Google Workspace の Business プラン、 Enterprise プラン、 Essentials プランを徹底比較!

Google Workspace

投稿日:2021/03/02 | 最終更新日:2021/09/13

Google が提供するグループウェア「 Google Workspace (旧 G Suite ) 」には様々なプランが存在します。大きく分けると「 Business 」と「 Enterprise 」という2つのエディションに分類されており、さらに Enterprise エディションの中には Essentials という特異なプランが内包されています。

Google Workspace はプランごとに特徴や機能が異なるため、導入検討時は各プランの違いを正しく理解しておくことが大切です。そうすることで、自社に合った最適なプランを選択することができます。

本記事では、Google Workspace の各プランを比較し、それぞれの特徴をわかりやすくご説明します。Google Workspace を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。

Google Workspace とは?

Google Workspace は Google が提供しているグループウェアサービスです。以前は「 G Suite 」という名前で親しまれていましたが、2020年10月に「 Google Workspace」へブランド名を変更しました。

Google Workspace には G Suite以上に強力なコラボレーション機能が搭載されています。プランが一新されたことで、より多くのニーズに対応可能な料金体系になりました。

Google Workspace にはメール、スケジュール管理、ビデオ会議、オンラインストレージなど、企業に必要な機能がすべて揃っています。また、組織の生産性を高めるための業務効率化ツールが多く備わっている点も Google Workspace の大きな特徴です。

Google 自身も業務の中で Google Workspace を活用しています。Google Workspace の利用者は Google の強固なインフラと最先端のテクノロジーを自由に活用することができます。

Google Workspace の詳細については、以下の記事が参考になります。
【最新情報】G Suiteがブランド変更!Google Workspaceの料金、機能、既存契約への影響は?

Google Workspace の各プラン比較(機能・料金)

Google Workspace は「 Business 」と「 Enterprise 」という2つのエディションに分類されます。

本章では、エディションごとに各プランの機能や料金の比較を表でまとめています。

Google Workspace Business エディション

Google Workspace の Business エディションは「 Business Starter 」「 Business Standard 」「 Business Plus 」の3つのプランに分かれています。

以下、各プランの比較表です。

Google Workspace Business Starter Google Workspace Business Standard Google Workspace Business Plus
月額料金(1ユーザーあたり)
※税別
680円 1,360円 2,040円
利用可能人数 299名 299名 299名
技術サポート 24時間365日 24時間365日 24時間365日
ストレージ容量 30GB 2TB 5TB
Google Vault × ×
Google Meet(ビデオ会議)
ビデオ会議の最大参加人数 100名 150名 250名
Google Meetライブストリーミングの最大視聴人数 × × ×
Google Meet録画機能 ×
Gmail
Googleカレンダー
ドキュメント、スプレッドシート、スライド
Google Chat
AppSheet × × ×
エンドポイント管理 × ×
デバイス管理記録 × ×
データリージョン × × ×
データ損失防止(DLP) × × ×
Cloud Search ×
Gmailとサードパーティのストレージソリューション統合 × × ×
コネクテッドシート × × ×
共有ドライブ ×
データ分析レポート × × ×
高度なエンタープライズ管理とカスタマイズ × × ×

Google Workspace Enterprise エディション

Google Workspace の Enterprise エディションは「 Enterprise Essentials 」「 Enterprise Standard 」「 Enterprise Plus 」の3つのプランに分かれています。

以下、各プランの比較表です。なお、Enterprise エディションの料金は非公開となっており、詳細は Google または 正規代理店に直接問い合わせる必要があります。

Google Workspace Enterprise Essentials Google Workspace Enterprise Standard Google Workspace Enterprise Plus
月額料金 非公開 非公開 非公開
利用可能人数 無制限 無制限 無制限
技術サポート 24時間365日 24時間365日 24時間365日
ストレージ容量 1TB 5TB 5TB
Google Vault ×
Google Meet(ビデオ会議)
ビデオ会議の最大参加人数 150名 250名 250名
Google Meetライブストリーミングの最大視聴人数 1万人 10万人 10万人
Google Meet録画機能
Gmail ×
Googleカレンダー
ドキュメント、スプレッドシート、スライド
Google Chat
AppSheet × ×
エンドポイント管理 ×
デバイス管理記録
データリージョン
データ損失防止(DLP) ×
Cloud Search
Gmailとサードパーティのストレージソリューション統合 × ×
コネクテッドシート × ×
共有ドライブ
データ分析レポート × ×
高度なエンタープライズ管理とカスタマイズ ×



上表の通り、 Enterprise Essentials は Gmail を搭載しておらず、 Google Workspace の全プランの中でも特異なものとなっています。そのため、 Google Workspace を機能で分類する場合は、以下の3パターンで考えると整理しやすくなります。

  • Business エディションのプラン( Starter 、Standard 、 Plus )
  • Enterprise エディションのプラン( Standard 、 Plus )
  • Enterprise Essentials プラン

次章では、この3パターンそれぞれについて詳しくご説明します。

Google Workspace の Business プラン、 Enterprise プラン、 Essentials プランのそれぞれの特徴

Google Workspace Business エディションのプラン

Business プランの特徴は、安価に Google Workspace の各機能を利用できる点です。最もリーズナブルな Business Starter プランであれば、ユーザーあたり月額680円という低価格で導入することが可能です。

Business Starter プランでも、メール、カレンダー、オンラインストレージ、ビデオ会議など、企業にとって必要なサービスはすべて揃っており、 Google Workspace をグループウェアとして活用することで、自社の生産性向上や業務効率化を実現することができます。

また、 Cloud Search や Google Vault などの機能を使いたい場合は、上位プランを検討する必要がありますが、 Business Standard プランや Business Plus プランにアップグレードすることで、単なる機能追加だけではなく、ストレージ容量やビデオ会議の最大参加人数が大きく向上します。

例えば、オンラインストレージである Googleドライブ に関しては、 Business Standard の場合は「ユーザーあたり 2TB 」、 Business Plus では「ユーザーあたり 5TB 」の容量が割り当てられているため、重いファイルを扱う企業でも安心して利用できます。

ひとつ注意点として、 Business プランの利用可能人数は299名までと制限されています。そのため、300名以上で Google Workspace を使いたい場合は、 Business プランを選択することはできませんので、十分に注意してください。

Google Workspace Enterprise エディションのプラン

Enterprise プランの特徴は、 Google Workspace のあらゆる機能をフル活用できる点です。 Business プランでは提供されていない便利なサービスを自由自在に活用することができます。

例えば、 Google Meet (ビデオ会議)のライブストリーミングやデータ損失防止( DLP )などが挙げられます。

また、 Enterprise プランは標準で「ユーザーあたり 5TB 」のストレージ容量が備わっているため、容量不足を心配する必要はありません。多くのデータを取り扱う会社でも、安心して業務を進めることができます。

加えて、 Enterprise プランは利用可能人数に制限がありません。大企業をはじめとして、300名以上の大人数で Google Workspace をグループウェア利用したい場合は Enterprise プラン一択になります。

Google Workspace Enterprise Essentials プラン

Essentials プランの特徴は Gmail 機能が搭載されていない点です。そのため、Google Workspace をグループウェアではなく、業務効率化ツールとして利用する形になります。

Enterprise Essentials プランでは Gmail は利用できませんが、カレンダー、オンラインストレージ、ファイル作成、チャット、ビデオ会議など、業務に必要な機能はすべて揃っています。

Google ドライブ のストレージ容量は「アカウントあたり 1TB 」の大容量となっているため、重いファイルを扱う場合でも安心です。また、ビデオ会議ツールである Google Meet は最大150名が同時に接続可能であり、小規模な打ち合わせから大規模な会議まで幅広く対応でき、録画機能も搭載されています。

Essentials プランは、 Business プランでは提供されていない機能を多く使うことができ、他の Enterprise プランよりも安価に導入可能なため、メール機能が不要な企業にとっては便利なプランだと言えるでしょう。

Google Workspaceの自社に合ったプランやエディションの選び方

エディションの選び方

Google Workspace を大きく分類すると「 Business エディション」と「 Enterprise エディション」の2つに分けられます。まずはエディションをどちらにするか選択してください。

判断基準としては、「何名で Google Workspace を利用するのか」という点が重要なポイントです。前述した通り、 Business エディションは最大利用人数が299名までと制限されているため、300名以上で Google Workspace を利用する場合は、必然的に Enterprise エディションを選択する必要があります。

一方で、299名以下で十分という場合には、 Business プランを選択した方がコストを抑えられるというメリットがあります。自社の予算や利用人数に合わせて、適切なエディションを選びましょう。

プランの選び方

Google Workspace Business エディションの場合

Business エディションには「 Starter 」「 Standard 」「 Plus 」の3つのプランが存在します。

極力コストを抑えて Google Workspace を利用したい場合は Business Starter プランがオススメです。「1ユーザーあたり680円/月」という低価格で導入することができ、メール、カレンダー、オンラインストレージ、ビデオ会議など、企業にとって必要なサービスはすべて揃っています。

次に、より多くの機能を活用したい場合は Business Standard プランがオススメです。 Starter プランのストレージ容量は「30 GB /ユーザー」であるのに対して、 Standard プランは「2 TB /ユーザー」と大幅に増加します。

また、Google Meet (ビデオ会議)の録画機能が使える他、組織単位でファイルを管理できる「共有ドライブ」や Google Workspace 内の情報を横断的に検索できる「 Cloud Search 」など、便利な機能を自由自在に活用することができます。

最後に、セキュリティを極限まで高めて Google Workspace を運用したい場合は Business Plus プランがオススメです。エンドポイントレベルで利用状況を可視化できる「エンドポイント管理」や、デバイス単位で管理ログを取得できる「デバイス管理記録」など、安全な環境で Google Workspace を利用するためのセキュリティ機能が搭載されています。

自社の予算や実現したいことを明確にした上で、最適なプランを選択してください。

Google Workspace Enterprise エディションの場合

Enterprise エディションには「 Standard 」「 Plus 」「 Essentials 」の3つのプランが存在します。どのプランも利用人数は無制限となっているため、大人数でも安心して Google Workspace を活用することができます。

300名以上の利用を前提としてコストを抑えたい場合は Enterprise Standard プランがオススメです。Enterprise 自体が上位エディションであるため、 Business エディションでは提供されていない様々な機能を搭載しています。

例えば、「 Google Meet (ビデオ会議)のライブストリーミング」が利用でき、最大10万人が視聴可能になります。また、「データ損失防止( DLP )」を活用することで、情報漏洩をはじめとした致命的なセキュリティ事故を未然に防ぐことができます。

次に、 Google Workspace の全機能をフル活用したい場合は Enterprise Plus プランがオススメです。コードなしで簡単にアプリケーションを作れる「 AppSheet 」や、 BigQuery のデータをスプレッドシート上で利用できる「コネクテッドシート」など、便利な機能を自由自在に使うことが可能です。

最後に、Google Workspace をグループウェアではなく業務効率化ツールとして利用したい場合は Enterprise Essentials プランがオススメです。

Essentials プランは Gmail (メール機能)を搭載していないため、グループウェアとしての利用はできません。ビデオ会議、カレンダー、オンラインストレージなどを活用して、業務効率化を図りたい企業向けのサービスとなります。

Enterprise エディションを選ぶ際は、はじめに「用途(グループウェア or 業務効率化ツール)」を明確にした上で、自社要件と各プランの提供機能を踏まえながら検討してください。

Google Workspace 契約はトップゲートがオススメ

請求書払いが可能

トップゲートで Google Workspace を契約すると、サービス料金を請求書払いすることが可能になります。加えて、個別相談をすることでイレギュラーな支払い方法に対応できる点は、企業にとって大きなメリットです。

円建てで運用できる

トップゲートで Google Workspace を契約した場合は、支払い国や通貨を設定する必要がないため、確実に円建てで運用できます。外貨建てでの経理処理はとても煩雑になってしまうので、この点も企業にとって大きなメリットだと言えます。

管理者の負荷を軽減できる

Google と直接契約した場合は、管理コンソール上で管理者が支払方法などを設定する必要があります。作業自体が面倒なことに加えて、間違って設定してしまうと Google Workspace のアカウント自体を削除しなければいけない事態にもなりかねません。

トップゲート契約の場合は、担当営業との打ち合わせを複数回実施するため、その内容を元に各種設定を進めていくことができます。支払い方法を管理者が設定する必要もなく、担当営業がサービス開始に向けて全面的にフォローします。

導入後のサポートが充実している

トップゲートで契約すれば、無料サポートがデフォルトで付加されています。

請求、障害、基本的な使い方など、さまざまな観点から導入企業の Google Workspace 運用をサポートします。

プラン変更の相談も可能なため、自社の利用状況を踏まえて、プロの目線からアドバイスを受けることができます。Google 直接契約では担当営業は付かないため、導入後サポートはトップゲート契約の大きなメリットと言えるでしょう。

導入後のサポート範囲は Google Workspace の一般的な内容に留まります。個社ごとのカスタマイズサポートには対応不可ですので、予めご了承ください。もし運用面も含めたサポートをご希望の場合は、有料のアドオンサービスで「クラウド情シス」というものをご用意しています。

これは情シス業務のアウトソーシングであり、メールや電話でのサポートデスク対応、 IT 関連の悩み相談、 Google Workspace の管理運用代行といった範囲までサポートしています。状況にあわせて、よろしければご検討ください。

クラウド情シスに関してのお問い合わせはこちら

まとめ

本記事では、Google Workspace の各プラン比較と、それぞれの特徴をご説明しました。

Google Workspace はプランごとに様々な特徴を持っているため、まずは自社の要件を明確化し、最適なプランを選択することが大切です。自社に合ったプランを契約することで、 Google Workspace のコストパフォーマンスを最大化することができます。

そして、 Google Workspace の契約はトップゲートがオススメです。請求書払いや円建て運用はもちろんのこと、管理者負荷の軽減や導入後のフォローまで、全面的なサポートを受けることができます。

本記事を参考にして、ぜひ Google Workspace の導入を検討してみてはいかがでしょうか。



弊社トップゲートでは、 Google Cloud Platform(GCP) 、または 20ID以上のGoogle Workspace(旧G Suite) 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。導入前に懸念点を解決したい方、そもそも導入した方がいいのかをお聞きしたい方はお気軽にお申し込みください!

トップゲート経由でGCPをご契約いただけるとGCPの利用料金はずっと3%オフとお得になります!

お申込みはこちら

Google Workspaceで提供されているツールご紹介

Google Workspaceで提供しているツールは様々あります。基本的にWeb上のアプリケーションでインストールは不要です。更に、提供サービス間の連携もスムーズで、データ共有もURL一つでできるのが魅力の一つです。

ぜひこの機会に、利用したことがないツールについて理解を深めてみませんか?どれも無料で使用できますので、まだ使用されたことがない方はプライベートで使用して使いやすさを体感してみてください。

機能 該当記事
ビデオ会議ツール Google Meet(旧ハングアウト)を活用する5つのメリット!基礎的な使い方も解説
クラウドストレージ Googleサービス「G Suite」の機能Googleドライブとは?便利な活用法6選!
表計算ツール 今更聞けないGoogleスプレッドシートの6つ活用法!Excel(エクセル)でできない機能まで解説!
ドキュメントツール 今更聞けないGoogleドキュメントの活用法5選!Wordとの違いも解説
プレゼンテーション(資料作成)ツール 今更聞けないGoogleスライドの活用法6選!PowerPointとの違いも解説
アンケート機能 最強アンケート?Googleフォームの利用メリットから活用方法まで徹底解説
メモツール Google Keepで生産性が高まる!文字起こし・メモ機能の使い方を解説
情報収集ツール 新着情報を効率よくチェック! Google アラートを使って情報収集しよう!
サイト制作ツール 【簡単】Googleサイトの使い方!社内ポータルサイト作成で情報共有もスムーズに
スケジュール管理・共有ツール 【画像解説】今更聞けない!Googleカレンダーの使い方24選



弊社トップゲートでは、TOPGATE Broadcaster と称してウェビナーを定期開催しております。

  • クラウドに関すること
  • Google Cloudの最新情報やお役立ち情報
  • テレワークに関すること

など、 仕事で差がつく情報を忙しいビジネスパーソンのために短時間でコンパクトにお届けしております。

参加者さまからの「わかりやすかった」「勉強になった」など好評いただいております。取っ付きにくい内容も講師がわかりやすく解説しておりますので、お気軽にご参加ください。

TOPGATE Broadcasterの情報はこちら

メール登録者数3万件!大人気TOPGATE MAGAZINEにご登録いただけますと、TOPGATE Broadcaster の情報があなたのメールボックスに届きます。
他にも、Google Cloud Platform(GCP) 、Google Workspace(旧G Suite) 、TOPGATEの最新情報が満載!

メルマガ登録はこちら

記事を探す

GCP のメリットを最大限に活用しよう!

Google Cloud・Google Workspace のご相談・
お見積り依頼はお気軽に
お問合せフォーム