FirebaseアナリティクスとBigQueryの連携方法

【アプリケーションのデータ分析】FirebaseアナリティクスとBigQueryの連携方法

GCP

投稿日:2020/10/19 | 最終更新日:2020/11/05

最近注目されているmobile Backend as a Service(mBaas)の一つである「Firebase」。さまざまな機能を提供しており、その中に「Firebase アナリティクス」があります。

アナリティクスのデータは管理コンソールから参照しますが、蓄積したデータを分析したいと思うこともあるでしょう。そこで、Google Cloudのサービスの一つで高速でデータ分析を行える「BigQuery」と連携をしたり、アナリティクスのデータをGoogle スプレッドシートにCSVで出力して分析したりすることが多いです。

この記事では、Firebase アナリティクスとBigQueryの連携方法についてご紹介します。

Firebaseとは?

FirebaseはmBaasと呼ばれており、現在はGoogleが提供しているモバイルアプリやWebアプリケーションのバックエンド機能を持つクラウド型のプラットフォームです。

元々Firebaseは、2011年にFirebase社が開発をしました。その後、2014年にGoogleが買収をし、世間の認知度が急速に高まりました。Firebaseを活用することで、バックエンドの設計が不要となるためフロントエンドの開発に集中できるのが特徴です。

Firebaseではバックエンドの開発に必要な機能を一通り揃えており、その中の一つに「Firebase アナリティクス」があります。

Firebase の機能について理解を深めたい方におすすめの記事は以下です。
【第1回】 Google の mBaaS 「 Firebase 」とは?【はじめてみよう Firebase】

Firebase アナリティクスとは?

Firebase アナリティクスは、モバイルアプリに特化したGoogleアナリティクスのようなもので、利用するユーザーのアプリ使用状況や行動データを収集できます。収集できるデータは、「イベント」と「ユーザープロパティ」の2つです。

イベントとは、ユーザーの操作、システムイベント、エラーといったアプリ上での動作になります。ユーザープロパティとは、言語設定や地理的位置など、ユーザーベースのセグメントを記述するために定義する属性です。

使い方としては、モバイルアプリのみを分析したい場合はFirebase アナリティクス、Webページとモバイルアプリを分析したい場合はGoogleアナリティクスを使うと良いでしょう。

BigQueryとは?

BigQueryは、Google Cloud Platform(GCP)で提供されているビッグデータ分析サービスのことです。大量のデータを処理する場合、適切なハードウェアとインフラを構築しないと処理に時間がかかってしまいます。しかしBigQueryであれば、Googleが構築したインフラを使い大量のデータでも高速で処理できるのです。

そこで、Firebase アナリティクスとBigQueryを連携することで、大量の解析データを効率よく処理できます。

【BigQuery関連記事】
超高速でデータ分析できる!専門知識なしで扱えるGoogle BigQueryがとにかくスゴイ!

ビッグデータの保存先はGoogle Cloudで決まり! BigQueryでデータを管理・分析のすすめ

FirebaseコンソールからBigQueryへ

先述した内容から、FirebaseとBigQueryの役割はご理解いただけたかと思います。以下では、実際に連携方法について解説していきます。

①Firebaseの管理画面から「設定」→「プロジェクトの設定」を選択

Firebaseは以下のURLよりアクセスできます。
https://firebase.google.com/

FirebaseAnalyticsとBigQueryの連携方法

②「統合」→BigQueyの「リンク」を選択

FirebaseAnalyticsとBigQueryの連携方法

③「次へ」を選択

FirebaseAnalyticsとBigQueryの連携方法

④アナリティクスを有効にし、「BigQueryにリンク」を選択

FirebaseAnalyticsとBigQueryの連携方法

⑤BigQueryへのリンクが完了

FirebaseAnalyticsとBigQueryの連携方法

⑥Google Cloudのコンソールを開く

Google Cloudのコンソールへは以下のURLよりアクセスできます。
https://console.cloud.google.com/

FirebaseAnalyticsとBigQueryの連携方法

⑦BigQueryを検索し開く

FirebaseAnalyticsとBigQueryの連携方法

FirebaseAnalyticsとBigQueryの連携方法

⑧アナリティクスデータのクエリを実行

FirebaseAnalyticsとBigQueryの連携方法

⑨実行後、「結果を保存する」を押下すると、スプレッドシートやCSV出力ができる

FirebaseAnalyticsとBigQueryの連携方法

まとめ

この記事では、Firebase アナリティクスとBigQueryの連携方法について解説しました。連携することで、アナリティクスで収集した大量のデータを効率よくBigQueryで処理できます。

モバイルアプリの分析をしたいという方は、今回の記事を参考にFirebase アナリティクスとBigQueryを連携して分析してみてはいかがでしょうか?

弊社トップゲートでは、 Google Cloud (BigQuery、Firebase) 、または Google Workspace(旧G Suite) 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。導入前に懸念点を解決したい方、そもそも導入した方がいいのかをお聞きしたい方はお気軽にお申し込みください!

お申込みはこちら

また、弊社トップゲートでは、Google 技術を利用したアプリケーション開発に関するコンサルティングサービスを行っております。まだ形になっていないアイディアも実現できるような形へ具現化するお手伝いもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。ぜひ詳細はリンク先にて!
コンサルティングの詳細はこちら

Firebase、Google Cloudに関するおすすめ記事

最後までご覧いただきありがとうございます。トップゲート編集部がこの記事を読んだ方におすすめしたいFirebase関連、Google Cloud関連の記事を厳選します。Firebaseの基本操作、BigQueryでのセキュリティ対策、BigQueryでのデータ分析方法に関する記事をピックアップしました。

ご興味ある記事をぜひご覧ください!

【GCP入門編・第12回】 BigQuery を使って気軽にビッグデータの解析を行ってみよう!

BigQueryで考慮すべきセキュリティとその対策を一挙ご紹介!

【トップゲート主催】ゲーム業界様向けGCP活用のポイント 〜BigQuery編〜

【第2回】 Firebase の基本操作を理解しよう!【はじめてみよう Firebase】

【第3回】サンプルアプリケーションを動かそう!【はじめてみよう Firebase】



弊社トップゲートでは、TOPGATE Broadcaster と称してウェビナーを定期開催しております。

  • クラウドに関すること
  • Google Cloudの最新情報やお役立ち情報
  • テレワークについて

など、 仕事で差がつく情報を忙しいビジネスパーソンのために短時間でコンパクトにお届けしております。

参加者さまからの「わかりやすかった」「勉強になった」など好評いただいております。取っ付きにくい内容も講師がわかりやすく解説しておりますので、お気軽にご参加ください。

TOPGATE Broadcasterの情報はこちら



メール登録者数3万件!大人気TOPGATE MAGAZINEにご登録いただけますと、TOPGATE Broadcaster の情報があなたのメールボックスに届きます。
他にも、Google Cloud、Google Workspace(旧G Suite) 、TOPGATEの最新情報満載!

メルマガ登録はこちら

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

GCP・G Suite のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
TEL.03-5840-8815
お問合せフォーム TEL.03-5840-8815