Google Cloud (GCP)の支払い代行先変更によるメリットと発生作業を徹底解説!

Google Cloud (GCP)の支払い代行先変更によるメリットと発生作業を徹底解説!

GCP

投稿日:2022/06/11 | 最終更新日:2022/06/22

世界中で多くの企業が利用している Google Cloud (GCP)。世界的な IT 企業である Google が提供するパブリッククラウドサービスです。既に Google Cloud (GCP)を導入している、という方も多いと思います。

Google Cloud (GCP)の契約には、 Google 直接契約とパートナー契約の2種類があり、どちらを選ぶのかはユーザーの自由です。しかし、 Google と直接契約している場合でも支払い先を変更できたり、既にパートナー企業の支払い代行サービスを利用している場合でも支払い代行先を変更できることをご存知でしょうか?

Google Cloud (GCP)の支払い先変更により、企業は様々なメリットを享受できます。本記事では、 Google Cloud (GCP)の支払い代行サービスの概要や支払い代行先変更によるメリット、ユーザー側の発生作業などをわかりやすく解説します。

Google Cloud (GCP)の料金体系

はじめに、 Google Cloud (GCP)の料金体系をご説明します。

初期費用

Google Cloud (GCP)は設備が必要ないクラウドサービスのため、初期費用は一切必要ありません。一方で、自社でサーバーを構築し、オンプレミスで運用をする場合は、数百万円の初期コストが発生することも少なくありません。初期費用0円でスタートできる点は、Google Cloud (GCP)の大きなメリットだと言えるでしょう。

月額料金

Google Cloud (GCP)の月額料金は「従量課金制」となります。毎月一定額を支払うのではなく、利用した分だけ料金が発生します。そのため、余計なコストが発生する心配はなく、自社の状況に合わせてサービスを利用することができます。

ちなみに、Google Cloud (GCP)と親和性の高いグループウェアである「Google Workspace(旧G Suite)」は、プランごとに定められた定額制のサービスのため、混同しないように注意してください。

解約金

Google Cloud (GCP)は解約金が一切発生しません。例えば、携帯電話の場合は、期間に応じて解約金を支払う必要がありますが、Google Cloud (GCP)はサービスを無効にすれば、その時点で課金自体も停止されます。そのため、お試し感覚で手軽にスタートできる点も嬉しいポイントです。

支払方法

Google Cloud (GCP)の契約方法は、「 Google との直接契約」と「 Google Cloud パートナー企業との契約」の2パターンに分けられます。

Google との直接契約ではクレジットカード払いになりますが、Google Cloud パートナー企業と契約することで、請求書払いが可能になります。そのため、会社として Google Cloud (GCP)を導入するのであれば、Google Cloud パートナー企業との契約がオススメです。

なお、 Google と直接契約している場合でも「支払い代行サービス」というものを利用すれば、パートナー経由での支払いに変更することが可能です。この点は後ほど詳しくご説明します。

【関連記事】
Google Cloud (GCP)はどこで契約すれば良い?メリットが多い代理店経由がオススメ

Google Cloud (GCP)の料金について詳しく知りたい方は以下の記事がオススメです。

Google Cloud ( GCP )の料金体系を徹底解説!Google Cloud 活用に必要な準備とは?

Google Cloud (GCP)の支払い代行サービスとは?

Google Cloud (GCP)の支払い代行サービスとは、その名前の通り Google Cloud (GCP)の利用料金の支払いを他社が代行するサービスです。

Google との直接契約で Google Cloud (GCP)を導入した場合、通常は Google へ直接料金を支払いますが、支払い代行サービスを使えば、利用者と Google との間に第三者が介在し、利用者の代わりに Google へ利用料金を支払ってくれるのです。

また、支払い代行サービスは「 Google Cloud (GCP)をどの会社と契約しているか?」とは無関係なため、仮にパートナー経由で Google Cloud (GCP)を導入している場合でも、別の会社に支払い代行を依頼することができます。

Google Cloud (GCP)を取り扱っているパートナー企業では、支払い代行サービスを提供しているケースが多く存在しますが、サービス内容は会社ごとに異なります。そのため、自社に適した支払い代行サービスを選ぶことが大切です。

支払い代行サービスのメリット

支払い代行サービスを活用することで、利用企業はどのようなメリットを享受できるのでしょうか?サービス内容は会社ごとに異なりますが、一般的なメリットとして挙げられるものをいくつかご紹介します。

請求書払いができる

Google と直接契約した場合はクレジットカード払いになりますが、支払い代行サービスでは請求書払いが可能なため、クレジットカードを用意する必要がありません。そのため、煩雑な経理処理を行なうことなく、自社の支払いサイクルに組み込んで、手間なく運用することができます。

利用料金のディスカウントを受けられる

パートナー企業の中には、支払い代行サービスを使うことで Google Cloud (GCP)の利用料金を一定の割合でディスカウントしてくれる会社が存在します。経理処理を効率化できるとともに利用料金が安くなるので、とても嬉しいポイントだと言えます。

請求関連のサポートを受けられる

パートナー企業の中には、支払い代行サービスを使うことで Google Cloud (GCP)の請求に関するサポートを提供してくれる会社が存在します。仮に請求関連で不明点が出てきた場合、問い合わせる先があることは安心感に繋がります。法人として Google Cloud (GCP)を運用するのであれば、このサポートはとても大きなメリットだと言えるでしょう。

Google Cloud (GCP)を活用するならトップゲートへの支払い代行先変更がオススメな理由

topgateのGCP支払代行サービス
弊社トップゲートでも Google Cloud (GCP)の支払い代行サービスを提供しています。トップゲートへ支払い代行先を変更することで、どのようなメリットがあるのかをご説明します。

手数料0円で請求書払いが可能

トップゲートの支払い代行サービスは請求書払いが可能なため、クレジットカードは必要ありません。また、請求書の発行手数料は0円なので、安心してサービスを利用できます。

さらに、トップゲートでは請求書の統合や分割に対応しています。例えば、 Google Cloud (GCP)の複数プロジェクトの請求書を1つにまとめたり、逆にプロジェクト単位で請求書を分けることも可能です。そのため、自社の状況に合わせて、柔軟に運用できる点も大きな魅力だと言えます。

Google Cloud (GCP)の利用料金が3% OFF

トップゲートの支払い代行サービスを利用する場合、 Google Cloud の利用料金が3% OFF になります。Google Cloud でプラットフォームを構築したい会社にとっては、これは大きなメリットになります。 Google Cloud の社内利用が活性化すればするほど、利用料金は従量で上がっていくため、この「3% OFF 」が会社の財務に大きく響いてきます。

請求関連の様々なサポートを提供

トップゲートでは請求関連の様々なサポートを提供しており、

  • 請求・お支払内容に関するお問い合わせ
  • 障害時の一次対応に関するお問い合わせ
  • 少額利用のお支払いに関するお問い合わせ

などに対応しています。このように、万が一の際にサポートを受けられる点は、 Google Cloud (GCP)を法人として利用する上で大きなメリットになります。

トップゲートへの支払い代行先変更における発生作業

トップゲートに支払い代行先を変更する際、ユーザー側ではどのような作業が必要になるのでしょうか?

  • これから Google Cloud (GCP)を契約する場合
  • 既に Google Cloud (GCP)を契約している場合

の2パターンに分けてそれぞれご説明します。

これから Google Cloud (GCP)を契約する場合

所定のフォームから支払代行サービスを申し込むことで、 Google Cloud (GCP) の利用手続きをトップゲートが代行します。一度の申し込みでサービスと支払い代行の両方が完結するので、手間なく契約を進めることができます。

既に Google Cloud (GCP)を契約している場合

所定のフォームから支払いサービスを申し込んだ後、トップゲート提供の請求アカウントに現在ご利用中のプロジェクトのリンクを変更するだけで手続きが完了します。前述の通り、手数料0円かつサービス利用料金が 3% OFF になるので、 Google Cloud (GCP)をお得に使うことができます。

トップゲートの支払代行サービスの申込方法と支払方法

最後に、トップゲートの支払い代行サービスの申込方法と支払方法についてご紹介します。

申込方法

トップゲートの支払い代行サービスは、以下の3ステップで申し込みから利用開始まで進んでいきます。

  • STEP 1.Webフォームから申込
  • STEP 2.トップゲートから Google Cloud (GCP)の請求先アカウントを発行
  • STEP 3.既存または新規のプロジェクトにトップゲートの請求先アカウントを設定

支払方法

topgateのGCP支払代行サービスの支払い例
Google Cloud (GCP)の利用月翌月10日までにトップゲートからお客様へ請求書を発行します。その後、利用月の翌月末までに指定の銀行口座へお支払いいただく流れとなります。

なお、お支払時に Google Cloud (GCP)の利用料金が5,000円未満の場合は、5,000円(税別)をお支払いいただき、利用料を差し引いた残額分を翌月以降の利用料支払に割り当てます。利用料が5,000円以上の場合は、そのまま実費請求となります。

これは、 Google Cloud (GCP)が従量課金制となっており、利用量が極端に少ない場合に料金が数百円程度になることがあるため、お客様の振込手数料のご負担を軽減するための措置となっています。

他社では、低額利用時に管理費用として実費請求される場合がありますが、トップゲートでは、5,000円未満のご利用時にお支払いいただくデポジットの残額は、翌月以降のご利用料支払いに充当できるため、実質的な管理費をいただくことはありません。

請求書の発行方法

原則、請求書は PDF で発行したものをメールで送付します。紙面での請求書郵送にも対応していますが、その場合は有償オプション費用として500円が発生します。

なお、毎月の発行書類は以下の3点です。

  • PDF 請求書
  • 明細書
  • 明細 CSV ファイル

加えて、トップゲートは単一利用だけでなく、複数の Google Cloud (GCP)プロジェクトの請求書をまとめることが可能です。また、プロジェクト単位で請求書を分けることもできるため、要望に合わせて柔軟な運用を実現できます。

まとめ

本記事では、 Google Cloud (GCP)の支払い代行サービスの概要や支払い代行先変更によるメリット、ユーザー側の発生作業などをわかりやすく解説しました。

Google Cloud (GCP)の支払い代行サービスを利用することで、請求書払いへの対応や利用料金のディスカウントなど、ユーザーは様々なメリットを享受できます。多くの企業が支払い代行サービスを提供しており、会社ごとにサービス内容は異なるため、自社に合ったものを慎重に選定することが大切です。

弊社トップデートも Google Cloud (GCP)の支払い代行サービスを提供しており、トップゲートに支払い代行先変更を行うことで、

  • 手数料0円で請求書払いが可能
  • Google Cloud (GCP)の利用料金が3% OFF
  • 請求関連の様々なサポートを提供

など、数多くのメリットを享受できます。本記事を参考にして、トップゲートへの支払い代行先変更を検討してみてはいかがでしょうか?

お問い合わせする

※リンク先は、Google Cloud (GCP)の支払い代行サービスのページです。少しスクロールいただけたら、お申し込みフォームがあります。



弊社トップゲートでは、専門的な知見を活かし、

など幅広くあなたのビジネスを加速させるためにサポートをワンストップで対応することが可能です。

Google Workspace(旧G Suite)に関しても、実績に裏付けられた技術力やさまざまな導入支援実績があります。あなたの状況に最適な利用方法の提案から運用のサポートまでのあなたに寄り添ったサポートを実現します!

Google Cloud (GCP)、またはGoogle Workspace(旧G Suite)の導入をご検討をされている方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせする

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

Google Cloud・Google Workspace のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
お問合せフォーム