなく、あくまで静的なシステムとして存在しています。

このように、 SoE と SoR は似ている言葉ですが、明確に異なるものだとご理解ください。両者は IT システムとしての目的が根本的に違いますし、それ故に提供している機能も大きく異なります。

SoI とは?

SoE と SoR に加えて SoI という言葉も存在します。これは「 System of Insight 」の略であり、インサイトを理解するための IT システムを意味する言葉です。インサイトはマーケティング用語の一つであり、データ分析によって得られる洞察を意味しています。

例えば、 EC サイトにおける顧客の行動履歴データを解析することで、購買に至るまでの障壁になっている要因を探り出すような活用法が挙げられます。このように、自社の利益を最大化するために様々なデータを分析し、戦略策定に向けた仮説や洞察を導くことが SoI の主な目的です。

昨今、顧客ニーズは高度化かつ多様化しており、企業が保有するデータ量は年々増加しています。そのため、経営戦略の方向性を決めるための SoI の重要性も高まっていると言えます。

「 SoE 」「 SoR 」「 SoI 」の関係性

SoE と SoR は相互補完の関係にあるシステム

SoE と SoR は、それぞれ異なる機能を持つ IT システムですが、完全に無関係というわけではありません。むしろ、両者は相互補完の関係にあり、お互いにサポートし合っていると考えるのが正しい解釈です。

顧客との繋がりを重視する SoE に対して、 SoR はあくまで記録を行うための IT システムですが、実はデータの記録は顧客視点の実現と密接に関係しています。なぜなら、顧客視点を正しく捉えるためには、様々なデータを駆使して、根拠のある推論を行う必要があるためです。

つまり、顧客との関係構築を行うための SoE は、データを正しく記録する SoR がなければ十分に機能することはありません。基幹システムやデータベースなどに代表される SoR が存在して初めて、 SoE が真の価値を発揮できるというわけです。

時折、 SoE は SoR の上位概念(新しいシステム)だと解釈している方もいますが、それは大きな間違いです。両者はそれぞれ独立した概念であり、相互補完的な関係にあることを覚えておきましょう。

SoI は SoE と SoR を組み合わせたシステム

SoI を一言で表現すると、 SoE と SoR を組み合わせた IT システムだと言えるでしょう。インサイトを正しく理解するためには SoE のように顧客視点で物事を捉える必要がありますし、有益な洞察を得るためには SoR のような正確なデータ蓄積が必要になります。

例えば、 SoI の活用シーンとして、自社が保有する顧客の趣味趣向データをもとに顧客へレコメンドを行うケースを考えてみましょう。レコメンドは過去の購買履歴や検索履歴などに応じて、顧客ごとにオススメの商品を表示します。この場合、顧客の趣味趣向データを蓄積するのは SoR ですが、顧客視点で関心のある商品を表示してくれるレコメンド機能は SoE の領域になります。

このように、 SoI は SoE と SoR を組み合わせた IT システムであり、顧客志向のビジネスを実現するためには欠かせない存在となっています。顧客ニーズの多様化が加速している現代において、今後は SoI の導入有無が企業の明暗を分けるといっても過言ではないでしょう。

レコメンド機能の実装について理解を深めたい方は以下の記事がオススメです。

Google Cloud (GCP)でAI・機械学習を活用してレコメンドエンジンを作ってみよう

SoI の必要性

顧客ニーズの変化

昨今、 IT の急速な進化に伴い、顧客の購買行動やニーズは大きく変化しているため、顧客視点で物事を捉えるための SoI の必要性が高まっています。

また、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で顧客の店舗離れが進んでおり、 EC サイト経由での購買機会が増加しています。つまり、デジタルにおける顧客動線が活発化しており、これらを分析することで有益なデータを得られるというわけです。

さらに、企業が保有するデータ量は年々増加しており、データ活用の重要性は益々高まっています。だからこそ、様々なデータを正しく蓄積し、それらを分析するための SoI は欠かせない存在であると言えるでしょう。

DX の実現

近年、あらゆる産業において新規参入者が現れており、次々と新たなサービスやビジネスモデルが生まれる時代です。従来のスタイルを続けているだけでは多様化するビジネスに対応できないため、自社の課題を分析・改善し、より高い次元にステップアップする必要があります。

そのためには、経営そのものを変革する DX の推進が不可欠であり、実際に多くの企業が DX に向けた取り組みを開始しています。 DX を推進するためにはデータにもとづいた意思決定を行う必要があり、その観点からも SoI は重要な意味を持つと言えます。

DX に関心がある方には、以下の記事がオススメです。
デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?概要と5つの事例をご紹介!

【知らないとマズイ】2025年の崖とは?DXの推進にはクラウド化が必要不可欠!

失敗しない SoI の選び方

企業にとって SoI が重要である旨をご説明しましたが、市場には様々な SoI サービスが存在します。そして、サービスごとに特徴が異なるため、自社の状況に合わせた最適な製品を選ぶことが大切です。

本章では、 SoI を選ぶ際に意識すべき重要なポイントをご説明します。これらを意識することで、 SoI のサービス選定に失敗することはなくなるので、ぜひ参考にしてください。

提供形態

はじめに注意しておきたいのは、サービスの提供形態であり、大きく分けるとオンプレミスとクラウドの2種類になります。初期コストを抑えながらスムーズに SoI を導入したいのであれば、クラウド型のサービスがオススメです。オンプレミスは高額な初期費用が必要になり、使用開始までのリードタイムも長いため、導入のハードルはやや高いと言えます。

オンプレミスとクラウドの違いは以下の記事が参考になります。
オンプレミスとクラウドの違いとは?メリット&デメリット、移行の注意点も解説

サービスの将来性

SoI を選定する際、サービスの将来性は重要なポイントです。仮に使っているサービスが提供終了した場合、せっかく蓄積したデータが無駄になってしまいます。その観点では、信頼できるベンダーが提供しているサービスを選ぶと良いでしょう。有名企業のサービスであれば、突然サービス終了するリスクは低くなります。

セキュリティレベル

SoI には自社の貴重なデータを蓄積するため、セキュリティレベルが高いサービスを選択することは必須条件です。仮に情報漏洩などが発生した場合、経済的な損失や社会的信用の失墜など、取り返しのつかない事態に発展するリスクがあります。そのため、極力セキュリティレベルが高いサービスを選定してください。

データの処理速度

SoI で効率的にデータ分析を行うためには、データの処理速度が重要なポイントになります。膨大なデータを迅速かつ正確に分析できれば、その分だけ意思決定のスピードも上がります。早期にアクションを開始することで、他社に対して差をつけることが可能なため、データの処理速度が速いサービスを選びましょう。

サービスの使いやすさ

どれだけ高性能なサービスであったとしても、使いにくいサービスであれば導入しても意味が薄れてしまいます。そのため、専門知識が必要なく、誰でも簡単に使えるサービスを選択してください。使いやすいサービスであれば社内利用も活性化するため、ツールの導入効果を最大化できます。

SoI 導入は Google Cloud (GCP)がオススメ

ここまで、 SoI の選び方をご説明しましたが、検討するのであれば Google Cloud (GCP)がオススメです。 Google Cloud (GCP)は Google が提供するパブリッククラウドサービスであり、前章でご紹介した要素をすべて高いレベルで満たしています。

本章では、 SoI 導入に Google Cloud (GCP)がオススメな理由をご説明します。

クラウド型で提供されている

Google Cloud (GCP)は100%クラウドで提供されているサービスです。そのため、初期費用は必要なく、サービスを契約してすぐに使い始めることができます。さらに、オンプレミスのシステムとは異なり、 Google Cloud (GCP)は自由にスケーリング(リソースを増減すること)が可能なため、柔軟なサービス運用を実現することができます。

Google の将来性

世界の最先端を走る Google のテクノロジーは日々進化しています。 Google Cloud (GCP)は Google が提供しているクラウドサービスのため、 Google の進化とともにサービス自体も成長し続けますし、いきなり提供終了するリスクは低いと想定されます。

新機能の追加やユーザビリティの向上が短いスパンで実施されるため、企業は常に最新のテクノロジーを自社の経営に活かすことができます。このように Google のインフラを自由に使い倒せる点は、 Google Cloud (GCP)が人気を集める大きな理由のひとつと言えます。

セキュリティレベルが高い

Google Cloud (GCP)は第三者認証取得のハイレベルなセキュリティを備えています。「 SSAE16 / ISAE 3402 Type II:SOC 2/SOC 3」「 ISO 27001・FISMA Moderate 」「 PCI DSS v3.0」など、多くの年次監査を受けているため、実業務でも安心して利用できます。

データの処理速度が速い

Google のサービスは、データ処理速度が速いことで有名です。例えば、 Google Cloud (GCP)に搭載されている「 BigQuery 」というビッグデータ解析サービスでは、通常は長い時間かかるクエリを、数 TB (テラバイト)、数 PB(ペタバイト)のデータに対して、数秒もしくは数十秒で終わらせることができます。データ処理速度は、業務の生産性に直結する大切なポイントであり、この点が Google Cloud (GCP)が選ばれる理由のひとつになっています。

BigQuery に関しては、以下の記事が参考になります。
超高速でデータ分析できる!専門知識なしで扱えるGoogle BigQueryがとにかくスゴイ!

直感的に利用できる

Google Cloud (GCP)はユーザーが簡単に利用できるように直感的なユーザーインタフェースを採用しています。そのため、サービスを利用する上で専門的な知識は必要なく、誰でも容易に扱うことができます。

せっかくツールを導入しても社員が満足に扱えない場合は、その導入効果は薄れてしまいます。その意味では、最小限の工数で最大のパフォーマンスを発揮できる Google Cloud (GCP)は非常に優れたソリューションであると言えます。

まとめ

本記事では、 SoE 、 SoR 、 SoI の概要とともに、それぞれの関係性をわかりやすく解説しました。内容をご理解いただけましたでしょうか。

顧客視点を重視する SoE とデータを正確に記録する SoR は相互補完的な関係にあるシステムであり、 SoI は SoE と SoR を組み合わせたシステムだとイメージしてください。それぞれ特徴が異なるサービスであるため、状況に合わせて最適なものを選択することが大切です。

また、顧客ニーズが多様化している現代においては、顧客視点のビジネスを生み出すことが求められています。 SoI の活用により、顧客目線に立った新しい価値を提供することができますし、自社の DX を加速することが可能になります。

市場には 数多くの SoI が存在しますが、検討するのであれば Google Cloud (GCP)がオススメです。 Google Cloud (GCP)は強固なセキュリティや高速データ処理、直感的な操作性など、 SoI に求められるすべての機能を高いレベルで満たしています。

そして、 Google Cloud (GCP)を契約するのであれば、トップゲートがオススメです。トップゲート経由で契約することで

  • Google Cloud (GCP)の利用料金が3% OFF
  • クレジットカード不要で請求書払いが可能
  • 導入後サポートが充実

など、様々なメリットを享受することができます。

本記事を参考にして、ぜひ Google Cloud (GCP)の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

導入を検討する



弊社トップゲートでは、専門的な知見を活かし、

など幅広くあなたのビジネスを加速させるためにサポートをワンストップで対応することが可能です。

Google Workspace(旧G Suite)に関しても、実績に裏付けられた技術力やさまざまな導入支援実績があります。あなたの状況に最適な利用方法の提案から運用のサポートまでのあなたに寄り添ったサポートを実現します!

Google Cloud (GCP)、またはGoogle Workspace(旧G Suite)の導入をご検討をされている方はお気軽にお問い合わせください。

お問合せはこちら

メール登録者数3万件!TOPGATE MAGAZINE大好評配信中!
Google Cloud(GCP)、Google Workspace(旧G Suite) 、TOPGATEの最新情報が満載!

メルマガ登録はこちら

Tags:

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

Google Cloud・Google Workspace のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
お問合せフォーム